初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ マークX GRMNは本格スポーツ仕様!デザインやスペックから再販されるGRMN2まで

2015年にわずか100台限定で発売された「マークX GRMN」。そのデザインやスペック、新型の情報などをまとめました。マークX GRMNは、サーキット走行に対応する本格スポーツセダン。ノーマルのマークXにはない特徴を多数備えています。再販に期待が高まるマークX GRMNの魅力を詳しく解説していきます。

トヨタ マークX GRMNとは?

「マークX GRMN(グロム)」は、「トヨタ マークX」のスポーツコンバージョンモデルです。開発を手がけたのは、トヨタのスポーツカーブランド「GAZOO Racing」。マークX GRMNの受注は2015年3月に開始され、同年6月より100台限定で販売されました。

ごく簡潔にいうと、マークX GRMNは「サーキットを本気で攻められるセダン」です。その開発は、マークXのエンジン性能を引き出し、レスポンスよく走らせることを主眼として進められました。

といっても、マークX GRMNはただ速いだけのスポーツカーではありません。国内外のテストコースやサーキットで足まわりを鍛えることにより、限界性能の高さと、日常で使える乗り心地の両立を実現しています。

6MTを採用

マークX GRMNの大きな特徴といえるのが、6MT(6速マニュアルトランスミッション)の採用です。マークXのエンジンがもつ魅力をドライバーに感じてもらうために、GRMNには専用設計の6MTが搭載されているのです。

オリジナルのマークXに備わるAT(オートマチックトランスミッション)も高性能ですが、エンジン本来の魅力を味わうことはできません。AT車にはスムーズなギアチェンジが要求されるため、エンジンフィーリングがマイルドになってしまうからです。

一方、MT車はドライバー自身がギアチェンジを行うため、AT車のような制約を受けません。このため、高回転まで切れよく回るエンジンフィーリングや、鋭いレスポンス、わき上がるトルク感を楽しむことができます。

もちろん、マークX GRMNの特徴は、トランスミッションだけではありません。軽量化されたブレーキ、専用チューニングされたサスペンション、ボディ剛性の強化などにより、ポテンシャルの高いモデルに仕上げられています。

トランスミッションの解説記事はこちら

トヨタのスポーツブランド「GR」とは?

GRシリーズ

マークX GRMNを手がけたGAZOO Racingでは、現在スポーツカーブランド「GR」を展開しています。GRは、2017年9月19日に発足したブランド。トヨタ車のスポーツコンバージョンモデルのほか、アフターパーツ「GRパーツ」のリリースを行っています。

GRが展開するスポーツコンバージョンモデルのブランドは、「GRスポーツ」「GR」「GRMN」の3種類。GRスポーツは入門モデル、GRは量産型スポーツモデル、GRMNは限定生産のトップモデルと、各ブランドで位置づけが異なります。

GRブランドは、コアなスポーツカーファンだけを対象にしたブランドではありません。マイルドな味付けのモデルもラインナップに加えることにより、多くのドライバーに親しまれるスポーツカーブランドを目指しています。

GRブランドについて詳しくはこちら

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!