初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スズキ】新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018年最新版

国内販売台数第3位の自動車メーカーであるスズキ。優れた軽自動車づくりに定評があり、ラインナップの主力も軽自動車となっています。新車で買えるスズキの現行車種一覧と、TOP5までの人気ランキングをまとめました。

スズキの現行車の傾向

自動車の国内販売台数で第3位の規模を誇るスズキ。現行ラインナップの主力は軽自動車であり、ワゴンRやアルト、ハスラーといった軽の人気車種を取り揃えています。

最近では軽4WDの代表格・ジムニーの新型へのフルモデルチェンジによって盛り上がりを見せており、2018年最注目の自動車メーカーの一つといってもいいでしょう。

スズキが販売する自動車を、ボディタイプ別にご紹介します。

スズキのボディタイプ別現行車種一覧

スズキの現行車種一覧
コンパクトイグニス
スイフト
スイフトスポーツ
ソリオ/バンディット
バレーノ
軽自動車アルト/ターボRS/ワークス
エブリイワゴン
ジムニー
スペーシア/カスタム
ハスラー
ラパン
ワゴンR/スティングレー
SUVSX4 S-CROSS
エスクード
クロスビー
ジムニーシエラ
ミニバンランディ

スズキのコンパクトカー一覧

スズキ イグニス

スズキ イグニス

コンパクトカーとSUVのクロスオーバーモデルであるイグニス。コンパクトカーとしての優れた使い勝手にSUVとしての力強い走りをあわせ持ちます。

パワートレインにはマイルドハイブリッドエンジンを搭載し、モーターアシストによるスムーズな発進加速と優れた燃費性能を実現しました。

グレード構成・価格

スズキ イグニス138万~188万円

イグニスの最廉価モデルは2WD・セーフティパッケージなしの「HYBRID MG」グレード。最上級モデルは4WD・セーフティパッケージありの「HYBRID MZ」グレードです。

燃費

ガソリンモデル-
ハイブリッドモデル25.4〜28.8km/L(JC08モード燃費)

イグニスの実燃費は17~20km/Lです。カタログ値の70%前後という標準的な数値が出ています。

発売日・モデルチェンジ予想

現行モデルの発売日2016年2月
モデルチェンジ予想-

イグニスは、2018年7月に仕様変更が行われました。

スズキ スイフト

スズキ スイフト

世界的にも人気の高いコンパクトハッチバック・スイフト。取り回しに優れたコンパクトボディに高い走行性能を備えます。

パワートレインには、1.2Lのマイルドハイブリッドとハイブリッド、1.2Lのガソリンノンターボ、1.0Lの直噴ガソリンターボの4種類をラインナップ。

グレード構成・価格

スズキ スイフト134万~202万円

スイフトの最廉価モデルは2WD・ガソリン車の「XG」グレード。最上級モデルは2WD・ハイブリッド車の「HYBRID SL」グレードです。

燃費

ガソリンモデル20.0〜24.0km/L(JC08モード燃費)
ハイブリッドモデル25.4〜32.0km/L(JC08モード燃費)

スイフトの実燃費はガソリン車で16~18km/L、ハイブリッド車で20~22km/Lです。カタログ値の70%前後という標準的な数値です。

発売日・モデルチェンジ予想

現行モデルの発売日2017年1月
モデルチェンジ予想-

現行の4代目スイフトは、2018年7月に仕様変更を行いました。

スズキ スイフトスポーツ

スズキ スイフトスポーツ

スイフトのホットハッチモデル・スイフトスポーツ。デザインだけを変えた単純なスポーティモデルではなく、専用のチューニングによって高い走行性能を発揮することが可能です。

パワートレインには1.4L 直噴ターボエンジンを搭載。6速MT、6速ATと組み合わされます。

グレード構成・価格

スズキ スイフトスポーツ184万~206万円

スイフトスポーツの最廉価モデルは2WD・6速MT車。最上級モデルは2WD・6速ATのセーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車です。

燃費

ガソリンモデル16.2〜16.4km/L(JC08モード燃費)
ハイブリッドモデル-

スイフトスポーツの実燃費は11~13km/Lです。カタログ値の70%程度という標準的な燃費性能となっています。

発売日・モデルチェンジ予想

現行モデルの発売日2017年9月
モデルチェンジ予想-

現行の4代目スイフトスポーツは、2018年7月に仕様変更を行いました。

スズキ ソリオ/ソリオバンディット

スズキ ソリオ

スズキ ソリオバンディット

取り回しやすいボディに広い室内空間を備えたコンパクトトールワゴン・ソリオ。ソリオバンディットはエクステリアに専用デザインを採用した派生モデルです。

パワートレインには1.2Lのガソリンとハイブリッド、マイルドハイブリッドの3種類をラインナップ。バンディットにはガソリン車の設定がありません。

グレード構成・価格

スズキ ソリオ/ソリオバンディット146万~223万円

ソリオ/ソリオバンディットの最廉価モデルはソリオ 2WD・ガソリン車の「G」グレード。最上級モデルはソリオ 2WD・ハイブリッド車の「HYBRID SZ」グレードです。

燃費

ガソリンモデル22.0〜24.8km/L(JC08モード燃費)
ハイブリッドモデル23.8〜32.0km/L(JC08モード燃費)

ソリオ/ソリオバンディットの実燃費はガソリン車で15~18km/L、ハイブリッド車で17~23km/Lです。カタログ値の70%前後という標準的なデータが出ています。

発売日・モデルチェンジ予想

現行モデルの発売日2015年8月
モデルチェンジ予想-

現行の4代目ソリオ/ソリオバンディットは、2018年7月にマイナーチェンジを行いました。

スズキ バレーノ

スズキ バレーノ

世界戦略車として開発されたコンパクトカー・バレーノ。先行して販売が開始されたインドでは大ヒットを飛ばしています。

パワートレインには1.0Lの直3直噴ターボと1.2Lの直4ノンターボの2種類をラインナップ。それぞれ6速AT、CVTと組み合わされます。

グレード構成・価格

スズキ バレーノ154万~173万円

バレーノの最廉価モデルは1.2L・CVTの「XS」グレード。最上級モデルは・1.0L・6速ATの「XT」グレードです。

燃費

ガソリンモデル19.6〜24.6km/L(JC08モード燃費)
ハイブリッドモデル-

バレーノの実燃費は14~17km/Lです。カタログ値の70%程度という標準的な数値となっています。

発売日・モデルチェンジ予想

現行モデルの発売日2016年3月
モデルチェンジ予想-

バレーノは、2018年5月に一部改良が行われました。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す