初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

GTウィングは効果ある?取り付け方や注意点と保安基準から人気メーカーまで

車のエアロパーツ、ドレスアップパーツとして知られる「GTウィング」。GTウィングにはどんな効果があるのでしょうか。本記事はGTウィングの取り付け方や車検時の保安基準と注意点、おすすめの人気メーカーまで、GTウィングについて解説しています。

GTウィングとは?効果やメリット・デメリット

GTウィングとは、車のリア部に装着する大型のエアロパーツを言い、装着することによって空力がもたらす抵抗を軽減し、車の操縦や走行を安定させる役割を持つと言われています。

GTウィングはその名前のとおり、スーパーGTなどダウンフォース(車体を下方向に押し付ける力)が走行する上で重要な鍵となる「GTマシン」のリア部に装着されるエアロパーツを、一般車両用に開発したものであるため、そう呼ばれているのです。

GTウィングを取り付ける効果|デメリットはある?

GTウィングは車のリア部に取り付けるパーツで、飛行機の羽を逆転させた形が一般的です。

そのため、GTウィングの上を通る気流と下を通る気流には速度の差が生じ、ダウンフォースを生み出します。また、リア部の気流を整える風見安定により、高速走行した際の安定性を高める効果があると言われています。

GTウィングを取り付ける効果をまとめてみると、

・高速走行する際、ダウンフォース発生により車体安定性が向上する。
・急なブレーキング操作でもリア部のぶれが少なく、安定性を保ちやすい。
・ダウンフォースにより、リアタイヤの接地性が上がりスピンが起こりにくい。

などとなっています。

デメリットはある?

一方、デメリットと言われるものには、

・ダウンフォースがより多く発生するため、燃費が悪くなる。
・車体が空気抵抗を受けるため、高速時に加速力が低下する。
・大きなエアロパーツであるため、振動が大きくなる。

などをあげることができるでしょう。

GTウィングの保安基準|違法改造は厳禁!

「保安基準」とは正式名称を「道路運送車両の保安基準」と言い、国交省令で定められている自動車の技術基準です。自動車の検査であるいわゆる車検は、この保安基準を元にして車の各部・各パーツが適合しているかを検査していきます。

そのため、GTウィングに対してもその製品は「保安基準に適合したもの」であることが大前提となり、また取り付ける際のボディとウィングとの隙間の取り具合や間隔などにも保安基準に適合した内容であることが必要なのです。保安基準に適合しない場合、その車両は違法改造とみなされ法律違反となりますので、必ず遵守するようにしましょう。

保安基準の内容

保安基準の内容とは、

・車両の最後端・最外側(後ろ側、左右側)にはみ出さない。
・GTウィングは、溶接やボルト・ナット・接着剤などで確実に固定されていること。
・GTウィングのエッジが鋭角でなく、半径5mm以上の丸みがあること。
・GTウィングの翼端が車両の最外側から165mm以上であること(左右とも)。
・GTウィングの翼端が車両の最外側から165mm未満の場合は、車体と翼端の隙間(間隔)が20mm以下であること

となっています。

次のページ

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す