初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

フェラーリの現行車種一覧!新車購入できるモデルの価格や性能から新型車の最新情報まで

現在日本にて新車で購入できる、フェラーリの現行モデル一覧をご紹介します。各モデルのデザインやスペックから価格など、詳細情報をまとめました。話題の新型車や今後登場が噂されている新モデルについても触れていきます。

【2018年11月最新】フェラーリの現行車種一覧!

代表モデル・488ピスタ

現在新車で購入することが可能な「フェラーリ現行モデル」と販売予定のモデルを一挙に紹介します。

フェラーリは「世界的な高級スポーツカーは?」と聞かれると多くの人が「フェラーリ」と答えるぐらい、世界的に有名なイタリアの自動車メーカー。フェラーリは国産メーカーのように老若男女をカバーする車種はラインナップされていません。

また、これから登場予定の車を含めても10車種以下で、フェラーリを必要としているマーケットに限定した車種構成のみ。「いつかはフェラーリを」と考えている方は、ぜひ現行モデルをチェックしておきましょう。

フェラーリの歴史についてはこちら

フェラーリ現行車種① 812スーパーファスト

フェラーリ 812スーパーファスト

フェラーリ 812スーパーファスト

フェラーリ 812スーパーファストのパワートレインスペック
エンジン種類V型12気筒 DOHC
排気量6.5L
最高出力588[800]/8,500
最大トルク718[73.2]/7,200
トランスミッション7速DCT
駆動方式FR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
フェラーリ 812スーパーファストのボディサイズ
全長全幅全高
4.6571,9711,276
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7201,5252
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

812スーパーファストは、2017年に発売されたディーラーで購入することができるフェラーリ12気筒のフラッグシップとして君臨しています。

6.5L V型12気筒エンジンは純粋な自然吸気エンジンで最高出力800PSを叩き出しますが、パドルシフト付きの7速DCTの操作はとても滑らか。昨日運転免許証を取得したドライバーでも、812スーパーファストを普通には走らせることが可能です。

812スーパーファストは電子制御によって常に車を安全な状態に保つことができ、初採用された「スポーツ仕様EPS」「SSC(サイドスリップコントロール)」と、「PCV(バーチャル・ショートホイールベース2.0システム)」は今後の新型車にも搭載されると思われます。

812スーパーファストについてはこちら

フェラーリ現行車種② GTC4ルッソ

フェラーリ GTC4ルッソ

フェラーリ GTC4ルッソ

フェラーリ GTC4ルッソのパワートレインスペック
エンジン種類V型12気筒 DOHC
排気量6.3L
最高出力507[690]/8,000
最大トルク697[71.1]/5,750
トランスミッション7速DCT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
フェラーリ GTC4ルッソのボディサイズ
全長全幅全高
4,9221,9801,383
ホイールベース車両重量乗車定員
2,9901,7904
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

GTC4ルッソは、先代であるフェラーリ初の4WDシューティングブレーク「FF」を進化させた4人乗りのフェラーリ。日本には2016年末に導入が開始されました。

シューティングブレークスタイルは精悍なフェラーリのデザインとは異なり、FFが発表された当初はフェラーリらしくないとの意見もありましたが、2世代目GTC4ルッソが登場したというのはマーケットが受け入れたという証。GTC4ルッソはフェラーリの新しいモデルを開拓した車種といえます。

フェラーリ GTC4ルッソについてはこちら

フェラーリ現行車種③ 488GTB/488スパイダー

フェラーリ 488GTB

フェラーリ 488スパイダー

フェラーリ 488スパイダーのパワートレインスペック
エンジン種類水冷90度V型8気筒(DOHC) + ツインターボ
排気量3.9L
最高出力492 [670] / 8,000
最大トルク760 / 3,000
トランスミッション7速DCT
駆動方式後輪
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
フェラーリ 488スパイダーのボディサイズ
全長全幅全高
4,5681,9521,213
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6501,3702
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

488GTB/スパイダーは、458シリーズで「V8ミッドシップ自然吸気エンジン」が終焉を迎え、新時代のV8ミッドシップとしてV8ツインターボエンジンを搭載して2015年に発表されました。

3.9L V型8気筒ツインターボエンジンの最高出力:670PSは、まるで一昔前のV型12気筒エンジンのスペックで、ターボラグ「0」という滑らかでありながらも力強い加速を実現し、0-100km/h加速はたったの3.0秒です。

488GTB /スパイダーのサイドエアインテークは、308GTBをオマージュしたデザインとなっており、「GTB」というネーミングも308を思い起こさせます。

フェラーリ488GTBについてはこちら

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!