初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【養老渓谷 紅葉・ドライブコース 総合情報】紅葉を愛でながらハイキングでリフレッシュ!自家製粉の十割そばも

数々のハイキングコースがあり、関東一遅い紅葉が楽しめる養老渓谷。四季折々の渓谷美が見られ、ライトアップやもみじまつりも開催される千葉県有数の観光スポットです。養老渓谷の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「養老渓谷」紅葉狩りの見頃の時期は11月中旬〜12月上旬

養老渓谷の紅葉は11月中旬ごろから始まり、11月下旬~12月上旬にかけて見頃を迎えます。梅ヶ瀬、粟又の滝、筒森もみじ谷といった紅葉のスポットが有名で、渓谷に広がる美しい景色は圧巻です。

老川十字路周辺、粟又の滝、養老渓谷温泉街などでは夜間にライトアップが行われるほか、毎年11月23日の勤労感謝の日には養老渓谷もみじまつりが開催されます。

養老渓谷に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報を紹介します。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

養老渓谷はハイキングのメッカ

養老渓谷はハイキングのメッカとして有名で、小湊鉄道の月崎、上総大久保、養老渓谷の各駅を起点とした1時間から4時間のコースがおすすめ。毎年11月23日には養老渓谷もみじまつりも開催予定です。

壮大な滝とのコラボレーションが見どころ

養老川が形成した渓谷沿いには絶景ポイントが数多く、栗又の滝は有名スポットの一つ。壮大な滝と色鮮やかな紅葉のコラボレーションが楽しめます。

紅葉のライトアップも見逃せない

養老渓谷では例年、紅葉の時期にはライトアップが行なわれます。ライトアップされる場所は、栗又の滝、老川十字路、中瀬遊歩道など。昼間とは違った幻想的で美しい紅葉を楽しめます。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称養老渓谷(ようろうけいこく)
色づき初めの時期11月中旬
見頃の時期11月下旬~12月上旬
紅葉する木の種類モミジ、カエデ、ウルシ、ハゼ、ナラ、クヌギなど
住所千葉県市原市朝生原181(養老渓谷観光協会)
電話番号0436-96-0055 (養老渓谷観光協会)
営業時間ライトアップ:11月下旬~12月上旬(17:00~21:30)
料金無料(ライトアップ)
駐車場多数あり(400~500円/1日)

アクセス

首都圏中央連絡自動車道「市原鶴舞IC」を降りて、国道297号、県道171号、県道81号線を経由して約30分で到着。カーナビに住所を入力すると正しい目的地設定ができない場合があるため、施設名称検索で「養老渓谷駅前観光案内所」、または電話番号検索で「0436-96-0055 」を入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていました。しかし、シーズンによってはかなり混雑するという点、観光施設が少ない点などから一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。


「養老渓谷駅から歩いていくのがおすすめ」
「赤い橋と真っ赤なモミジが芸術的だった」
「夜のライトアップされたもみじは幻想的できれい」
「バスや小湊鉄道も混んでいた」
「渓谷周辺の観光産業が乏しい」

おすすめグルメ・特産品情報

「手打蕎麦ゆい」

「手打蕎麦ゆい」は、古民家で営まれている全部で16席の静かなお店です。日本各地の蕎麦を石臼挽き自家製粉した十割蕎麦、地元の山菜、自家栽培の野菜を中心としたメニューが味わえます。

「和食処 清恵」

「和食処 清恵」では、季節ごとに地元の渓谷で採れた食材を使用した田舎ならではの「季節料理」 を堪能できます。とくに揚げたての天ぷらはサクサクでおいしいと大人気。天ぷら御膳や天ぷら釜揚げうどんといったメニューもあります。

「兼龍」

「兼龍」は、養老渓谷で随一のラーメン屋さん。どこか懐かしさを感じることができるラーメンを味わえます。養老渓谷散歩でお腹が空いたときにはおすすめです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す