初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車のインテリアバーおすすめ人気ランキングTOP10!取り付け・固定方法やロッドホルダーからネットまで

車載スペースを、有効活用するのに便利なインテリアバー。車の外観を損ねることなく、積載スペースを増やせる便利なアイテムです。インテリアバーの取り付け方やメリット・デメリットをお伝えするとともに、おすすめのインテリアバーやネットなどのセットで使える便利なパーツもご紹介します。

インテリアバーとは?車内スペースを有効活用しよう

新型 ノア モデリスタ ロッドホルダー

インテリアバーは、車内の天井下に取り付ける、つっぱり棒のような見た目のアイテムです。インテリアバーを取り付けることによって、デッドスペースだった天井下に、荷物を積載することができます。

荷物の多いキャンプ用品や釣り道具、サーフィンやスノーボードなど、アウトドア好きの人には、とくに重宝するアイテムです。

車内スペースに取り付けるので、車の外観を損ねることがなく、気軽に導入できます。

メリット・デメリットは?

【メリット】
・天井下の取り付けなので、視界を遮らず安全運転ができる。
・釣り竿など、荷台に直置きするとほかの荷物に当たって折れやすいものも、安全に運搬できる。
・ハンガーも掛けられるので、服がシワにならない。
・車の外観を損ねず積載量を増やすことができる。
・値段が比較的安価で導入しやすい。

【デメリット】
・天井下に付けるので、後部座席に座ると圧迫感がある。
・天井の低い車だと、頭に干渉してしまう。
・重量のあるものは積載できない。

インテリアバーの取り付け・固定方法

インテリアバーの取り付けは非常に簡単で、工具も必要ありません。不器用な人や車に詳しくない人でも簡単に取り付けができます。

①インテリアバーを伸縮させて、後部座席の左右に付いているアシストグリップに幅を合わせる。

②インテリアバーの両端が、アシストグリップに掛かるようにできているので、アシストグリップに引っ掛ける。

③運転時のガタつきを防ぐために、ゴムで固定。ゴムが付属していないタイプのインテリアバーの場合は、市販の結束バンドで固定するとガタつきをなくすことができます。

ネットを併用すればしっかりと固定できる

インテリアバーに車載用ネットを組み合わせると、使い勝手が格段に向上します。重たい荷物は載せられませんが、比較的軽いものなら、載せられる荷物の種類が増えます。

こちらも取り付け方は簡単です。車載用ネットに付いているフックを、インテリアバーと同じくアシストグリップに引っ掛けます。ネットに荷物を載せたときに、できるだけたわまないようにするために、市販の結束バンドでインテリアバーにネットを固定。

これだけでインテリアバーとネットを使った、車載スペースが完成します。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す