初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【奥入瀬渓流 紅葉狩り・ドライブコース 総合情報】ご当地グルメ「十和田バラ焼き」をガッツリ味わう!

年間を通して、多くの観光客でにぎわう奥入瀬渓流。深い森の紅葉とほとばしる清流の水音、澄んだ空気と五感で感じる紅葉狩りを楽しめます。渓流沿いを散策すると自然とリフレッシュできるでしょう。人気紅葉鑑賞スポットから見どころの多い周辺の観光、グルメ、温泉を巡るドライブコースについてご紹介します。

「奥入瀬渓流」紅葉狩りの見頃の時期は10月中旬~11月上旬

奥入瀬渓流は十和田湖から流れ出る14kmの奥入瀬川の渓流で、国の特別名勝に指定されています。ブナやカエデ、ヤマモミジ、ミズナラなどの木々が色づく中、清流が苔をまとう岩々の間を流れるさまは神秘的です。渓流に沿って車道と遊歩道があり、 道を包むように紅葉する木々のトンネルの中で、滝や清流の流れを聞き、差し込む日差しを感じながら五感で紅葉を楽しみましょう。

紅葉は10月中旬から11月上旬と1ヶ月かけて、上流の子の口から下流の焼山へ向かってグラデーションをかけながら進みます。紅葉シーズンは混雑するため、シーズンの週末は奥入瀬エコツーリズムと称されるマイカー規制があり注意が必要です。シャトルバス、レンタサイクルを上手に利用するとよいでしょう。

奥入瀬渓流に紅葉狩りに行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

紅葉の中水霧立つ「銚子大滝」


高さ7メートル、幅20メートルの銚子大滝。多量の水霧をまとうダイナミックなこの滝は、別名「ジャパニーズスモールナイアガラ」と呼ばれています。上流の代表的な景勝地です。

黄・紅の紅葉と深緑の苔の対比「三乱の流れ」


渓流の中に点在する苔をまとう岩々によって、水流は複雑に絡み合い、多彩な動きのある流れを作ります。

ダイナミックな水流の「阿修羅の流れ」

奥入瀬を代表する流れがこの阿修羅の流れ。紅葉した木々のトンネルの中を、激しい水流が岩石を飲み込みながら流れるさまはとてもダイナミックです。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称 奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)
色づき初めの時期 10月上旬
見頃の時期 10月中旬~11月上旬
紅葉する木の種類 ブナ、カエデ、ヤマモミジ、ミズナラ、オニグルミ、トチノキ、カツラ
住所 青森県十和田市大字奥瀬字十和田湖畔休屋486(十和田湖国立公園協会総合案内所)
電話番号 0176-75-2425(十和田湖国立公園協会総合案内所)
営業時間 8:00~17:00(十和田湖国立公園協会総合案内所)
料金 無料
駐車場 無料

アクセス

東北自動車道十和田インターチェンジから、国道103号で約42km、奥入瀬渓流の上流の玄関口、子ノ口にたどり着きます。さらに渓流沿いの国道102号を下ること14kmで、下流の拠点、焼山に到着します。所要時間は1時間20分ほどです。下流から上流へ向かうルートの景観が美しく、おすすめです。

ナビは、焼山の拠点「渓流の駅おいらせ:0176-74-1121」に設定するとよいでしょう。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、東北に来たらぜひ訪れてほしいと非常に高い評価を得ていました。しかし渓流沿いの車道が狭く、紅葉シーズンには多くの人が訪れるため、ドライブでめぐると駐車場の確保や歩行者への注意が大変だったとの声も上がっていました。
 
代表的な評価には次のようなものがあります。

「規模も美しさも類を見ない渓流美の極致と言える場所」
「どの場所を切り取っても本当に綺麗で、マイナスイオンに溢れている」
「バスで効率よくめぐった」
「道も途中の駐車場も狭く、駐車スペースを見つけるのに苦労した」
「路肩に駐車して歩く観光客と遊歩道のハイカーに注意して車を進めるため、よく見れなかった」

おすすめグルメ・特産品情報

「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル ラウンジ森の神話」


「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル ラウンジ森の神話」の「幸福林檎のミルフィーユ」。注文後にリンゴをスライスするからサクサクで、リンゴの酸味と間にはさんだスポンジケーキのクリームとがベストマッチ。ほかのスイーツもかわいい見た目で人気があります。

「石窯ピザ オルトラーナ」


地元の農家から直接仕入れるフレッシュな野菜を使ったお料理の数々。中でもピザは絶品。ビュッフェ形式でおなか一杯になれます。

「上高地食堂」


老舗の味のある食堂です。ここに来たらぜひ食べたい地元のソウルフード、「十和田バラ焼き」はボリューミーで卵につけて味わいます。十和田湖名物のヒメマス料理もおすすめです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す