初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【竜頭 紅葉・ドライブコース 総合情報】滝を眺めながらお雑煮を味わう

竜頭ノ滝周辺のおすすめドライブコース

竜頭ノ滝から出発し、戦場ヶ原、湯ノ湖を通り、吹割の滝まで向かうドライブコースがおすすめです。

出発点から吹割の滝へ向かうまでの間に通る国道102号線は「日本ロマンチック街道」と呼ばれ、その名の通り、まるでドイツのようなロマンあふれる景色を見ることができます。紅葉期間中の日光いろは坂は非常に混むため、帰りは日本ロマンチック街道を通って沼田市に抜けると渋滞を避けられるでしょう。

「戦場ヶ原」

「戦場ヶ原」は昔、美しい中禅寺湖を巡って男体山の神と赤城山女将が争った場所ということから名前が付けられました。散策路が整備されているので、植物や野鳥との出会いを楽しみながら、ハイキングができます。秋の夕暮れ時には燃えるように赤く染まる紅葉が見られます。

「湯ノ湖」

「湯ノ湖」は三岳の噴火によって湯川がせき止められてできた湖。三方が原生林に囲まれていて、神秘的な雰囲気が漂う湖です。湖岸には散策路が整備されていて、1時間ほどで一周することができます。紅葉の時期は、湖面に紅葉が映り込み絶景です。

「吹割の滝」

吹割の滝は、東洋のナイアガラとも呼ばれる滝で、幅30m、高さ7mの滝です。川床を割くように滝が流れ、水しぶきを上げる様子は圧巻の一言。こちらも遊歩道が整備されているので、散策を楽しむことができます。

竜頭ノ滝周辺の温泉情報

「奥日光 ゆの森」は日光湯元温泉で唯一の全室客室露天風呂付の宿。部屋風呂も大浴場もエメラルドグリーンの濁り湯で、天然温泉100%の掛流しです。料理もおいしいと評判で、美食と名湯を満喫できます。

周辺道路の渋滞傾向

竜頭ノ滝周辺は紅葉シーズン以外、とくに目立った渋滞はないものの、例年紅葉シーズンのピークは大渋滞が発生します。

駐車場の台数が少なく、駐車場に停める車で渋滞になるので、回避したいのであれば朝の7~8時には駐車場に着くか、平日の訪問がおすすめです。帰りのいろは坂も沼田市へ抜ける国道120号も遅い時間は渋滞しますので、早めに帰路についた方がよいでしょう。

運転に疲れたら道の駅に寄ろう

運転に疲れたときは、無理して走り続けるのではなく、道の駅に立ち寄って休憩するとよいでしょう。周辺には「道の駅 日光」や「道の駅 尾瀬かたしな」があります。

美しい紅葉と滝のコラボレーションやバラエティに富んだドライブを楽しめる竜頭ノ滝。この秋、日光を訪れるなら、ぜひ竜頭ノ滝も目的地に含めてみてください。

ドライブに関するおすすめ情報はこちら

MOBYのおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す