車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

カーオーディオの選び方・導入ガイド!1DIN・2DINタイプ、Bluetoothなど機能の解説も

カーオーディオの選び方

【取り付けサイズでカーオーディオを選ぶ】1DIN・2DINの違いは?

1DINタイプ

2DINタイプ

参考価格: ¥ 19,881
(2019年05月29日現在)

カーオーディオのサイズは車種限定の専用品を除けばDIN規格(ISO 7736)が多く、カー用品の量販店にはDIN規格のカーオーディオが多く販売されています。

カーオーディオのDINサイズには「1DIN」と「2DIN」の2サイズがあります。

 ・1DIN:高さ 50mm × 幅 178mm
 ・2DIN:高さ100mm × 幅 178mm

2DINは1DINを縦に並べた2個分となりますので、1DIN規格の製品を2台並べて取り付けることも可能です。1DIN規格の別製品(イコライザーやカーナビ)を一緒に取り付けたり、小物入れにすることもできます。

DIN規格より小さいカーオーディオを取り付けたい場合は、その隙間を埋める取り付けキットがあればきれいに収めることができます。DIN規格より大きいカーオーディオは物理的に収まりませんので注意しましょう。

1DIN / 2DINについてはこちら

【対応入力端子・拡張性で選ぶ】Bluetooth対応は必須!

カーオーディオには、AM/FMのラジオ受信機とCD・DVD ドライブ、さらに音源のソースのインターフェースとしてUSB・SDなどの端子を備えている機器もあります。これらはインターフェースにスマホを接続して音楽を流すことができます。

しかし、同じくスマホなどの自分の端末と接続するのであれば、Bluetooth対応のカーオーディオをおすすめします。Bluetooth対応であれば無線でデータの送受信ができるため、配線不要で音楽を楽しめます。
スマホやウォークマンなどの携帯端末には、Bluetooth機能はもはや標準搭載されています。配線なしで接続できるため、乗車している人のどの端末も利用可能という気軽さもポイントです。

Bluetooth対応のカーオーディオについてはこちら

【音質調整機能の有無で選ぶ】車ごとに最適なセッティングが可能

カーオーディオには「イコライザー機能」を搭載しているモデルがあり、イコライザー調整することで車にあった綺麗な音質を調整することができます。

イコライザーとは音の周波数帯域ごとにレベルを上下させて周波数特性を調整する機能です。

車は、ダッシュボードの位置・形やガラスの角度・面積やシートなど、音を反射・吸収する障害物が異なるため、周波数特性が変わります。イコライザーで車内にあった調整をすることで音楽を聞きやすい状態に補正すれば、高い音質の音楽を楽しむことができます。

純正のカーオーディオにもイコライザー機能がある場合がありますので、確認してみましょう。

【デザインで選ぶ】内装のデザインから浮かないものがベスト

社外カーオーディオのデザインが、車のインテリアデザインのコンセプトに合っていないとカーオーディオだけが浮いてしまいます。

単にカーオーディオのデザインだけではなく、電源が入った状態でイルミネーションの色がインテリアに合うかも大切なポイントです。

最近のカーオーディオではイルミネーションの色を数種類切り替える機能がついていますので、車のインテリアを損なわない色に設定できるかも確認しましょう。

カーオーディオの取り付け方|専門店に頼む必要はある?

車のカーオーディオを取り付ける場所と社外カーオーディオがともにDIN規格であれば、自分でカーオーディオを取り付けることも可能です。自信がない場合は専門店に依頼する方が安心です。

また、特殊なダッシュボードの形に合わせてあるデザインになっているカーオーディオや、カーナビと一体化している場合は、まず専門店に相談したほうが無難です。

自分で取り付ける方法

参考価格: ¥ 1,498
(2019年05月29日現在)

カーオーディオの取り外しには、専用工具が必要な場合があります。

また取り付けの際も専用のカプラーやビスなどが必要になるケースがありますので、事前に必要な部品を確認し、揃えてから作業をしてください。

カーオーディオの取り付けに関しては下記の記事を参考にしてください。

カーオーディオの取り付け方法について

専門店に頼む場合の工賃

カーオーディオの取り付けを依頼する際にかかる工賃の目安は以下の通りです。

 ・カー用品量販店:5,000円〜
 ・ディーラー:10,000円〜

カー用品の量販店で購入したカーオーディオを取り付ける場合と、別所で購入して持ち込んだオーディオを取り付ける場合では工賃が異なる場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

ディーラーでの持ち込み取り付けも可能ですが、社外品扱いなのでカー用品量販店と比較すると割高になるようです。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す