初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スバル】新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018年最新版

スバルは独自の技術力が世界でも認められる自動車メーカー。水平対向エンジンやアイサイトの進化に期待が高まります。スバルの新車で買える現行車種一覧と人気の車をTOP5の人気ランキングにまとめました!

スバルの現行車の傾向

スバルといえば、代名詞ともなっている水平対向エンジンが有名です。スバルの現行車は、軽自動車以外のすべての車種に水平対向エンジンを採用し、一部には電動技術を組み合わせた新開発の「e-BOXER」搭載モデルもあります。

スバル独自の技術である運転支援システム「アイサイト」の普及が進み、同時にMT車が減少傾向にあります。

スバルのボディタイプ別現行車種一覧

ボディタイプ車名
セダン
インプレッサ G4
レガシィ B4
WRX S4
WRX STI
クーペBRZ
ステーションワゴンレヴォーグ
レガシィアウトバック
SUVXV
フォレスター
コンパクトカーインプレッサスポーツ
ジャスティ/カスタム
軽自動車シフォン/カスタム
ステラ/カスタム
プレオプラス
ディアスワゴン

スバルのセダン一覧

スバル インプレッサ G4

スバル インプレッサG4 2018

航空機メーカーの設計思想を受け継ぐスバルが考え抜いて完成させたインプレッサ G4。ディスプレイやドアミラーの配置まで工夫されていて、デザイン性を損なうことなくドライバーの死角を減らし、安心して運転ができる優れた視界性能を確保しています。

インプレッサ G4は、インプレッサスポーツとほぼ同じスペックですが、インプレッサ G4のほうが全長が長く、全高が低いという違いがあります。主要装備や価格、燃費はインプレッサスポーツと同じです。

グレード構成・価格

スバル インプレッサ G4194~261万円

インプレッサG4には3つのグレードがあり、スタンダードモデルの1.6i-L EyeSightと最上級にあたる2.0i-S EyeSightの価格差は50万円ほどです。

2.0i-S EyeSightは、「キーレスアクセス&プッシュスタート」や「アクティブ・トルク・ベクタリング」などの装備が標準装備となっています。

燃費

JC08モード燃費15.8~18.2km/L

インプレッサG4の実燃費は以下のようになっています。

・一般道路:8.7~15.0km/L
・高速道路:18.0~24.0km/L

高速道路での走行では、カタログ燃費を大きく超える優秀な数値を出しています。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日1992年11月
モデルチェンジ予想-

インプレッサG4は、インプレッサスポーツと同様にフルモデルチェンジの予定はしばらくありませんが、複数のメディアによってマイナーチェンジが近い時期に行われると予想されています。

スバル レガシィ B4

スバル レガシィB4 2017年型

レガシィ B4は、水平対向エンジンと左右対称のパワートレインで構成された、スバル独自のシステム「シンメトリカルAWD」を採用した車の1つです。シンメトリカルAWDは、低い重心と重量バランスに優れた構造により、悪路では安定した走行と高速道路では疲労軽減に貢献。

充実した装備のなかには、ドライビングを快適にするためにリヤビューカメラがあります。後方に装着されたカメラの映像をナビゲーション画面に送り、ガイド付きで表示することでドライバーをサポートします。

2017年10月に行われた大幅改良では、「アイサイト」の進化と安全性能の強化が施されました。主な改良点は、アイサイトの機能として「後退時自動ブレーキシステム」の追加、「全車速域追従機能付クルーズコントロール」の車速域を0km/h~約120km/hに拡大、「ステアリング連動ヘッドランプ」の搭載などがあります。

グレード構成・価格

スバル レガシィ B4302~324万円

レガシィB4のグレードは、スタンダードモデルのLEGACY B4と上級モデルにあたるLEGACY B4 Limitedの2つのグレードがあります。2つのグレードにスペックや燃費の違いはありません。

上級モデルのLEGACY B4 Limitedは、外装にクロームメッキ塗装、アルミホイールにブラックハイラスター塗装が施されています。内装は、ステアリングホイールとシフトレバーに高触感革を採用する特別仕様です。

燃費

JC08モード燃費14.8km/L

レガシィB4の実燃費は以下のようになっています。

・一般道路:7.0~12.0km/L
・高速道路:11.0~16.0km/L

カタログ燃費から大幅な低下はしていませんが、燃費がよいとは言えない数値です。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日1989年2月
モデルチェンジ予想2019年内

スバル レガシィは現行モデルが6代目。3代目からB4というブランド名が与えられ10年が経過しました。

フルモデルチェンジが最後に行われたのは2014年10月。複数のメディアによって、2019年にフルモデルチェンジが行われると予想されています。

WRX S4

スバル WRX S4 2016年型

WRXとはスバルファンにとっては、突出したスポーツパフォーマンスを意味する名称としても知られています。WRX S4/STIは、実用性を兼ね備えたスポーツセダンとして、スバルのスポーツパフォーマンスを象徴するモデルです。

2017年8月に行われた大幅改良では、乗り心地や安全性が向上し、アイサイトの新機能「アイサイト・ツーリングアシスト」を全グレードに標準装備。この機能はアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動的に制御し運転時の負担を軽減する、将来の自動運転につながる革新的な技術です。

スバルの技術により、快適な走りとスポーツ性だけでなく高い安全性も備え、安心と愉しさの両立を実現した車といえるでしょう。

2018年9月に、最上級モデルの「WRX S4 STI Sport EyeSight」を発表・発売しました。

グレード構成・価格

スバル WRX S4337~409万円

スタンダードモデルに2.0GT EyeSight、最上級モデルにSTI Sport EyeSightが設定され、価格差は70万円ほどです。

WRX S4 STI SportはSTIとの共同開発により、俊敏なハンドリングと高い操縦安定性を実現。特別なデザインとエンブレムが用意されています。

燃費

JC08モード燃費12.4~13.2km/L

WRX S4の実燃費は以下のようになっています。

・一般道路:7.4~11.2km/L
・高速道路:12.0~17.0km/L

実燃費について、CVTのよさが活かされているという評価が見受けられます。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2014年8月
モデルチェンジ予想2019~2020年

WRX S4は2017年8月に大幅改良が行われましたが、フルモデルチェンジは1度も行われていません。複数のメディアによって、フルモデルチェンジは2019年から2020年の間に行われると予想されています。

WRX STI

スバル WRX STI 2014年型

世界のモータースポーツ競技に勝つために誕生したWRX。そのWRXのDNAを受け継ぎ、実用性と走りを両立させたのがWRX STIです。高張力鋼板を使用した新環状力骨構造ボディは、剛性の向上と軽量化を実現し、衝突に対する高い安全性能を発揮します。

メーカー装着オプションにRECAROフロントシートが用意され、旋回時の身体への負荷を減らし操縦安定性にも配慮。スバルは、過酷なモータースポーツへ参加してきた経験を活かし、このWRX STIで高い安全性と操縦安定性を実現しています。

グレード構成・価格

スバル WRX STI387~406万円

WRX STIには、STIとSTI Type Sという2つのグレードがあります。STIでは18インチアルミホイールを採用。上級モデルに位置するSTI Type Sでは、19インチアルミホイールとトランクリップスポイラーが標準装備。メーカー装着オプションにサンルーフや本革シートなどがあります。

燃費

JC08モード燃費9.4km/L

WRX STIの実燃費は以下のようになっています。

・一般道路:7.4~9.8km/L
・高速道路:12.0~13.0km/L

カタログ燃費とほぼ同等の数値です。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日1992年11月
モデルチェンジ予想2019~2020年

初代WRXは、1992年にインプレッサシリーズとして発売しました。その後、名称の変更やインプレッサから独立した専用のボディなどを与えられ、現行のWRX STIへと移行。

複数のメディアによって、WRX STIのフルモデルチェンジは2019年から2020年にかけて行われると予想されています。

スバルのクーペ一覧

スバル BRZ

スバル BRZ 2016年

トヨタとの共同開発により誕生した、水平対向エンジンFRレイアウトのスポーツカー スバル BRZ。トヨタ 86とは基本部分が共通の兄弟車という関係です。スバル BRZとは「BOXERエンジン」のB、「Rear Wheel Drive」のR、「究極」のZの3文字を組み合わせ、安心と愉しさを具現化したスバルの想いの込もった車です。

スバル BRZ専用の軽量かつ高剛性のシャシーと安定感を高めたサスペンションを採用。これにより安定した乗り心地と操縦安定性を実現しています。

グレード構成・価格

スバル BRZ243~359万円

スバル BRZには、6つのグレードがあります。スタンダードモデルにR Customize Package、最上級モデルにはSTI Sportを設定。

R Customize Packageは16インチタイヤを採用、最上級モデルと安全装備に差はありません。STI Sportは、本革巻ステアリングホイールや18インチハイパフォーマンスタイヤなどの専用装備を装着しています。スタンダードモデルとの価格差は120万円ほどです。

燃費

JC08モード燃費11.6~12.4km/L

スバル BRZの実燃費は以下のようになっています。

・一般道路:9.0~11.8km/L
・高速道路:14.0~15.2km/L

一般道路での実燃費が、カタログ燃費の約80%ほどの数値になっています。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2012年3月
モデルチェンジ予想2020~2021年

スバル BRZは、一部改良やマイナーチェンジを複数回行っていますが、フルモデルチェンジは過去に1度も行われていません。複数のメディアによって、2020年から2021年のフルモデルチェンジが予想されています。

スバルのステーションワゴン一覧

スバル レヴォーグ

スバル レヴォーグ 2015年型

スバル レヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに開発され、安全性能とツーリング性能を高いレベルで両立しているスポーツワゴンです。高性能エンジンを存分に味わうために、3モードタイプのSI-DRIVEを採用。SI-DRIVEでは、オートステップ変速や8段クロスレシオ変速制御など専用制御を採用しています。

さらに、スバル レヴォーグの特筆すべき点がボディサイズとカーゴルームです。日本の交通環境を考慮して、使いやすく最適解ともいえるボディサイズと、スバルが長年培ってきたワゴン作りのノウハウを凝縮した522Lの大容量カーゴルームは実用性に優れ、まさに革新スポーツツアラーと呼ぶにふさわしい車でしょう。

グレード構成・価格

スバル レヴォーグ286~405万円

スバル レヴォーグには、6つのグレードがあります。スタンダードモデルに1.6GT EyeSight、最上級モデルに2.0STI Sport EyeSightを設定。

2.0STI Sport EyeSightは、スポーツリニアトロニックというスポーツ性能に特化したリニアトロニックを採用。ダークグレー+切削光輝18インチアルミホイールや、剛性が向上したパワーステアリングなどの専用装備を装着しています。

燃費

JC08モード燃費13.2~16.0km/L

スバル レヴォーグの実燃費は以下のようになっています。

・一般道路:6.0~11.7km/L
・高速道路:12.0~17km/L

一般道路での実燃費では、幅がありますが燃費がよいとは言えない数値です。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2014年6月
モデルチェンジ予想2019~2020年

複数のメディアによって、2019年から2020年にかけてフルモデルチェンジが行われると予想されています。グッドデザイン賞を受賞した過去もあるスバル レヴォーグのフルモデルチェンジは、デザインへの期待も高まります。

スバル レガシィアウトバック

スバル・レガシィアウトバック

レガシィ アウトバックは、クラスを超えた走行性能を追求し、快適な走りと高い安全性を両立。乗用車の快適性、SUVの走破性、ステーションワゴンの積載性という異なるカテゴリーの長所を併せ持ち、スバル独自のクロスオーバーコンセプトを提供する車です。

デザインも細部まで磨き上げ、アクティブなライフスタイルのパートナーにふさわしい上質さや力強さがあり、スバルクロスオーバーモデルの最上級車種としての存在感を強調するエクステリアデザインです。

グレード構成・価格

レガシィ アウトバック329~356万円

レガシィ アウトバックのグレードには、スタンダードモデルのLEGACY OUTBACKと上級モデルにLEGACY OUTBACK Limitedの2つのグレードがあります。

スタンダードモデルは17インチタイヤ+アルミホイールを装備、本革シートはメーカー装着オプションとなっています。上級モデルでは、18インチタイヤ+アルミホイールを採用し、高触感革や本革シートを標準装備。

燃費

JC08モード燃費14.8km/L

レガシィ アウトバックの実燃費は以下のようになっています。

・一般道路:7.0~11.0km/L
・高速道路:10.0~16.4km/L

燃費がよいとは言えませんが、高速道路での走行ではカタログ燃費を超えています。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2003年10月
モデルチェンジ予想2019~2020年

レガシィ アウトバックのフルモデルチェンジが最後に行われたのは2014年10月。複数のメディアによって、2019年から2020年にかけてフルモデルチェンジが行われると予想されています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!