初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ パッソ/ダイハツ ブーンがマイナーチェンジ!デザイン変更やスマアシ3標準装備など

2018年10月10日、トヨタからはパッソ、ダイハツからはブーンの車名で発売されているコンパクトカーがマイナーチェンジを果たしました。マイナーチェンジでは外装・内装デザインの変更に加え、衝突回避支援システム「スマアシ3」やコーナーセンサーなどの採用で安全性能が向上しました。

トヨタ パッソ/ダイハツ ブーンがマイナーチェンジ!

新型パッソ

新型ブーン

2018年10月10日、トヨタ パッソとダイハツ ブーンがマイナーチェンジを果たしました。現行モデルは2016年4月より発売されている、3代目です。

両車とも最大の特徴は外装デザインの変更。パッソの「MODA」、ブーンの「シルク」ではグリルの大型化と、L字型のフォグランプベゼルなどを採用することでワイド感が増し、迫力のあるスタイルに仕上がりました。

また、デザイン以外にも衝突回避支援システムである「スマートアシスト3」、前後コーナーセンサー、パノラマモニターなどを標準装備することで安全性能を高めました。

トヨタ パッソの特徴

新型パッソ MODA“G package”

新型パッソでは上級グレードである「MODAシリーズ」に暖色系のボディカラー「ブリリアントカッパークリスタルマイカ」が新設定されました。また、“G package”には15インチのアルミホイールやLEDイルミネーション、本革巻きシフトノブなどをセットにしたドレスアップパッケージが用意されます。

また、さっそくカスタムブランドであるモデリスタ/TRDより、カスタマイズアイテムも登場しました。

ダイハツ ブーンの特徴

新型ブーン STYLE“SAⅢ”

新型ブーンではダイハツオリジナルグレードである「ブーン スタイル」が新設定。ブーン・ブーンシルクに比べ全体的に丸みのあるデザインに仕上がっています。ホワイト塗装パーツによるアクセントや専用の3色シートなどが特徴的であり、女性をターゲットにしていると思われます。

トヨタ・ダイハツの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!