初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【2018年版】車の人気ランキング!全ボディタイプ混合で売れ筋モデルは?

おすすめ人気車【第6位】日産 セレナ(ミニバン)

日産を代表するミドルクラスミニバン、セレナ。2016年に5代目モデルが発売されました。

現行モデルでは、エンジンを発電のみに使用してモーターで走行するシステム「e-POWER」の設定が登場。ランクインしているモデルの中でもっとも大型のボディを持ちますが、カタログ燃費では軽自動車にも引けを取りません。

また、高速道路の単一車線上における半自動運転システム「プロパイロット」も設定されており、家族旅行などで長時間の運転を一人で任されるお父さんドライバーにもおすすめです。

セレナのスペック

発売日2018年2月 e-POWERデビュー
2016年8月 5代目デビュー
ボディサイズ全長:4,690~4,770
全幅:1,695~1,740
全高:1,865~1,875(mm)
車両重量1,630~1,770Kg
乗車定員7/8人
エンジンガソリン:2.0L 直列4気筒DOHC
ハイブリッド:2.0L 直列4気筒DOHC+モーター
e-POWER:1.2L 直列3気筒DOHC+モーター
最高出力ガソリン:110kW[150PS]/6,000rpm
ハイブリッド(総出力):111.9kW[152.6PS]
e-POWER(モーター出力):100kW[136PS]
最大トルクガソリン:200N・m[20.4kgf・m]/4,400rpm
ハイブリッド:エンジン=200N・m[20.4kgf・m]/4,400rpm
モーター=48N・m[4.9kgf・m]
e-POWER(モータートルク):320N・m[32.6kgf・m]
トランスミッションガソリン・ハイブリッド:CVT
e-POWER:-
駆動方式ガソリン:FF
ハイブリッド:FF・4WD
e-POWER:FF
JC08モード燃費ガソリン:15.0km/L
ハイブリッド:15.0~17.2km/L
e-POWER:26.2km/L
燃料レギュラー
新車車両価格ガソリン:244万円
ハイブリッド:249万~357万円
e-POWER:297万~382万円

セレナの中古車価格

最新「セレナ」中古車情報!

本日の在庫数 6,978
平均価格 146.1万円
本体価格 0.1〜100000万円
Pick up!
Pick up!

セレナについて詳しくはこちら

おすすめ人気車【第7位】日産 ノート e-POWER(コンパクト)

2016年12月、日産 ノートに新たに追加されたノート e-POWER。シリーズ方式のハイブリッドシステム「e-POWER」を、量産型コンパクトカーとして世界ではじめて搭載しました。

エンジンを発電のみに使用してモーターで走行するため、電気自動車と同等の加速性能が発揮可能。ライバルのアクアと比較すると価格は高めですが、燃費性能は互角、動力性能はよりパワフルです。

ノート e-POWERのスペック

発売日2016年11月 ノート e-POWERデビュー
2012年9月 2代目ノートデビュー
ボディサイズ全長:4,100
全幅:1,695
全高:1,520~1,525(mm)
車両重量1,190~1,310Kg
乗車定員5人
エンジン1.2L 直列3気筒DOHC+モーター
最高出力モーター出力:フロント=80kW[109PS]/3,008~10,000rpm
リア=3.5kW[4.8PS]/4,000rpm
最大トルクモータートルク:フロント=254N・m[25.9kgf・m]/0~3,008rpm
リア=15kW[1.5PS]/1,200rpm
トランスミッション-
駆動方式FF・4WD
JC08モード燃費28.8~37.2km/L
燃料レギュラー
新車車両価格190万~264万円

ノートの中古車価格

最新「ノート」中古車情報!

本日の在庫数 5,725
平均価格 101.6万円
本体価格 1〜100000万円
Pick up!
Pick up!

ノート e-POWERについて詳しくはこちら

おすすめ人気車【第8位】トヨタ プリウス(セダン)

トヨタを代表するハイブリッド車、プリウス。1997年に世界初の量産ハイブリッド車として登場して以来、トップクラスの環境性能を誇るモデルとして人気を博してきました。

現行の5代目プリウスでは、JC08モードで40.8km/Lという、自動車全体でもトップクラスの燃費性能を発揮。今回ランクインした売れ筋モデルの中で、もっとも低燃費のモデルとなっています。

プリウスのスペック

発売日2015年12月 4代目デビュー
ボディサイズ全長:4,540
全幅:1,760
全高:1,470~1,475(mm)
車両重量1,310~1,460Kg
乗車定員5人
エンジン1.8L 直列4気筒DOHC+モーター
最高出力ハイブリッド(総出力):130.3kW[177.2PS]
最大トルクハイブリッド:エンジン=142N・m[14.5kgf・m]/3,600rpm
フロントモーター=163N・m[16.6kgf・m]
リアモーター=55N・m[5.6kgf・m]
トランスミッション電気式無段変速機
駆動方式FF・4WD
JC08モード燃費34.0~40.8km/L
燃料レギュラー
新車車両価格243万~339万円

プリウスの中古車価格

最新「プリウス」中古車情報!

本日の在庫数 9,784
平均価格 136.3万円
本体価格 100〜100000万円
Pick up!
Pick up!

プリウスについて詳しくはこちら

おすすめ人気車【第9位】ダイハツ ミライース(軽ワゴン)

エコ&スマートをコンセプトに、誰もが手軽に乗れるエコカーとして開発されたダイハツ ミライース。軽量高剛性ボディ「Dモノコック」の採用や樹脂パーツの積極的な使用、各部品の最適化によって軽量化を図り、非ハイブリッド車ながら35.2km/Lという燃費性能を実現しました。

ランクインした売れ筋モデルの中でもっとも低価格帯に属しており、全車エコカー減税の免税が適用されるため、できるだけコストを抑えて車に乗りたい人におすすめです。

ミライースのスペック

発売日2017年5月 2代目デビュー
ボディサイズ全長:3,395
全幅:1,760
全高:1,500~1,510(mm)
車両重量650~740Kg
乗車定員4人
エンジン658cc 直列3気筒DOHC
最高出力36kW[49PS]/6,800rpm
最大トルク57N・m[5.8kgf・m]/5,200rpm
トランスミッションCVT
駆動方式FF・4WD
JC08モード燃費32.2~35.2km/L
燃料レギュラー
新車車両価格84万~134万円

ミライースの中古車価格

最新「ミライース」中古車情報!

本日の在庫数 4,770
平均価格 68.9万円
本体価格 10〜100000万円
Pick up!
Pick up!

ミライースについて詳しくはこちら

おすすめ人気車【第10位】トヨタ ルーミー(トールワゴン)

2016年に登場したコンパクトトールワゴンのトヨタ ルーミー。広い室内空間や優れた使い勝手といったミニバンの魅力を、コンパクトカーサイズで実現しています。

コンパクトカーとしてランクインしたアクアやノートe-POWERと比較すると、燃費性能では敵いませんが、居住性や機能性ではルーミーの圧勝です。ワンタッチで開閉できる電動両側パワースライドドアの存在も、手の離せない小さな子供のいるファミリー層にとって嬉しいポイントです。

ルーミーのスペック

発売日2016年11月 初代デビュー
ボディサイズ全長:3,700~3,725
全幅:1,670
全高:1,735(mm)
車両重量1,070~1,130Kg
乗車定員5人
エンジン1.0L 直列3気筒DOHC NA
1.0L 直列3気筒DOHCターボ
最高出力NA:51kW[69PS]/6,000rpm
ターボ:72kW[98PS]/6,000rpm
最大トルクNA:92N・m[9.4kgf・m]/4,400rpm
ターボ:140N・m[14.3kgf・m]/2,400~4,000rpm
トランスミッションCVT
駆動方式NA:FF・4WD
ターボ:FF
JC08モード燃費NA:22.0~24.6km/L
ターボ:21.8km/L
燃料レギュラー
新車車両価格NA:146万~201万円
ターボ:180万~197万円

ルーミーの中古車価格

最新「ルーミー」中古車情報!

本日の在庫数 449
平均価格 158.5万円
本体価格 103.6〜89.9万円
Pick up!
Pick up!

ルーミーについて詳しくはこちら

売れ筋の人気車はリセールバリューも高いのでおすすめ!

2018年全ボディタイプ混合人気ランキングまとめ

順位メーカー名車名ボディタイプ販売台数
1ホンダN-BOX軽トールワゴン85,747
2スズキスペーシア軽トールワゴン54,970
3ダイハツタント軽トールワゴン51,087
4スズキワゴンR軽トールワゴン44,447
5トヨタアクアコンパクト44,181
6日産セレナミニバン39,454
7日産ノート e-POWERコンパクト36,659
8トヨタプリウスセダン34,320
9ダイハツミライース軽ワゴン31,261
10トヨタルーミートールワゴン29,711

全ボディタイプ混合の売れ筋人気ランキングをお伝えしました。

ランクインしたモデルの傾向として軽自動車が5車種でもっとも多く、次点でコンパクトカーが3車種、ミニバン1車種、セダン1車種という結果に。とくに軽自動車は、1位から4位までを軽トールワゴンが占めるなど、非常に高い人気があることがわかりました。

こういった売れ筋モデルを選ぶメリットとしては、人気車のならではの豊富な選択肢があることや、生産台数が多いため納期が短いこと、リセールバリューが高い場合があるといったことが挙げられます。また、売れ筋モデルを中古車や新古車で購入する際にも、玉数が多いため状態のいい個体が安く手に入る可能性があります。

自動車選びで迷ってしまうという人は、上記のメリットがある人気車の購入がおすすめです!

ボディタイプごとの人気おすすめランキングもチェック

最後に、各ボディタイプごとの特徴と、それぞれの人気おすすめランキングをまとめて紹介します。

軽自動車の人気おすすめランキング

軽自動車の特徴は?

軽自動車とは、日本の自動車の分類で、最も小さい規格に当てはまる自動車のことです。
低価格・低燃費であることに加えて、かかる税金も少ないので、他のボディタイプと比較すると維持費が非常に安いという特徴があります。
現在の規格では、以下の条件に当てはまる自動車が軽自動車となります。

全長3,400mm以下
全幅1,480mm以下
全高2,000mm以下
排気量660cc以下
定員4名以下
積載量350kg以下

ミニバンの人気おすすめランキング

ミニバンの特徴は?

明確な定義はありませんが、一般的に6人以上の乗車定員であり、ワゴンタイプのボディを持つ車種のことをミニバンと呼びます。
普通車では最大クラスの室内空間を持ち、大人数が乗れて積載量も大きいので、ファミリーカーやアウトドア用の車に適しています。

SUVの人気おすすめランキング

SUVの特徴は?

SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークルの略称です。
その定義は非常にあいまいですが、日本では大きなタイヤを履いて車高が高く、悪路での走行性能に比較的、優れた車種をSUVに分類しています。

コンパクトカーの人気おすすめランキング

明確な定義はありませんが、日本では普通車のうち「5ナンバー」サイズに含まれる、小型のハッチバックやトールワゴンのことをコンパクトカーと呼ぶ傾向にあります。
低燃費・低価格で維持費が安いという点では軽自動車と同じですが、コンパクトカーは軽自動車と違って、排気量660cc以上のエンジンを搭載することができるので、より高い走行性能を持つことができるのです。
また、安全性においても軽自動車よりコンパクトカーの方が高いという特徴があります。

セダンの人気おすすめランキング

セダンの特徴

セダンとは一般的に、ボンネットを持ち、座席とトランクルームが分けられた3ボックスタイプの乗用車のことを指します。
自動車の最もスタンダードなスタイルであるセダンは、高い走行性能を持ち、室内の快適性や乗り心地に優れるという特長を持ちます。
その反面、積載容量は少なく、ミニバンやSUVのように座席を倒して、貨物スペースを拡げるといったことはできません。

ステーションワゴンの人気おすすめランキング

ステーションワゴンの特徴

ステーションワゴンとは、一般的に2ボックス(ボンネットがあり、キャビンと荷室が一体化しているボディタイプ)で車高の低い車種のことを指します。
セダン並みの走行性能と室内の快適性を持ち、セダン以上の荷室容量を確保しているという点が、ステーションワゴンにおける最大の特長です。

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!