初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スタッドレスタイヤの選び方|おすすめブランドやタイヤサイズの見方から注意点まで

スタッドレスタイヤの選び方について、ブランドごとの価格帯やタイヤサイズの見方からボディタイプ・駆動方式別の選び方などをご紹介。さらにスタッドレスタイヤで運転するときの注意点や保管方式などについても解説していきます。

スタッドレスタイヤとは?

スタッドレスタイヤとは自動車が冬季の積雪や氷結時でも走行できるように設計されたタイヤのこと。

かつて日本ではスノータイヤやスパイクタイヤが冬のタイヤとして使用されていましたが、氷上に弱いスノータイヤ、そして路面へのダメージの大きさや粉塵公害で廃止となったスパイクタイヤに代わり、スタッドレスタイヤが利用されるようになりました。

雪が降っていない乾いた道路でも走行可能?

スタッドレスタイヤは冬季専用のタイヤなので、雪が積もっていない乾いた路面での走行も可能です。
ただし、スタッドレスタイヤの使用は冬季の低温時の路面に限ります。
スタッドレスタイヤは冬季の低温下でも快適に走行できるように、柔軟な素材で作られているため、常温下では走行しにくいものだからです。

スパイクタイヤは使えない?

日本では従来から使われていたスノータイヤに代わり、かつてはスパイクタイヤが好んで使われていました。
しかし、スパイクタイヤに埋め込まれている金属の鋲(スパイク)がアスファルトを削るため、公道の補修費用がかさむばかりか、普及が進むに従い、過剰に削られたアスファルトの粉塵が道路周辺に舞い散り、粉塵公害が起こるまでになりました。
社会問題化したスパイクタイヤは、現在は一部のケースを除いて公道での走行は違法となっています。

スタッドレスタイヤの必要性

雪 タイヤ

©everystockphoto.com/ dieraecherin

冬季の低温下では通常のタイヤ(通称:夏タイヤ)は硬化して本来の性能が発揮できないばかりか、スリップしやすいツルツルした氷結路や、足を取られやすい積雪路ではほとんど無力となります。
それに対し、スタッドレスタイヤは冬の低温下でもグリップ力が発揮できる柔軟性のある材質と、深い積雪や氷上の水膜にも対応できる深い溝を持たせた構造により、冬季の危険な路面状況でも比較的安全に走行できるように作られています。
そのため、冬季のドライブにはスタッドレスタイヤを装着するよう勧められているのです。

サマータイヤについてはこちら

賢く買うために!スタッドレスタイヤの価格相場

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock / Grzejnik

スタッドレスタイヤの価格はおおむね性能相応といっていいでしょう。
性能以外でスタッドレスタイヤの価格が決まる要因として、販売数の多い普及サイズかどうかや、メーカーのブランド力、そしてタイヤのホイールサイズがあげられます。
国産のスタッドレスタイヤは日本の環境に対応する高性能のタイヤばかりですが、ブランド力の差が価格に反映されているのは否めないところです。

また、同じ車種に装着可能なタイヤであっても、「インチダウン」といってホイールサイズを小さくするとタイヤの価格は安くなります。
ただし、インチダウンすると見た目のもっさり感が気になるという方もいて、所有車種や利用スタイルによっては通常タイヤと同じホイールサイズにする方が多いようです。

そして、外国産のスタッドレスタイヤは乾燥路に強いものの、氷雪性能を国産のものほど追求していないせいか、安くなる傾向が見られます。

MOBY編集部が普通車および軽自動車用スタッドレスタイヤの価格相場を独自調査したところ、おおむね以下のようになりました。

普通車 14インチ7,000~1,2000円/本
普通車 15インチ10,000~20,000円/本
普通車 16インチ13,000~30,000円/本
普通車 17インチ15,000~40,000円/本
軽自動車 13インチ4,000~10,000円/本
軽自動車 14インチ5,000~12,000円/本

同じインチであっても軽自動車用の方が普通車用よりも安い傾向にあります。

また、普通車用にしろ軽自動車用にしろ、相場以下の4,000円~10,000円以下のスタッドレスタイヤの販売もされていますので、上表はあくまで参考値です。

ブランドの違いによる価格帯の傾向

国産のタイヤは各社とも性能向上にしのぎを削っているので、リリース時期が同じなら性能差でなく価格が購入の決め手になることもあります。
また、国産・外国産問わずスタッドレスタイヤのフルモデルチェンジの年度は違うので、厳密な比較ができませんが、おおざっぱに各ブランドごとの価格の傾向をあげると以下の通りになります。
国産メーカーはブリヂストンがダントツに高く、次いでヨコハマタイヤ、それに比べて割安なトーヨータイヤ、お手頃なグッドイヤーと続きます。
海外メーカーは大きく分けると欧州系とアジア系になります。
欧州系のミシュランは外国産としては高めとはいえ、日本の中堅メーカーと同価格帯にあり、同じ欧州系でもピレリはお手頃な価格が魅力となっています。
最近注目が集まる「アジアンタイヤ」は割安なものから激安なものまであり、性能もピンキリあるのが正直なところです。

以下、代表的なメーカーのスタッドレスタイヤの2018年1月5日現在の価格帯についてご紹介します。
ご紹介するのは15インチモデルの価格で、サイズが上がるほど値段が上がる傾向にあるので、参考にして下さい。

国内メーカーの価格帯

ブリヂストン

ブリヂストンのラインナップは、乗用車用のBLIZZAK VRX2とBLIZZAK VRX、SUV用のBLIZZAK DM-V2、ランフラットテクノロジー採用タイヤのBLIZZAK RFTです。
15インチモデルの価格帯は6,620円から22,500円です。

ヨコハマタイヤ

ヨコハマタイヤは、乗用車用のiceGUARD 5 PLUS、iceGUARD TRIPLE PLUS、iceGUARD TRIPLE Z・P・S、4WD・RV・SUV用のGEOLANDAR I/T-S、GEOLANDAR I/T G072、VAN・小型トラック用のiceGUARD iG91 for VAN、PROFORCE STUDLESS SY01V、小型トラック用のPROFORCE STUDLESS SY01V、PROFORCE STUDLESS SY01があります。
15インチタイヤの価格帯は5,400円から21,860円です。

トーヨータイヤ

トーヨータイヤのラインナップは、ハイト系のミニバンやSUV用のWinter TRANPATH TX、セダンなどの一般車用のOBSERVE GARIT GIZ、GARIT G5、SUVやCCV専用のOBSERVE GSi-5があります。
15インチタイヤの価格帯は5,000円から19,400円です。

欧州メーカーの価格帯

ミシュラン

ミシュランのラインナップは、新品時から強力なブレーキ性能を謳うX-ICE 3+、耐久性に優れたX-ICE XI3、SUV用のLATITUDE X-ICE XI2、商用のAgilis X-ICEがあります。
15インチタイヤの価格帯は8,660円から16,570円です。

ピレリ

ピレリのラインナップは、日本市場向けに開発されたICE ASIMMETRICO™、ハイエンドプレミアムモデルのWINTER SOTTOZERO™ 3、走行時の快適さを謳ったSCORPION™ ICE & SNOW、SUVやCUV用のSCORPION™ WINTER、スポーツカー向けのWINTER SOTTOZERO™ SERIE 2があります。
15インチタイヤの価格帯は5,159円から17,431円です。

グッドイヤー

グッドイヤーのラインナップは、プレミアムモデルのICE NAVI 7、安全性と経済性を両立したICE NAVI 6、SUV用のICE NAVI SUV、VAN用のICE NAVI CARGOがあります。
15インチタイヤの価格帯は4,400円から18,356円です。

アジアメーカーの価格帯

NANKAN(ナンカン)

ナンカンのラインナップは、コーナリング性能・直進安定性・快適性に優れたESSN-1、商用車用のSNC-1、SL-6、3Dサイプデザイン採用のSV-2、SV-3、静粛性に優れたSV-55があります。
15インチタイヤの価格帯は4,990円から8,990円です。

ハンコック

ハンコックのラインナップは、プレミアムモデルのWinter i*cept iZ (W606)、SUV4WD用のDynapro i*cept (RW08)、商用バン向けのWinter RW06 (RW06)があります。
15インチモデルの価格帯は5,200円から13,500円です。

NEXEN(ネクセン)

ネクセンのラインナップは、安定した直進力のWINGUARD ICE、SUV用のWINGUARD ICE SUV、WINGUARD SUV、快適性やブレーキング性能に優れたWINGUARD、氷雪上性能に優れたEURO-WIN、ドライ路面での安定性を重視したWINGUARD SPORTがあります。
15インチモデルの価格帯は6,070円から16,340円です。

ホイールセットはお買い得?

ホイールセットはタイヤ単体に比べホイール代が加味されて価格が高くなりますが、その価格に見合った価値があるといえます。
手持ちのホイールを外す手間や工賃、そしてホイール着脱時にタイヤにダメージを与えるリスクを考えると、ホイールセットを購入する方が合理的です。
純粋にタイヤの価格のみで考えず、購入後のメンテンナンスも考慮するのが賢いタイヤの買い方といえるでしょう。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す