初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

カーサイドタープおすすめ人気ランキングTOP10!自作方法から小川・ロゴスなどの人気ブランドまで

カーサイドタープは簡単に自作できる!

【市販タープを使った簡単カーサイドタープ】
端的に言えば、カーサイドタープ/オーニングは自作できます。一番楽なのは普通のキャンプ用タープの半分を吸盤やロープで車に固定し、後、残りの角を地面にペグで固定します。

自作カーサイドタープ:準備するもの

・ブルーシートやレジャーシート(縁にハトメがあるもの)
・タープ/テント用ロープ
・ポールはテント/タープ用のものを購入、流用。幟のポールなどを加工し代用する人もいます。
・吸盤、ジョイントなど車との連結を簡単にするアイテム

自作カーサイドタープの設営:動画の解説

ご紹介した動画では以下のフローで設営しています。

1.ジョイントを車のルーフレールに固定し、直接ブルーシートのハトメに引っ掛けて広げる 
2.反対の端はロープを付けてペグで地面に固定し 
3.ロープを調節しながらポールを立てて完成

動画では照明器の三脚を使いながらうまくひとりで設営されていましたね。とても分かりやすく参考になる動画です。

カーサイドタープの連結の仕方は?

市販のカーサイドタープのほとんどは連結を簡単にするため、吸盤をルーフに吸着させる仕様になっています。安価な商品の場合は吸盤も質が悪いため注意が必要です。また神経質な人は吸盤と塗装面の間に砂埃などが入り塗装を傷つけるのを嫌います。

吸盤でなければ実際結ぶか、後述のストレッチコードやリングにつなげてどこかに引っ掛けることになります。これから本格的にキャンプを始めたいと言う方は動画を参考に「自在結び」一つだけでも覚えてください。



キャプテン スタッグ 「カージョイントM-8390」

そんな時は車の雨どい(ルーフレール)に固定し紐を結べる人気商品、キャプテン・スタッグの「カージョイントM-8390」がおすすめです。車にルーフバーやクロスバーなどの紐を結べるポイントがなければこのジョイントでルーフレールにポイントを作り出し、ロープを結びつけるか引っ掛けるかができます。

キャプテンスタッグ 「張り綱ストレッチコード」

また同じくキャプテンスタッグからロープを結ばなくても固定できる「張り綱ストレッチコード」という商品があり、一度このコードにロープを結べばその後はこのストレッチコードの輪っかをジョイントやペグに引っ掛けるだけでタープを車に連結できるため、結び目をほどいてまた結び直すと言う作業を省くことができます。

カーサイドタープを活用してオートキャンプを楽しもう!

カーサイドタープで快適オートキャンプ!

カーサイドタープは日差しが強い日も、雨の日も車とテントやバーベキューセットの設置場所の移動をスムーズにし、快適なアウトドアライフを可能にするアイテムです。高機能のものはいくつかのモードがあり、状況により違った使い方もできます。カーサイドタープを活用してオートキャンプを楽しみましょう。

キャンプについてのおすすめ記事はこちら

キャンピングカーについてのおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す