初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポータブルナビ価格帯別おすすめ人気ランキング!フルセグモデルや取り付け方についても【2018年版】

2018年版ポータブルナビのおすすめ機種を人気ランキングにまとめました。ポータブルタイプのカーナビは高機能で安価。低予算でもフルセグやVICSに対応するモデルを選べます。2018年版のランキングでは、価格帯別に人気機種TOP3をまとめました。ポータブルナビ選びの参考にしてみてください。

ポータブルナビとは?

ポータブルナビとは、簡単に取り付け、取り外しができるコンパクトなカーナビゲーションシステムです。オーディオスペースに取り付ける据え置き型ナビと比べて、ポータブルナビは配線がごく簡単。取り外しも楽に行えるため複数の車で使い回せますし、電池駆動対応モデルであれば、自転車やバイク用ナビとしても使用できます。

また、据え置き型のカーナビと比べると、ポータブルナビは価格が安価。据え置き型カーナビの価格は安くても10万円ほどですが、ポータブルナビは2〜6万円程度で手に入ります。

現在発売されているポータブルナビは機能が高く、スマホのナビアプリが普及した現在も人気が衰えていません。次節からは、ポータブルナビの選び方や人気の高い機種、取り付け方法などを見ていくことにしましょう。

ポータブルナビの選び方

ポータブルナビにもいろいろなタイプがあり、性能や使い勝手は各機種で違っています。ポータブルナビの選び方を、5つのポイントに分けて見ていきましょう。

画面の大きさ

画面サイズは、ポータブルナビの使い勝手を左右する重要要素です。基本的には画面が大きいほど表示が見やすくなりますが、本体サイズも大きくなるため携帯性は悪くなります。

ポータブルナビの画面サイズは、3.5型〜9型とモデルによってさまざまです。画面の見やすさや操作性を重視するなら、7型以上の画面をもつモデルがおすすめ。携帯性を重視するなら、5型以下のモデルを選ぶとよいでしょう。

対応GPS

対応する「衛星測位システム」の種類も、ポータブルナビ選びのポイントです。衛星測位システムとは、人工衛星から送られる電波を使用した、地球上の現在位置を知るためのシステムのこと。アメリカ合衆国の「GPS」は、もっともメジャーな衛星測位システムです。

GPS以外にも、日本の準天頂衛星「みちびき」を使用するシステムや、ロシアの「グロナス(GLONASS)」など、衛星測位システムは複数存在します。基本的には、対応する衛星測位システムの数が多いほど、カーナビゲーションの位置情報は正確になると思ってください。

現在発売されているポータブルナビには、GPS、みちびき、グロナスのすべてを利用できる機種もあります。ポータブルナビを購入する際は、対応する測位システムの種類や数をチェックしてください。

VICS対応

「VICS(ビックス)」に対応しているか否かも、ポータブルナビ選びの重要ポイントです。VICSとは、渋滞や交通規制といった道路交通情報をカーナビに伝えてくれるシステム。情報は道路上に設置されたビーコン(ブルートゥース信号の発信器)や、FM多重放送を使って配信されます。

2015年4月には、VICSの2倍の情報を伝送できる「VICS WIDE」の本放送がはじまりました。少数ながら、ポータブルナビにもVICS WIDE対応機種が登場しています。ポータブルナビを選ぶ際は、VICSおよびVICS WIDEへの対応の有無をチェックしてみてください。

VICSの解説記事はこちら

地図の無料更新期間

地図の無料更新期間も、ポータブルナビを選ぶ際にチェックすべきポイントです。ポータブルナビに記録された地図データは、年月が経てば古くなってしまいます。最新地図を利用するにはデータの更新が必要となるのですが、全国版の地図データは1〜2万円程度と高額です。

そこで地図データ代の節約に役立つのが、ポータブルナビに付属する無料更新期間です。無料更新の提供期間内であれば、無償で地図データを更新することが可能。追加費用なしで、ポータブルナビの地図を最新の状態に保てます。

ただし、無料更新期間の長さや更新できる回数は、ポータブルナビの機種によって異なるので要注意です。また、メーカーによっては、無料更新期間そのものを設けていない場合があります。長期間の使用をみこしてポータブルナビを選ぶなら、無料更新期間の有無や期間の長さをチェックしてください。

カーナビの更新についてこちらの記事もご覧ください

対応TVチューナ|フルセグかワンセグか

ポータブルナビを選ぶ際は、対応するテレビ放送の種類もチェックしたいところです。ポータブルナビのTVチューナーで受信できる放送は、「ワンセグ」と「フルセグ」の2種類。両者では、画質が大きく異なります。

ワンセグの放送データ量は、フルセグの5分の1程度。データ量が少ないため、フルセグと比べるとワンセグは低画質です。これに対してフルセグは、家庭用テレビと同量のデータを使用します。つまり、フルセグ対応ポータブルナビがあれば、家庭用テレビと遜色ない画質で、テレビ放送を楽しめるのです。

ただし、フルセグはデータ量が膨大なため、アンテナが小さいポータブルナビでは安定した視聴ができません。また、フルセグ対応機に絞ると、選べるポータブルナビの種類が少なくなります。ポータブルナビ選びは、テレビ機能とほかの機能のバランスを考慮して行ってください。

ワンセグとフルセグの違いについてこちらの記事もご参照ください

次のページ