初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【21世紀の森と広場 紅葉・ドライブコース 総合情報】新鮮なネタのお寿司に舌鼓!

紅葉シーズンのピークには例年、多くの観光客が訪れる21世紀の森と広場。東京ドーム11個分の広大な敷地があるこの公園では、散策やピクニック、バーベキューなどさまざまな方法で紅葉を楽しむことが可能です。21世紀の森と広場の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「21世紀の森と広場」紅葉狩りの見頃の時期は11月中旬〜12月中旬

21世紀の森と広場の紅葉は11月上旬ごろから始まり、11月中旬から12月中旬にかけて見頃を迎えます。真っ赤に染まったモミジ類が、つどいの広場や光と風の広場で見られるほか、ケヤキの木が黄色や濃紅色に紅葉し、カラフルな紅葉が楽しめます。

公園なので、広場などもたくさんあり、ピクニックを楽しんだり、バーベキューをしながらの紅葉狩りもおすすめです。

21世紀の森と広場に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

園内を散策しながら紅葉を楽しめる

「21世紀の森と広場」は、広さが東京ドーム11個分(50.5ヘクタール)もある大きな公園です。モミジなどがおもに植えられていて、真っ赤に染まる美しい紅葉は必見。園内をゆっくり散策しながら楽しむことができます。

ピクニックやバーベキューをしながら紅葉を楽しむ

「21世紀の森と広場」には、「光と風の広場」や「つどいの広場」といった広場があるので、ピクニックを楽しみながら紅葉を眺めることができます。バーベキューができるところもあるので、紅葉バーベキューもおすすめです。

池に映る紅葉もきれい

「21世紀の森と広場」には池もあり、池に映る紅葉も見ものです。散策に疲れたときは、池のそばのカフェテラスで休憩もできます。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称21世紀の森と広場(にじゅういっせいきのもりとひろば)
色づき初めの時期11月上旬
見頃の時期11月中旬~12月中旬
紅葉する木の種類モミジ、ケヤキ、アキニレ
住所千葉県松戸市千駄堀269
電話番号047-345-8900
営業時間9:00~17:00(季節によって終了時間が異なる)
料金無料
駐車場847台 500円/1日

アクセス

東京外環道「三郷南IC」から国道6号を経由して、10km、20分。または東京外環道「松戸IC」から国道6号を経由して10km、20分で到着します。カーナビに住所を入力しても正しい目的地設定ができない場合は、施設名称検索で「森のホール21」、または電話番号検索で「047-384-5050」を入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていました。しかし、園内はアップダウンが結構あるという点、遊具を設置していない点などから一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。


「とにかく広くて開放的」
「季節ごとに自然を満喫できる」
「秋の紅葉は趣があってきれいだった」
「上り下りがあるので、歩くのが結構大変」
「遊具がまったくないので設置してほしい」

おすすめグルメ・特産品情報

「やはしら すし勘」

「やはしら すし勘」は、「21世紀の森と広場」の近くにあるお寿司屋さん。若干お値段は張りますが、価格に見合ったネタと味を楽しめると人気があります。お昼には寿司のセットを食べられます。

「MOKICHI珈琲」

「MOKICHI珈琲」は、武蔵野線新八柱駅近くにあるコーヒー店。コクと深みが感じられるおいしいコーヒーが飲めます。コーヒー豆の種類も多く、珍しいものもいろいろあるので、話を聞きながら好みに合うものを購入できます。

「味の紅龍」

「味の紅龍」はJR八柱駅から徒歩1分ほどの場所にある中華料理店です。麺類のほか野菜炒めやマーボー豆腐、餃子などの定番中華料理のほか、丼ものやカレーといった料理もあり、メニューが充実しています。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す