初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【大山 紅葉・ドライブコース 総合情報】西日本最大級のブナの原生林は必見!おしゃれなカフェも

紅葉シーズンには数多くの観光客で賑わう大山。10月中旬から山肌が色付きはじめ、10月下旬~11月上旬に紅葉の見頃を迎えます。大山での紅葉狩りの基本情報を始め、口コミや付近の渋滞情報をお届け。大山周辺のドライブコース、人気の観光スポットについてもご紹介します。

「大山」紅葉狩りの見頃の時期は10月下旬~11月上旬

大山は鳥取県大山町にある中国地方で最高峰の山です。西日本最大級のブナの原生林であり、山全体が紅葉で染まるのが特徴。10月中旬頃から山全体が色付きはじめます。

大山は10月下旬~11月上旬に紅葉で山肌が七色に色付くので、この期間がもっとも見頃だと言えますが、それで終わりではありません。11月の中旬には初冠雪を迎え、山頂はほのかに白く染まります。雪の白と淡い紅葉の赤のコントラストは非常に美しく幻想的。派手さはありませんが、11月中旬~下旬に訪れると、季節の移り代わりを直接感じることができます。

大山に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

登山しながら紅葉狩りを楽しむ

ゆっくりと登山をしながら紅葉を楽しむのが、山での紅葉狩りの王道です。大山の北東にある県営大山第1駐車場が登山道に近く、観光案内所もあり、食事、買い物をするにも便利な場所なのでおすすめ。

大神山神社奥宮から見る紅葉は絵画のような美しさ

山麓に大神山神社の本社があり、奥宮は山腹にあります。山麓の本社でも色付いた大山を鑑賞することはできますが、より秋の情緒を感じたいなら奥宮まで登ってみましょう。奥宮は紅葉に縁取られ、まるで絵画の中にいるような情景。

紅葉に囲まれながらドライブしよう

登山だけでなく、ドライブでも大山の紅葉を楽しむことができます。七色の木々に囲まれながら走る道は幻想的で、秋の訪れを感じます。日々の喧騒から離れて、心も体もリフレッシュしましょう。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称 大山(だいせん)
色づき初めの時期 10月下旬
見頃の時期 10月下旬~11月上旬
紅葉する木の種類 ブナ、ナラ、カエデ、ナナカマド、ミズナラ
住所 鳥取県西伯郡大山町大山 大山字博労座40-1外(県営大山第1駐車場)
電話番号 0859-52-2502(一般社団法人大山観光局)
営業時間 8:30~17:00(一般社団法人大山観光局)
料金 無料
駐車場 600台/無料(県営大山第1駐車場)
58台/無料(南光河原駐車場)
70台/無料(下山駐車場)

アクセス

米子自動車道の米子道米子インターチェンジを降りて、県道24号を走ると20分(約13km)ほどで県営大山第1駐車場に到着します。

口コミ・評価

インンターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が素晴らしいと高い評価を受けていました。しかし、シーズン中はかなり渋滞する、階段が多く登るのが大変といった、一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価は、以下のようなものです。

「紅葉に色づいた山肌が非常に美しく、雄大」
「山頂だけでなく途中に寺社仏閣といった見所があるのがいい」
「山頂から見る日本海が最高の眺め」
「紅葉のシーズンはかなり混雑する、場所によっては1km以上の渋滞あり」
「階段が多く、かなり足にくるし山頂まで2時間以上かかる」

おすすめグルメ・特産品情報

「コウボパン小さじいち」

「コウボパン小さじいち」という店名の通り、自家製の天然酵母で作ったパンを販売しています。大自然で育まれた酵母で作られたパンはモチモチで後味さわやか。写真は大人気の酵母プレートランチです。

「モンカフェ」

大山の麓、博労座の近くにあるパンケーキの専門店。山小屋風の外観で趣があります。大山産の食材にこだわり、非常に本格的な味わいなのにも関わらず価格はお手頃です。調理、ドリンクには大山古道脇の伏流水「清浄泉の水」を使用しているとのこと。

「大山まきばみるくの里」

「大山まきばミルクの里」は、大山の麓西側にある牧場。乳牛から絞りたての牛乳を使った特製ソフトクリームは、1日に約5,000個を販売した実績があるほどの大人気商品とのこと。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す