車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【ドライブレコーダー取り付け情報総まとめ】DIYで取り付ける方法や必要な道具から業者に頼む工賃まで

ドライブレコーダーの取り付けを業者に頼む場合の工賃は?

整備工場

©Shutterstock.com/Lucky Business

DIYでのドライブレコーダーの取りつけに自信がなければ、業者に頼みましょう。ドライブレコーダーは重要なパーツであり、不備があっては大変です。
業者に依頼すれば、プロの技でキレイで確実にドライブレコーダーを取りつけてくれます。

ドラレコをカー用品店で購入する場合

カー用品店でドライブレコーダーを購入した場合の工賃相場は、4,000〜6,000円。
もちろん、電源の取り方をシガーライターか内部配線から取るかでも工賃は変化します。
前後2カメラ式ドライブレコーダーの場合は、倍の8,000円から12,000円の工賃がかかります。

ドラレコを持ち込む場合

ドライブレコーダーを持ち込んた場合の取りつけ工賃は10,000円前後。2カメラ式のドライブレコーダーでは、やはり2倍近くに昇ります。

ネットショピングで購入したドライブレコーダーや譲り受けたトライブレコーダーを、工場やカー用品店に持ち込んで取り付けてもらう場合には、購入店舗で取りつけてもらうよりも割高になります。

ドライブレコーダーのネットショッピングは、価格こそ安いものの、取りつけてもらう場合には取付工賃も含めて吟味しなくてはいけません。

ドライブレコーダーを取り付けて万が一の事態に備えよう!

ドライブレコーダーの普及が進むとともに、ドライブレコーダーの低価格化が進んでいます。

とくにネットショップで販売されるドライブレコーダーは低価格かつ十分実用に耐えるつくりとなっていますが、やや高めの取付工賃がネック。ドライブレコーダーを自分で取りつけられれば、最低限のコストでドライブレコーダーを搭載することができます。

DIYでドライブレコーダーを取りつけて、万が一の事態に備えましょう。

ドライブレコーダーの選び方についてはこちら

ドライブレコーダーの人気ランキングはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す