初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

国産・外車オープンカーの安い中古車おすすめ人気ランキング【価格帯別/2018年最新版】

国産車と外車の、人気があって安いおすすめオープンカーを価格帯別にピックアップ!全9車種をランキングで紹介します。近年のオープンカーは信頼性が向上し、中古でも購入しやすくなっています。オープンカーの購入を検討している方、必見です。

中古なら安い?オープンカーにも手が届く!

オープンカー

©Shutterstock.com/ Jack Frog

誰もが一度は乗ってみたいと憧れるオープンカー。購入に踏み切れない最大のネックは、実用性の低さに対する価格の高さかもしれません。

「屋根がないのだから、その分安くてもよいのでは?」という考えは、実は大きな間違い。オープンカーは屋根がないぶん、ボディの土台部分だけで必要な車体剛性を確保しなければなりません。そのための補強により車重が増え、価格も上昇してしまうのです。
さらに、屋根が自動で開閉するモデルはさらに高価に。このように様々な理由があり、オープンカーはもっぱら嗜好品という立ち位置になっています。

そんなオープンカーですが、中古車なら安価に購入することができます。本記事では、オープンカーの価格帯別に、独自に作成した人気・おすすめランキングを紹介。
走行距離は10万km以下、修復歴なしを条件に、コンディションや人気を加味した〜50万円・〜100万円・〜200万円の価格帯別で購入できる国内・海外のおすすめ中古オープンカーをピックアップします。

オープンカーの購入を初めて検討する方はこちらも

価格帯別おすすめの安い中古オープンカーをご紹介

オープンカー

©Shutterstock.com/ zzveillust

オープンカーは新車価格が高いぶん初期の値落ちは大きいものの、基本的に高値で安定します。また、 その希少性からプレミア価格がついて驚くような価格で取引される車も珍しくありません。それでも売れるのは、どうしてもオープンカーに乗りたいと指名買いするお客さんが少なからずいるからです。
しかしそれでも、新車価格や状態に対して比較的安価なモデルもいくつか存在します。

それでは「50万円以下」「〜100万円以下」「〜200万円以下」の比較的安価な3つの価格帯ごとにおすすめの厳選中古オープンカーを見ていきましょう。

50万円以下で買えるオープンカー中古人気おすすめランキングTOP3!

この価格帯の中古オープンカーの特徴

50万円以下で買える格安オープンカーの代表とされるのは、マツダ初代(ユーノス)ロードスター。他にフォルクスワーゲン ゴルフやビートルのカブリオレモデル、BMW Z3など2000年前後の車種が挙げられます。玉数が多く、年式が古めのラインナップが特徴ですが、経年劣化による雨漏りが一番の心配です。
購入に踏み切りやすい金額とはいえ、後々のトラブルを考えるとオープンカー初心者が購入するには向かない価格帯です。

1位:マツダ ロードスター

初代マツダ(ユーノス)ロードスターは、高価なオープンスポーツカーを誰でも乗れるようにと開発された車であり、世界中で絶大な人気を誇るオープンカーです。

50万円以下で買えるのは、1989年に登場した初代ロードスターと、1998年にフルモデルチェンジした2代目ロードスター。なかでもおすすめは2代目ロードスターの後期型です。
型式からNBロードスターと呼ばれる2代目ロードスターの後期型は、2000年のマイナーチェンジでエンジンとシャシーに大きく手が加えられ、信頼性と走行性能が強化されています。FRらしい素直なハンドリングで、スポーツカーとしても手本とされるオープンカーです。

最新「ロードスター」中古車情報!

本日の在庫数 912
平均価格 132.8万円
本体価格 13〜374万円
Pick up!
Pick up!

2位:ダイハツ コペン

軽自動車ながら高級車に搭載される電動ハードトップの装備で話題になった、初代ダイハツ コペン。キュートなルックスと高剛性のボディに4気筒ターボエンジンを搭載。軽自動車とは思えぬスポーティな走りが魅力的の2シーターオープンです。

プレミアムな軽自動車として新車価格が高めに設定されていた初代コペンは、2代目コペンの登場により大きく中古価格を引き下げ、今や安価で気軽にオープンスポーツを楽しめる車になりました。

コペンの最大のウリである電動格納式アクティブトップはスイッチを押すと、20秒ほどで自動的に開閉が完了。いつでも気兼ねなくオープンエアが楽します。

最新「コペン」中古車情報!

本日の在庫数 1,142
平均価格 104.8万円
本体価格 19.8〜350万円
Pick up!
Pick up!

3位:プジョー 206CC

個性的なフロントフェイスとスタイリングで人気を博し、世界ラリー選手権でも輝かしい成績を残した206のオープンモデル・プジョー 206CCが人気の第3位です。

CCとは「クーペカブリオレ」の略語で実用性重視の2ドアオープンカーを指します。電動開閉式ハードトップを装備したプジョー206CCは、狭いながらも後席があり、荷室も一般的なオープンカーよりも広くとられて実用にも耐える造り。他のプジョー車同様、フランス仕込みのしなやかな足回りながら、高い高速安定性を誇る優れたシャシーが魅力です。
玉数は多くないものの、実用性と上品かつオシャレなルックスを兼ね備えたオープンカーに乗りたいのならばプジョーCCがおすすめです。

最新「206」中古車情報!

本日の在庫数 103
平均価格 32.8万円
本体価格 1〜95万円
Pick up!
Pick up!

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!