初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMWの新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018年最新版

BMWのラインナップは車格で数字がついている

BMWの現行車種の車名は、価格帯・車格・ボディタイプに応じた1〜8までのシリーズナンバーが割り振られます。
ラインナップするボディタイプはセダンクーペ・ツーリング(ステーションワゴン)を基本に、カブリオレ(オープンカー)やグランツーリスモ(ファストハッチバック)、グランクーペ(4ドアクーペ)などに細分化され、ボディタイプがそのまま車名として使用されます。
ミニバンモデルのアクティブツアラー/グランツアラーは、そのボディサイズから2シリーズに割り振られます。

セダンとは?

クーペとは?

1シリーズ

BMW 1シリーズ 2017年

1シリーズは、5ドアの小型ハッチバック。欧州Cセグメントに属するコンパクトカーながら、あえてスペース効率に不利なFRを採用する1シリーズは、BMWがこだわるドライブフィールへの強さをもっとも感じさせる車です。

価格

1シリーズ317〜652万円

「118i」のベースグレードは317万円とお手頃と思える価格ですが、スポーツグレードの「M Sport」、ラグジュアリーグレードの「Fashionista」は、さらに60万円ほど価格が上乗せされます。同じ2Lガソリンエンジンの上級モデル「120i」は450万円前後。最上級のスポーツモデル「M140i」は、Mモデルに迫る「632万円」と高価。ディーゼルエンジンで燃費のよい「118i」が約400万円ともっともコストパフォーマンスのよいモデルといえるでしょう。

燃費

118i18.1km/L
118d(ディーゼル)22.2km/L
120i15.9km/L
M14013.4km/L

「118i」の3気筒ターボはカタログ燃費で18.1km/Lをマークしますが、実燃費はやや伸び悩む12.5km/Lほど。4気筒ターボのは、それよりわずかに劣る11.5km/L。これまでの実績ある4気筒エンジンのほうがカタログ燃費に対してよい燃費性能を発揮するようです。
そして、ディーゼルエンジンの「118d」は実燃費で約16km/Lと抜群の燃費性能を誇ります。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2011年9月
モデルチェンジ2019年予定

現行型1シリーズは2011年9月に発売され、2015年にはフェイスリフトをともなうマイナーチェンジが実施されました。
フルモデルチェンジは2019年を予定。次期1シリーズは、FFとなりパワートレインが大きく変更されて登場する模様です。

2シリーズ

BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ 2017年

先代1シリーズにラインナップされていた、1シリーズクーペを引き継ぐ形で2013年に登場したのが2シリーズクーペ。小型クーペらしい軽快なハンドリングが魅力です。
2015年には日本市場に2L直4ターボの「カブリオレ」が追加されました。

同じく2シリーズに属するアクティブツアラー/グランツアラーは、BMWが送り出す初ミニバン
FRの2シリーズクーペに対し、FFレイアウトとすることでユーティリティスペースを確保し、MPV(マルチ・パーパス・ビークル)としての使い勝手と、BMWの「駆け抜ける喜び」を一体化したモデルです。
アクティブツアラーは5人乗り。グランツアラーは全長を200mm延長することで7人乗りを実現しました。

BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー 2018年

価格

クーペ515〜698万円
カブリオレ613〜633万円
アクティブツアラー374〜556万円
グランツアラー410〜515万円

プレミアムコンパクトクーペの2シリーズクーペの価格は515万円から。同ボディのカブリオレはやや高価な613万円。
BMWのミニバン・アクティブツアラーは、ガソリンエンジンのベースグレードが374万円。ディーゼルエンジンのベースグレードが399万円。
一方、7人乗りのグランツアラーは、ガソリンエンジンのベースグレードが410万円。ディーゼルエンジンのベースグレードが434万円。
ベースグレードに+30万円で「Sport」、+50万円で「Luxury」の2グレードが選択可能。
同じプラットフォームを有する2台ですが、7人乗りのグランツアラー最上グレードは、4気筒ターボの「220i」で価格が500万円前後。アクティブツアラーの最上グレードは、プラグインハイブリッドカーとなる「225xe」で535〜556万円という価格になります。

燃費

クーペ220i15.9km/L
M240i13.4km/L
カブリオレ220i15.8km/L
アクティブツアラー218i16.0km/L
218d(ディーゼル)20.0〜22.2km/L
225xe(ハイブリッド)17.6km/L
グランツアラー218i15.4km/L
218d (ディーゼル)20.0〜21.3km/L
220i15.5km/L

「220i」の4気筒ターボは実燃費が約13km/Lと優秀ですが、3.0L6気筒エンジンの「M240i」はおよそ7km/Lとハイパワースポーツカーらしい燃費です。
アクティブツアラー、グランツアラーも3気筒ターボの「118i」はカタログ燃費の7割ほどとなる11km/L。2シリーズでもディーゼルエンジンの「118d」は15.5km/Lの高い燃費性能を発揮します。
プラグインハイブリッドであるアクティブツアラー「225xe」の燃費はカタログでは17.6km/Lとなっていますが、実燃費はそれを大きく上回る23km/L。モーターだけでも41kmを走行することができます。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2014年2月(クーペ)
2015年3月(カブリオレ)
2014年12月(アクティブツアラー)
2015年6月(グランツアラー)
モデルチェンジ未定

2シリーズクーペは、2014年に販売開始され、「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」エモーショナル部門賞を受賞。
2018年の10月頃には、48Vマイルドハイブリッドを搭載した、2シリーズ グランクーペが追加発売される可能性が有力視されています。
2014年に登場したアクティブツアラーと、2015年に登場したグランツアラーのフルモデルチェンジは当分先と見込まれます。

3シリーズ

BMW 3シリーズ セダン 2017年

3シリーズは欧州Dセグメントに属するセダン。BMWの顔ともいえる3シリーズは高い実用性を備えながら、一級のスポーツ性能を備えます。
現在ラインナップされるのは、3シリーズセダンにステーションワゴンのボディを架装することで実用性を向上させた「ツーリング」。
セダンの精悍さはそのままに、クーペのような流麗なリアスタイルをもつファストバックの「グランツーリスモ」です。

BMW 3シリーズ グランツーリスモ 2017年

価格

セダン431〜850万円
ツーリング453〜872万円
グランツーリスモ660〜724万円

3シリーズセダンのガソリンエンジン搭載車の価格は469〜643万円に加え、廉価版の「SE」が431万円。6気筒エンジンの「340i」が846〜850万円。
ディーゼルエンジンは562〜636万円。ハイブリッドが610〜680万円。
ツーリングはセダンより約20万円ほど高い価格設定ですが、ハイブリッドは用意されていません。
グランツーリスモのガソリンエンジンは660〜669万円。ディーゼルエンジンが684〜724万円。
3シリーズのすべてのモデルにスポーツグレード「M Sport」と、ラグジュアリーグレード「Luxury」の2つのバリエーションが用意されています。

燃費

セダン318i17.2km/L
320i14.9〜16.0km/L
320d(ディーゼル)21.4km/L
330e(ハイブリッド)17.7km/L
340i13.5km/L
ツーリング318i17.0km/L
320i14.9〜15.4km/L
320d(ディーゼル)21.4km/L
330i15.4km/L
340i13.5km/L
グランツーリスモ320i15.4km/L
320d (ディーゼル)17.4〜19.4km/L

3気筒ガソリンターボの「318i」は実燃費で12km/Lほど。4気筒ガソリンターボの「320i」は11km/L前後とJC08モード燃費のおよそ7割ほどの実燃費となります。
ディーゼルエンジンの「320d」もカタログ燃費の7割にあたる15km/Lの高燃費ながら、安価な軽油は大きなメリット。ハイブリッドの「330e」はカタログ燃費と同じ17km/Lの高い燃費性能を叩き出します。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2012年2月
モデルチェンジ2019年初頭

2012年2月より発売された3シリーズはモデルチェンジが迫っています。
新型3シリーズは完全EV電気自動車)モデルが追加され、2019年初頭の登場が予想されています。

4シリーズ

BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ 2017年

かつて3シリーズの派生車種として設定されていた3シリーズクーペを、独立したモデルとしてナンバリングされたのがBMW 4シリーズです。
3シリーズの2ドアクーペではあるものの、クーペらしい回頭性の向上を狙ってホイールベースを短縮。3シリーズセダンとは異なる次元のスポーツ性能が与えられます。
オープンモデルの「カブリオレ」は、本格的なスポーツ走行もこなしながら実用性を備える4人乗りのオープンカー。
ファストバック4ドアの「グランクーペ」は、3シリーズグランツーリスモと外観は似通っていますが、4ドアのグランドツーリングカーとスポーツカーとして明確なキャラクター分けがなされています。

価格

クーペ593〜872万円
グランクーペ601〜880万円
カブリオレ952〜970万円

4シリーズは3種類のエンジンラインナップと、それぞれに「M Sport」「Luxury」が用意されます。
クーペの「420i」は593〜614万円。「430i」は719〜739万円。「440i」は855〜872万円。
グランクーペの「420i」は601〜642万円。「430i」は671〜688万円。「440i」は834〜850万円。
グランクーペの「420i」にのみ設定されるxDrive4WDは、+30万円で選ぶことができます。
カブリオレは、「440i」のみの設定で952〜970万円です。

燃費

クーペ420i16.0km/L
430i15.4km/L
440i13.5km/L
グランクーペ420i14.9〜16.0km/L
430i15.4km/L
440i13.5km/L
カブリオレ440i12.3km/L

クーペ、グランクーペの「420i」の実燃費は、カタログ燃費の6割ほどの10km/L前後。
「430i」も同じく6割ほどの9km/L前後。カブリオレを含む、6気筒ターボの「440i」にいたっては市街地走行では8km/L強。しかし、高速道路では空気抵抗の少ないクーペボディの恩恵でカタログ燃費と同等の高燃費をマークします。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2013年9月
モデルチェンジ2020年ころ

3シリーズセダンの発売から約1年遅れて発売された4シリーズクーペ。正式なアナウンスはありませんが、新型3シリーズ発売後の2020年ころのフルモデルチェンジが予想されます。

5シリーズ

BMW 5シリーズ セダン 2016年

BMW 3シリーズより一回り大きな欧州Eセグメントに属するBMW 5シリーズ。
3シリーズよりも上質な快適性が求められる高級サルーンでありながらドライバーズカーとしても優秀です。
5シリーズ ツーリングは、高級サルーンの快適性とワゴンの利便性を高いレベルで融合したステーションワゴン。あらゆる状況で最高のユーティリティとパフォーマンスを発揮します。

価格

セダン646〜1,075万円
ツーリング679〜1,108万円

5シリーズは5種類のパワートレインそれぞれに「M Sport」「Luxury」が用意されます。
2.0L4気筒ターボの「523i」の価格は646〜794万円。2.0L4気筒ディーゼルの「523d」は、747〜819万円。
2.0Lターボの高出力版「530i」は813〜838万円。ハイブリッドの「530e」は827〜852万円。
6気筒ターボ「540i」は1,030〜1,044万円。「540i」にのみ+30万円でxDriveが用意されます。
ステーションワゴンのツーリングは、セダンのおよそ30〜35万円高の価格で販売されています。

燃費

セダン523i13.9km/L
523d(ディーゼル)21.5km/L
530i15.1km/L
530e(ハイブリッド)17.4km/L
540i12.5km/L
ツーリング523i未公開
523d(ディーゼル)19.4km/L
530i14.1km/L
540i11.9km/L

5シリーズの実燃費は総じて、JC08モード燃費の7割ほどをクリアしています。
ガソリンエンジンの実燃費は、10km/Lをやや割り込む程度。
もっとも出力の低い「523i」はやや動力性能が不足しているようで、実燃費が悪化しているようです。
ハイブリッドの「530e」は11〜13km/L。5シリーズを実用的な燃費まで引き上げます。
しかし、それを差し置いても目立つのが「523d」。ディーゼルの高トルクで重い5シリーズを15km/Lの燃費で走らせます。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2017年1月(セダン)
2017年6月(ツーリング)
モデルチェンジ未定

2017年1月にセダンが、同年6月にツーリングが発売されたばかりの5シリーズですので、モデルチェンジは当分先になるものと思われます。

6シリーズ

BMW 6シリーズ クーペ 2015年

BMW 6シリーズは、高いグランドツーリング性能をもつラグジュアリークーペ
大型クーペならではの上質な乗り味と、4.5L V8エンジンが繰り出すパワフルな走行性能を備えるスーパースポーツカーであり、BMWの躍動がもっとも感じられるモデルです。
オープンスポーツの「カブリオレ」と、ハイパフォーマンスを備えた4ドアクーペの「グランクーペ」「グランツーリスモ」がラインナップされます。

BMW 6シリーズ グランクーペ 2017年

価格

クーペ1,100〜1,462万円
グランクーペ1,135〜1,485万円
カブリオレ1,203〜1,562万円
グランツーリスモ868〜1,116万円

6シリーズ2種類のガソリンエンジンに「M Sport」「Luxury」を設定。
3.0Lターボエンジンクーペ「640i」の価格は1,100〜1,181万円。4.4LV8エンジンを搭載したクーペ「650i」は、1,413〜1,462万円。後部座席ドアが追加されたグランクーペは+30万円。
オープンモデルのカブリオレは、クーペの価格に+100万円で購入することができます。
グランツーリスモは、2.0Lターボの「630i」が868〜898万円。3.0Lターボの「640i」は、xDriveのみのラインナップで1,116万円です。

燃費

クーペ640i12.2km/L
650i9.6 km/L
グランクーペ640i12.0〜12.4km/L
650i9.6km/L
カブリオレ640i11.6km/L
650i9.6 km/L
グランツーリスモ630i14.3km/L
640i10.9km/L

出力エンジンを搭載する、大型グランドツーリングクーペの6シリーズは燃費が悪いと思われがちですが、現行型は車格を考慮しても燃費がよい傾向にあります。
3.0L直列6気筒ターボを搭載する「640i」の燃費は市街地走行で8km/L前後。高速走行では12km/Lを超えることもある燃費性能です。
「650i」のJC08モード燃費は9.6km/L。実燃費のデータはありませんが、同じエンジンが搭載された7シリーズ同様、実燃費7km/L前後になると思われます。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2011年2月(カブリオレ)
2011年8月(クーペ)2012年6月
(グランクーペ)
2017年10月(グランツーリスモ)
モデルチェンジ2018年(BMW 8シリーズ クーペ)

6シリーズ グランツーリスモは2017年に現行フェイスで登場したばかり。
2011年より販売されモデルチェンジ差し迫る6シリーズクーペは、8シリーズへと移行し2018年の発売が見込まれています。

7シリーズ

BMW 7シリーズ 2016年

BMWのフラッグシップセダンが7シリーズ。
BMWセダンの最高峰に位置するだけでなく、世界中のラグジュアリーセダンが進むべき道の牽引役でもあります。
最上級グレードには、パワフルでどこまでも滑らかに回転するV12エンジンが搭載されます。

価格

セダン1,093〜2,520万円

7シリーズの価格は、2.0L4気筒ターボエンジンハイブリッドを組み合わせた「740e」がもっとも安価な1,093〜1,359万円。
3.0L 直列6気筒ディーゼル・ターボの「740d」は、4WDのxDriveが標準装備で、価格が1,426〜1,498万円。3.0L 直列6気筒ターボの「740i」が1,374〜1,424万円。4.4L V型8気筒ターボの「750i」が1,614〜1,622万円。
「740e」を除くそれぞれに「L」のコードで表された、ボティストレッチ版のリムジンモデルが用意されます。
トップグレードの6.6L V型12気筒を搭載したリムジン「M760Li xDrive」は、2,520万円のワンプライスです。

燃費

セダン740e (ハイブリッド)15.6km/L
740i12.2km/L
740d(ディーゼル)15.4km/L
750i9.8km/L
740Li12.2km/L
740Ld(ディーゼル)15.4km/L
750Li9.8km/L
M760Li7.6km/L

「740i」の実燃費はJC08モード燃費12.2km/Lに対して9.5km/L。「750i」は9.8km/Lに対して7.5km/L。ディーゼルエンジン搭載の「740d」は15.4km/Lに対して10km/L。
かつての7シリーズと比較すると格段に燃費がよくなっています。
注目すべきは、プラグインハイブリッドの「740e」。JC08モード燃費15.6km/Lですが、エンジンを発電機としてモーターで駆動するシリーズ・ハイブリッドとしても使うことが可能。それによりCこのクラスでは異例の11km/Lオーバーの燃費を叩き出します。
V型12気筒「M760Li xDrive」のデータはありませんが、JC08モード燃費は7.6km/L。実燃費は、よくても5km/L程度と予想されます。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2015年10月
モデルチェンジ2019年以降

2015年に発売された7シリーズのフルモデルチェンジはまだ先ですが、2018年秋ころにビッグマイナーチェンジの発表が行われると予想されています。
新型7シリーズの発売は2019年以降になると思われます。

8シリーズ(新型)

BMW 8シリーズ

初代BMW 8シリーズは、初代6シリーズの後継として1990年に登場したフラッグシップクーペ
1999年に生産を終了したまま途絶えていた8シリーズが、約20年ぶりに復活予定です。
BMW新型8シリーズクーペは、2018年6月15日に開催されたル・マン24時間耐久レース会場にて、すでに公開されています。

発売日・モデルチェンジ予想

発売日2018年
モデルチェンジ-

現行6シリーズを継承し、2018年に発売が見込まれ復活を遂げる8シリーズ。
追加の情報では、8シリーズと思われるカブリオレモデルのテストプロトタイプが目撃されており、旧8シリーズで実現しなかったカブリオレモデルの登場が示唆されています。また、V12エンジンを搭載したM8が登場するかどうかも期待がもたれています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!