初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新穂高ロープウェイ 紅葉・ドライブコース 総合情報】飛騨牛を使ったご当地メニューに大満足!

紅葉シーズンのピークには例年、多くの観光客が空中散歩に訪れる新穂高ロープウェイ。上空から眺める紅葉はまるで絵画のような美しさです。この記事では新穂高ロープウェイの紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「新穂高ロープウェイ」紅葉狩りの見頃の時期は9月下旬〜10月下旬

新穂高ロープウェイの紅葉は9月下旬ごろ山頂から始まり、中腹、麓の温泉郷へと約1ヶ月をかけてだんだん下りていくのが特徴的。ロープウェイから眺めるシラカバ、ナナカマド、ダケカンバなどの木々が作り出す美しい景色は圧巻です。

麓から標高約2,156mの頂上までは、2つのロープウェイで移動することができ、色の変化を楽しむことができます。10月中旬をすぎた頃からは、青空に初雪を被った北アルプスと紅葉が織りなす絶景が楽しめます。

新穂高ロープウェイに紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

上空から眺める紅葉は絶景

新穂高ロープウェイに乗れば、山一面紅葉した絵画のような景色を上空から楽しむことが可能です。10月中旬をすぎると山々の頂が冠雪し始めるので、真っ青な空と白い雪、色鮮やかな紅葉の見事なコラボレーションが目の前に広がります。

ハイキングや登山にも挑戦

時間や体力に余裕があれば、ハイキングや登山に挑戦してみるのもおすすめです。新穂高では、トレッキングやウォーキングコースがたくさんあるので、自分に合ったコースを選択できます。間近で見る紅葉も風情があって感動的です。

温泉と紅葉を同時に楽しめる

新穂高ロープウェイのすぐ近くには源泉かけ流しの露天風呂もあり、温泉と紅葉が同時に楽しめます。温泉周辺では10月下旬に夜間のライトアップも行なわれるので、一味違う紅葉が楽しみたいという人にもおすすめです。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称新穂高ロープウェイ(しんほたかろーぷうぇい)
色づき初めの時期9月下旬
見頃の時期10月上旬~10月下旬
紅葉する木の種類カエデ、ブナ、シカラバ、コシアブラ、ミズナラなど
住所岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂
電話番号0578-89-2252(新穂高ロープウェイ)
営業時間8:00~16:00(季節によって変動あり)
料金往復乗車料金(新穂高ロープウエイ)大人:2,900円小人:1,450円
駐車場230台 500円~/1日

アクセス

中部縦貫自動車道「高山IC」から国道41号・158号・471号を経由し、県道475号を新穂高方面へ車で54km。カーナビに住所を入力すると正しい目的地設定ができない場合があるため、施設名称検索で「ホテル穂高」、または電話番号検索で「0578-89-2200」を入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていましたが、シーズンによってはかなり混雑するという点、ロープウェイが揺れて怖かった点などから一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。


「紅葉した山々がきれいで感動した」
「ロープウェイの窓が大きくて景色が見やすい」
「ここにしかない2階建てのロープウェイ」
「ロープウェイが結構揺れて怖かった」
「人が多くて満員電車状態だった」

おすすめグルメ・特産品情報

「レストランあるぷす」

「レストランあるぷす」は、新穂高ロープウェイ駅にあるレストラン。飛騨牛朴葉ステーキや飛騨牛カレーなど、飛騨牛を使ったご当地メニューが楽しめるほか、定番のメニューが揃っています。きれいな景色を見ながら食べるご飯は最高です。

「アルプスのパン屋さん」

「アルプスのパン屋さん」は新穂高ロープウェイのしらかば平駅のすぐそばにあるパン屋さん。クロワッサンが人気で、生地がやわらかく、バターの味がしておいしいと評判です。通常のクロワッサンと、あんこが入ったものがあります。

「赤かぶの里」

「赤かぶの里」は、奥飛騨から高山に向かう道の途中にあるお土産処。飛騨名産「赤かぶら漬」の製造販売をしていて、250種類もの種類があります。赤かぶ以外にも、奥飛騨のお土産が揃っているのでお土産購入におすすめです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す