初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【層雲峡 紅葉・ドライブコース 総合情報】ロープウェイでラクラク鑑賞!ご当地ラーメンも

北海道大雪山の麓にある大峡谷「層雲峡」は日本で最初に紅葉を楽しめる場所としても有名です。比較的歩きやすい紅葉谷から、ロープウェイを使って上れる黒岳などバラエティに富んだ景色を楽しめるスポットです。層雲峡の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報まで紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「層雲峡」紅葉狩りの見頃の時期は9月上旬~10月上旬

石狩川が刻んだ大峡谷「層雲峡」の紅葉は9月上旬ごろから始まり、断崖絶壁の岩肌を彩る紅葉と針葉樹の緑が見せるコントラストが特徴的。色鮮やかなミズナラ、ナナカマド、カツラ、ハウチワカエデなどなどの木々が作り出す美しい景色は圧巻です。

黒岳エリアが9月中旬から下旬に見頃を迎え、紅葉谷エリアや大函エリアの見頃は10月上旬〜10月中旬です。

黒岳では麓から7合目まで、ロープウェイ・リフトで移動することができ、色の変化を楽しむことができます。

層雲峡に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

層雲峡の入り口「紅葉谷」

紅葉谷は、沢沿いを通る山の中の散策路で、距離にして片道約700m、所要時間は往復1時間程度。途中アップダウンは多少ありますが、それほどきつくはありません。終点には、層雲峡温泉のパワースポットとも言われている紅葉滝という滝が目の前に。

層雲峡からアクセス可能な「黒岳」

黒岳は層雲峡からアクセス容易な大雪山系の山の一つで、7合目(標高)1,520メートルまでロープウェイとリフトで上ることができます。常緑の高山植物と、紅葉した樹々のコントラストがすばらしい眺めです。

峡谷美がすばらしい「大函」もおすすめ

大函は層雲峡の峡谷美がもっともすばらしいと言われている名所。10月初旬に色付き始め、10月中旬にカエデをはじめとした木々が見頃をむかえます。巨大な岩壁が並ぶ壮大な景観は、撮影スポットとしても人気が高い場所です。

紅葉狩り基本情報・アクセス

名称層雲峡(そううんきょう)
色づき初めの時期9月上旬
見頃の時期9月上旬~10月上旬
紅葉する木の種類ミズナラ、ナナカマド、カツラ、ハウチワカエデなど
住所北海道上川郡上川町 大雪山国立公園層雲峡温泉
電話番号01658-2-1811
営業時間ロープウェイ6:00~18:00(10月は~17:00)
料金往復乗車料金(黒岳ロープウエイ)
中学生以上:1,950円
小学生:1,000円
駐車場150台(無料)

アクセス

旭川紋別道「上川層雲峡IC」から国道39号を経由して23km、約25分で到着します。カーナビに住所を入力すると正しい目的地設定ができない場合があるため、施設名称検索で「層雲峡ビジターセンター」、または電話番号検索で「01658-9-4400」を入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価によると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていたものの、10月上旬でも寒いという点、ロープウェイの料金が少し高い点などから一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には次のようなものがあります。

「ロープウェイを利用して気軽に絶景が楽しめる」
「滝の風景が美しく絵に描いてみたいと思った」
「下りのリフトはスリリング」
「ロープウェイの料金はちょっと高い」
「10月上旬でも寒い」

おすすめグルメ・特産品情報

「大雪山食堂」

大雪山食堂では、地元産ブランド豚の「渓谷味豚」(けいこくみとん)を使用したこだわりのご当地ラーメンが人気です。名物、味豚丼や舞茸丼も食べられるほか、山菜ラーメンや山菜そばも好評。

「ビアグリル・キャニオン」

ビアグリル・キャニオンは、層雲峡温泉街の中心部にある洋食料理店。エゾ鹿肉のグリルをはじめ、北海道で収穫された食材をふんだんに使用して作られたメニューが豊富に取りそろえられています。

「アイスクリーム工房ベレル」

「アイスクリーム工房ベレル」では農薬を使わない高原の牧草で育った牛のミルクのソフトクリームや、しっとりしたプリンなどが食べられます。アイスクリームは濃厚でなめらかな食感と好評です。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す