初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【今新車でセダンを選ぶなら】国産セダン価格帯別おすすめ車種超厳選3選!

昔は乗用車といえば「セダン」といわれるほどセダンの人気は高かったのですが、現在はSUV・コンパクトカーの人気が高くセダンの人気は衰退してしまっていますね。この記事では、新車を検討中の方に、それでもあえて、セダンを選ぶならというテーマで厳選した3台を紹介します。

セダンの魅力とは?

トヨタ クラウン(後部座席)

セダンの魅力とは「広いキャビン」と「トランクが別になっている」ことで、移動中に「快適な空間」で落ちついたり、楽しむことができることでしょう。セダンとは「ボンネット」「キャビン(前後2列の座席)」「トランク」をもつ、ノッチバック型(3ボックス)の乗用車で、現代では2列の座席にドアがある「4ドア セダン」が主流となっています。

現在人気が高い車種はSUVとコンパクトカーですが、SUVは多くの荷物が積めるので家族連れ・アウトドア・買い物に向いていますが、キャビンとトランクの仕切りがないことから、貨物車に乗っていること同じでセダンの落ち着いた空間とは異なります。

コンパクトカーは日本の道路・駐車場事情には有利で扱いやすいことから女性の人気も高いのですが、キャビンが狭く後部座席に大人が乗ると窮屈になることが多くセダンの快適さはありません。

王族・皇族や大企業の役員などが利用する車はセダンが多く、「セダン=高級車」というイメージがある通り、セダンには贅沢な仕様も多いのが魅力の一つと言えるでしょう。

今あえて、新車でセダンを買うなら?

さて、セダンの魅力を紹介したところで今、新車でセダンを買うならどの車種を買うべき?というテーマで、価格帯別に3車種ピックアップしました。

セダンと言うと、高級なイメージですが、新車でも200万円から購入できるモデルも存在します。

エントリーセダン〜200万|抜群のコストパフォーマンスを実現

ホンダ グレイス LX

ホンダ グレイス LX

ホンダ グレイス LX は2014年12月1日に公式発表されたコンパクトカーをベースとし高い燃費性能を持ちながら、アッパーミドルクラスセダンがもつ広いキャビンを実現した新しい「コンパクトセダン」です。

発表当初のラインナップはハイブリッドのみでしたが「ハイブリッドLX」をベースとして、2015年6月にガソリン車であるグレイスLX(FF/4WD)が加わりました。

グレイス LX(FF):198万円(税込)

 ・アッパーミドルサイズのキャビン
 ・JC08モード燃費:22.0km/L

200万円以下でセダンとコンパクトカーの魅力を体感できる、コストパフォーマンスに優れたセダンの入門車として最適な1台といえます。

ホンダ グレイスについてはこちら!

ミドルセダン〜400万|スポーツカー並みの走行性能を楽しむ

スバル WRX S4 2.0GT-S EyeSight

スバル WRX S4

WRXとはかつて「インプレッサ」のスポーツバージョンでしたが、その後マイナーチェンジで車名から「インプレッサ」が外れ、「スバル WRX STI」となったその後の後継車に当たり、現在は「WRX STI」と「WRX S4」がラインナップされています。

スバル WRX S4 2.0GT-S EyeSight:374万円

WRX S4はWRX STIをより多くのユーザー層をターゲットにした「スポーツセダン」として、セダンとしての利便性とスポーツカーとしての二面性を持った、ファミリーカーでありながら走りも楽しめる贅沢なセダンといえます。

スバル WRX S4についてこちら!

高級セダン500万〜|大人な走りを楽しむ

トヨタ クラウン 2.0G

トヨタ クラウン

トヨタ クラウンは15代目として2018年6月26日にフルモデルチェンジされ、全モデルに車載通信機DCMを標準搭載した「初代コネクティッドカー」としてデビューしました。

プラットフォームに「TNGA」にもとづく新プラットフォームを採用し、「走る・曲がる・止まる」といった車の基本性能を向上させた新型車です。

トヨタ クラウン 2.0G:542万円

クラウンのエクステリア/インテリアともに洗練されたデザインに「Toyota Safety Sense」を全モデルに標準装備し、コネクティッドカーとしての機能はまさに「大人のセダン」として走りを楽しむことができる「セダン」です。

トヨタ クラウンについてはこちら!

高級ミニバンvs高級セダン おすすめはどっち?

影が薄れつつあるセダンをあえて今、選ぼう

トヨタ クラウン

ホンダ グレイス LXスバル WRX S4
2.0GT-SEyeSight
トヨタ クラウン 2.0G
エンジン種類直列4気筒水平対向4気筒直列4気筒
排気量1.5L2.0L2.0L
最高出力97[132]/6,600221[300]/5,600180[245]/5,200〜5,800
最大トルク155[15.8]/4,600400[40.8]/2,000〜4,800350[35.7]/1,650〜4,400
トランスミッションCVTCVT8AT
駆動方式FF4WDFR
使用燃料レギュラーハイオクハイオク
サイズ全長4,4504,5954,910
全幅1,6951,7951,800
全高1,4751,4751,455
ホイールベース2,6002,6502,920
車両重量1,1101,5401,710
乗車定員555
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

セダンは、SUVやワゴン車のように移動中でもキャビンからトランクにアクセスし易い構造ではなく、小回りが効くコンパクトカーには敵いませんが、「快適な空間」だからこそ長距離でも疲れづらく楽しく移動できる乗用車の基本が「セダン」と言えるでしょう。

今回紹介の「コンパクトセダン」「スポーツセダン」「高級セダン」のように生活スタイルにあったセダンが選べ、実用的な後部座席がありフォーマルな使いかも可能な「セダン」を選ばない理由は無いように思えます。

人気がない今だからこそ「セダン」を選ぶことで人とは違ったカーライフを送ることができるでしょう!

セダンに関するおすすめ記事

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!