初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

引っ張りタイヤとは?メリット・デメリットや空気圧と組み方から車検対応の可否まで

ホイールが突き出るインパクト抜群の引っ張りタイヤは、ドレスアップカスタムの定番です!当記事では、引っ張りタイヤカスタムを施すメリット・デメリット、DIYでの組み方やタイヤの適切空気圧から車検対応まで、細かく解説していきます。

ドレスアップの定番「引っ張りタイヤ」とは|デメリットはある?


© MOBY

「引っ張りタイヤ」とは、タイヤをゴム面から見たとき、ホイールの太さに対して適正サイズよりも細いタイヤを履かせるカスタム方法のことです。ホイールがタイヤに対して外に飛び出るような外観が特徴で、細目のタイヤが外に「引っ張られている」ため、「引っ張りタイヤ」と呼ばれます。

見た目以外のメリットはある?

引っ張りタイヤは、第一に見た目が良くなるというメリットがあります。タイヤが薄く見えるので、よりシャープでスポーティな見た目にドレスアップでき、かつホイールを突き出すことで、ホイールのデザインを大胆に主張することも可能です。

通常は「ツライチ(フェンダーのギリギリの位置にホイールを履く状態)」を狙う場合、フェンダーとタイヤの間に隙間がなくなることで、異音やフェンダー破損の原因となりますが、引っ張りタイヤカスタムを施すことで、その対策になるというメリットも存在します。

さらに引っ張りタイヤは、走行性能が向上する「低扁平タイヤ」の性質も兼ね合わせており、一般的に高価とされる低扁平タイヤを、引っ張りタイヤで安価に代替することが可能です。

デメリットはある?

引っ張りタイヤには、美味しいメリットばかりではありません。

そもそも、適正サイズより細いタイヤを履かせているため、通常よりもタイヤの空気圧を高くすることが必須です。これを忘れると最悪ホイールとタイヤが外れて、事故の原因になりかねませんし、逆に空気圧を高くしすぎると、バーストする可能性もあります。

引っ張りタイヤのデメリットは、カスタムを慎重に行わないとメリットの恩恵を削り取るまでに牙を向くことになるのです。

引っ張りタイヤの組み方

ここから引っ張りタイヤの組み方をご紹介しますが、前提としてDIYで組むのは初心者には難しいため、カスタムショップに依頼する方が確実で安全だということを覚えておいてください。

「ビード」を十分に開けタイヤを仮履きさせる

ホイールの適正サイズより細いタイヤを履かせるため、まずはホイールにタイヤを仮履きさせます。はじめはタイヤと、ホイールが固定される部分(ビード)が十分に空いた状態にしておきましょう。

片側のビードを完全に入れる

まずは、片側に対してタイヤとホイールをはめ込みます。

リムの内側に、タイヤを引っ掛けるためのラバーリングをはめ、その面が下になるように押さえつけながら、少しずつ空気を入れていくと、ビードを上げることができます。

もう片側のビードを組み込み完成

完全にビードを組み込んだ側が緩まないように固定しつつ(固定の方法は様々)、もう片側も同様にラバーリングを使って空気を入れて、タイヤをはめ込んでいきます。

ラバーリングを抜き取り、両側のビードがしっかりと組み込まれていることを確認したら、引っ張りタイヤの完成です。

爆発させて組み込む裏技は超危険!真似は厳禁

先ほどご紹介した組み込みタイヤを組む工程の内、「ビードを上げてタイヤを組み込む」という部分が非常に難しいとされています。

難しい道のりに対しては、やはり近道を考える人もいるもので、なんと爆発の勢いで一気にビードを組み込む裏技が存在します。こちらの方法は言うまでもなく超危険ですので、決して真似はしないようにしましょう。

引っ張りタイヤの適切空気圧

組み込みタイヤのデメリットの一つに、空気圧のバランスを保たないと最悪事故に至ることもあるとご紹介しました。

一般的な空気圧は2キロ程度ですが、組み込みタイヤの適切な空気圧は、3キロを中間として、±0.3キロを目安に考えるとよいでしょう。

また、空気圧は走行環境や時間の経過に応じて増減するので、半月から一ヶ月に一度に確認すればより安全です。

引っ張りタイヤは車検は車検に通る?ミニバンは要注意!

ロードインデックス

タイヤ ロードインデックス

© MOBY

一般的に、カスタムは車検の規定を超えるか否かのラインを気にするものですが、引っ張りタイヤが即刻車検NGとなることは通常ありません。なぜなら、タイヤよりホイールが飛び出ていることを制限するルールはなく、あくまで車体からタイヤがはみ出ないことが重要視されるからです。

本来注意すべき点は「ロードインデックス」にあります。「ロードインデックス」は、そのタイヤの最大負荷能力(車体の重さに耐えられる能力)を示した数値で、これが車体の重さに対して少ない場合は車検が通りません。ドレスアップが特に人気のミニバン車種については、特に注意が必要です。

引っ張りタイヤを導入するときはまず安全性を確認しよう!

引っ張りタイヤは、輝くホイールを前面に押し出し、フェンダーギリギリを通すことでスポーティな見た目を演出する魅力的なカスタム方法です。ただし、タイヤの空気圧には最新の注意を払う必要のある諸刃の剣でもあります。
定期的なメンテナンスで安全性を確保したうえで、引っ張りタイヤを導入しましょう。

合わせて読みたいクルマのカスタムに関する記事はこちら