初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ハッピードリンクショップとは?なぜ安い?ゆるキャンの聖地巡礼スポットにも

山梨県や長野県ではすっかりおなじみの自動販売機のみの店舗、ハッピードリンクショップ。安さと品ぞろえの豊富さと絶妙なロケーションへの設置で甲信地方では1000店舗を超える注目のお店です。人気アニメ・ゆるキャンの聖地としても有名なハッピードリンクショップの魅力とは?

ハッピードリンクショップとは?

ハッピードリンクショップ

撮影:MOBY編集部

ハッピードリンクショップは、2000年代に入り山梨県や長野県の甲信地方を中心に増えている、ドライブイン式のジュースの自動販売機のみの店舗です。今ではすっかり地元住民に定着しています。

自動販売機コーナーは日本では珍しくはありませんが、ハッピードリンクショップの特徴として、

1.ハッピードリンクショップと書かれた縦長の青い看板がある
2.ジュースの自動販売機が4つ以上並んでいる
3.必ず道路沿いにあり、一時停車できるスペースがある

などが挙げられます。

↑ハッピードリンクショップの撮影車両は、シボレー・カマロ。その試乗記は下記からご覧ください。

株式会社フローレンが運営

このハッピードリンクショップを運営しているのは地元・山梨県甲斐市に本社を置く創業1976年の株式会社フローレン。自動販売機の設置や清涼飲料水の卸販売を主とする会社で、2003年からハッピードリンクショップの設置とオペレーションを開始しています。

土地の所有者と賃貸契約を交わしてハッピードリンクショップを設置していく形態で店舗数を増やしていき、今では「ハピド」と呼ばれ、すっかり甲信地方の一風景となってしまいました。

山梨を主軸に長野、神奈川へ展開。静岡にも

フローレンは「いつでも、どこでも好きな飲料で、のどを潤すことができる環境づくりをとおして、人々に心の癒しと健康を提供する」ことを企業理念としています。

まず地元である山梨県内でハッピードリンクショップを設置し、隣接する長野県北部を中心に店舗数を順調に増やして行きました。現在では実に1200以上の店舗を両県に展開。その店舗は神奈川県相模原市や静岡県東部にも進出しており、その勢いはとどまることを知りません。

ハッピードリンクショップはなぜ安い?

当たりも多い?

ハッピードリンクショップの飲料がなぜ安いかは定かではありませんが、フローレンの企業理念と独自の流通経路によるものだと思われます。さらに、一説によれば「当たりが出やすい」というのですが、本当でしょうか。

安くてメジャーからマイナーまで種類も豊富なハッピードリンクショップ。当たり付きの自動販売機の当たる確率も高ければもう最高なのですが、いろいろと調べてみましたが、特によく当たるというような評判はありませんでした。

ただし、昨年2017年12月~2018年2月中までは、ハッピードリンクショップ15周年のキャンペーンで商品に当たりのシールがあったら抽選で豪華賞品が当たるというキャンペーンが好評だったようです。今後もこういう企画には期待できそうです。

アニメ「ゆるキャン」の聖地巡礼の一つにも

ハッピードリンクショップのオマージュは、人気マンガ/アニメにも登場しています。

あfろ氏原作の人気アウトドア系ガールズストーリー「ゆるキャン△」。舞台は主人公たちが住んでいる山梨県と周辺地域が中心となっています。5人の女子高生の野外活動サークル(野クル)活動をとおして、梨の自然、温泉、グルメや調理、レク、キャンプ道具などキャンプのノウハウを楽しめるアニメ作品です。

山梨県の実在の景勝地や地名が登場するのもこの作品の魅力の一つですが、今回ご紹介したハッピードリンクショップも”ラッキードリンクショップ”として作中に登場。現在は聖地巡礼のスポットの一つとなっており、多くのファンが訪れています。

ぜひ甲信地方でのドライブついでにハッピードリンクショップを探してみてください。

参考価格: ¥ 11,074
(2019年05月29日現在)

山梨県のおすすめドライブスポットはこちら

長野県のおすすめドライブスポットはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す