初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車中泊におすすめの車種の選び方|ボディタイプ別おすすめ車種からグッズも紹介

車中泊におすすめの車種一覧|ボディタイプ別

車中泊に適したボディタイプと、ボディタイプ別に最適な車種1台をピックアップしてご紹介します。

軽バン

ホンダ N-VAN +STYLE FUN

走行時の快適性は優れているとは言えない軽バンですが、 たくさんの荷物を積むためフルフラットになる荷室や無駄を省いたシンプルな内装は車中泊に適しています。

ただし、軽自動車規格により車内スペースは限られますので大柄な人にはやや不向きといえます。

ホンダ N-VAN

2018年7月13日に発売されたホンダ N−VANは、ホンダ N-BOXをベースとした軽商用バン。パワートレーンをコンパクトにまとめ、居住性を最大限に確保した軽自動車トップクラスの室内空間は、車中泊でも活躍します。

また、車内で家電製品が使える「外部電源キット」や「テールゲートカーテン」など、車中泊用のオプション装備が多数用意されている点も魅力です。

ミニバン

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

ベース車として名前が挙がっているトヨタ アルファード

ミニバンは車中泊にもっとも適した車種といえるでしょう。広い荷室と頭上空間は、十分なスペースを備えるため、1人ならず2人で車中泊といった使い方も可能です。

トヨタ アルファード/ヴェルファイア

広大な室内空間をもつトヨタ アルファード/ヴェルファイアでの車中泊は快適そのもの。快適なシートがあるため、商用車のようにフルフラットにはなりませんが、厚手のマットを敷けば快適な寝室ができあがります。

高級車ならではの静粛性とハイブリッドカーのラインナップも快適な車中泊に一役買います。

SUV

三菱 アウトランダーPHEV

高いオフロード性能をもつSUVは、人里離れた山奥や浜辺で車中泊ができるのが特徴です。

ミニバンの快適性にはおよびませんが、大型SUVならば必要十分な快適性を確保できるでしょう。小型でもフルフラットになる車種が多いため、工夫次第では快適な空間をつくることができます。

三菱 アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEVの荷室はシートを倒すだけでフルフラットになります。

プラグインハイブリッドの大容量バッテリーで、エンジンが停止していても冷暖房が使えるため、真夏のサーフィン、真冬のウィンタースポーツでも大活躍。仮にバッテリーがなくなったとしても、自動的にエンジンがかかって充電するように制御されているので、安心して車中泊を楽しむことができます。

ステーションワゴン

ホンダ シャトル

全長の長いステーションワゴンは頭上スペースこそ狭いものの、多くの車種が人ひとりが横になれる長大な室内長を確保します。商用バンの使い勝手を備えた乗用車であるステーションワゴンはフルフラットになる車種が多いため、見た目よりも車中泊に適した車といえます。

ホンダ シャトル

ホンダ シャトルは、前席下に燃料タンクを搭載した「センタータンクレイアウト方式」を採用した恩恵により、後部座席をたたむと完全にフラットなラゲッジスペースが出現します。また、ホンダの底床化技術により、一般的なステーションワゴンよりも頭上空間に余裕を確保。

高い運動性能と広い室内空間を備えるホンダ シャトルは、車中泊での長距離ツーリングに最適なステーションワゴンです。

快適な車中泊にはグッズが必須!

車中泊・アウトドア・キャンプ

©Shutterstock.com/ David Pereiras

快適な車内泊を実現するためには車選びがもっとも重要ですが、さまざまな車中泊グッズを活用すればより多くの車で車中泊をすることが可能になります。車中泊をする上で欠かせない、必須グッズをご紹介していきます。

エアーマット

車中泊での睡眠時には、エアーマットが最適です。空気で膨らむエアーマットならば、使わないときは畳んでコンパクトに収納し、使用時には膨らんで好みの硬さに調整することができるので、快適な車中泊の大きな助けになるでしょう。

エアーマットの空気の入れ方で種類が分けられ、呼息を吹き入れるタイプ、電動ポンプでふくらませるタイプ、バルブを開けると自動的に空気が入るタイプの3種類が販売されています。

遮光サンシェード・カーテン

車の四方を囲むガラスは熱と光と音を通しやすい物質。ウィンドウからの強い日差しと外気温を遮断するため、車内のプライバシーを守るために遮光サンシェード・カーテンは車中泊の必須装備です。

車内で寝泊まりするということは無防備な姿を晒すこと。人間は狩猟時代から猛獣から身を守るための防衛機能として、寝ている時でも周りに注意を払っていますので、車の脇をただの通行人が通っただけでも警戒心から目が覚めてしまうものです。 外と車内を視覚的に遮断し、警戒心を解くことが車中泊での安眠につながります。

開閉にはカーテンタイプが便利ですが、断熱性と防音性に優れる車種専用の厚手の遮光パッドタイプがおすすめです。

インバーター

車のDC12電源VをAC100Vに変換する車載インバーターは、普段使っている家電製品をそのまま車内で使うことができる便利な装備。一般的な車載インバーターの最大消費電力は150W〜300Wほどなので、同時に使える家電製品は限られますが、快適な車中泊をするためにはぜひとも装備したいグッズです。

エンジン停止中に使用してバッテリー上がりにはくれぐれも注意をしてください。車内電力用のサブバッテリーを追加するとエンジン停止状態でも気兼ねなく家電製品を使うことができます。

おすすめ車種とグッズを揃えて車中泊を楽しもう!

快適な車中泊ができれば、車の機動力を最大限に活かした自由気ままな旅や趣味をより楽しむことができるようになります。そのためには、しっかりと身体を休めることのできる環境を整えることが重要です。

車中泊に最適な車種を選び、便利な車中泊用グッズでアレンジを加えることで、心身ともに快適な空間へとコーディネートしましょう。それが車中泊を楽しむコツです。

車中泊に関する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!