初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【上高地 紅葉・ドライブコース 総合情報】涸沢カールの雄大な自然に心が躍る

一年を通して雄大な自然が楽しめるだけでなく、紅葉シーズンにも例年、多くの観光客が訪れる上高地。大正池や田代池の湖面に鮮やかに映る木々の紅葉は圧巻です。上高地の紅葉狩りの基本情報や口コミから渋滞情報を紹介します。また、周辺のグルメや温泉に加え、人気観光スポットを通るドライブコースについても紹介していきます。

「上高地」紅葉狩りの見頃の時期は10月中旬~10月下旬

一年を通して雄大な自然が楽しめる景勝地として有名な上高地。紅葉の名所としても知られています。上高地では10月上旬ごろからコハクウチワカエデ、シラカバなどの紅葉が始まり、カラマツの黄金色でシーズンのクライマックスを迎えます。山頂が初冠雪すると、雪の白色、カラマツの黄金色、針葉樹の緑色という見事な三段紅葉を眺めることが可能です。

上高地に紅葉狩りへ行く方のために、役立つ情報をまとめました。お出かけの際にぜひ参考にしてください。

湖面に映る紅葉が鮮やかな「上高地」

上高地にはカラマツ林が多く、周囲の落葉樹がすっかり落ちるころ、その葉を鮮やかな黄金色へと色づかせます。どこまでも透明な秋空に映える水の青とカラマツの黄金色の彩りは必見です。

「大正池」の紅葉も見事

大正池は1915(大正4)年6月6日の午前に焼岳の噴火によって突然あらわれた池。鏡面のような美しい水面に映る紅葉と水没した林は幻想的な立ち枯れとなって、神秘的な景観を楽しむことができます。

山岳紅葉の名所「涸沢カール」

日本を代表する山岳紅葉の名所として知られる涸沢は、秋の紅葉トレッキングや日帰り登山の人気スポット。涸沢カールの紅葉は赤、黄色、黄緑がバランスよく目の前に広がっているのが特徴で、色が濃いためにコントラストが鮮やか。

紅葉狩りの基本情報・アクセス

名称 上高地(かみこうち)
色づき初めの時期 10月上旬
見頃の時期 10月中旬~10月下旬
紅葉する木の種類 シラカバ、カラマツ、コハクウチワカエデ
住所 長野県松本市安曇上高地
電話番号 0263-95-2433(上高地インフォメーションセンター)
営業時間 8:00~17:00(上高地インフォメーションセンター)
料金 さわんど駐車場から上高地までの往復バス料金
大人:2,050円
小児:1,030円
駐車場 2,850台 600円/1日

アクセス

長野自動車道「松本IC」から国道158号を経由して、沢渡まで車で約60分。沢渡から上高地へ通じる道は、通年マイカー規制が行なわれているので、カーナビの施設名称検索で「さわんど駐車場」または「平湯駐車場」と入力するとスムーズにたどり着くことができます。

口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、紅葉が美しいと全体的に非常に高い評価を得ていましたが、紅葉シーズンはかなり混んでいるという点、観光地化されている点など一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。


「河童橋から明神池まで深まりゆく秋を堪能した」
「涸沢の紅葉は天然の芸術の域」
「混んでいてバス待ちの人が多かった」
「観光地化されていて、あまり魅力的ではない」

おすすめグルメ・特産品情報

「嘉門次小屋」

「嘉門次小屋」は明神池の入口にあります。登山家ウェストンの案内人として知られる明治時代の名ガイド、上條嘉門次ゆかりの山小屋です。囲炉裏で焼いたイワナが人気。

「上高地食堂」

上高地食堂は、大自然の絶景を眺めながら食事ができる歴史の古い食堂です。山菜そば、イワナの塩焼き、小鉢などが付くボリュームたっぷりの「上高地定食」が人気。

「河童食堂」

「河童食堂」は、五千尺ホテルの別館にあるカジュアルな定食屋。人気No.1の山賊定食は松本の郷土料理で、ジューシーな地鶏をサクサクに揚げたボリュームたっぷりのメニュー。ご飯のお替りもできます。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す