初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マクラーレン新型スピードテールが初公開!新型ハイブリッドスーパーカーの最高速度や価格は?

マクラーレンF1の後継車である新型ハイパーGTマシン「マクラーレン スピードテール」が、2018年10月26日に正式発表!マクラーレン スピードテールのスペック、発売日、価格を解説します。マクラーレンF1を超える新型マクラーレン スピードテールの性能とは?

【最新情報】マクラーレン新型スピードテール 10月26日発表!

マクラーレン 新型スピードテール

2018年10月26日、マクラーレンは新型スピードテールを初公開しました。スピードテールは、マクラーレンの最強のGTカー「マクラーレン F1」の後継モデルです。

「マクラーレン史上、最も豪華なモデルになる」という噂通り、非常に手の込んだ作りとなっています。

マクラーレン新型スピードテールのデザイン、スペック、価格、発売日を解説します。

マクラーレンについての記事はこちら

スピードテールの先代モデル「マクラーレン F1」とは?

マクラーレン F1

バタフライドアという特徴的な形状のドア

マクラーレンF1は、1993年から1998年まで生産・販売されたスーパーカーです。

BMW製の6064cc・水冷60度V型12気筒DOHCのエンジンを搭載し、最高出力627馬力以上を発生。フォーミュラーカーのF1マシン譲りのカーボンコンポジットで作られたモノコックボディが使用されています。

新車車両価格は5億円以上、オークションでは約15億円で落札されるなど、超高額マシンです。

マクラーレンF1は、そのパフォーマンスを多くのサーキットで発揮し、さまざまなレースで優勝を飾りました。全日本GT選手権や、1995年のル・マン24時間レースの総合優勝もした当時最強のGTカーでした。

マクラーレン スピードテールは、マクラーレンF1の後継モデルにあたり、最強のGTマシンというコンセプトや3シーターレイアウトなどを継承しています。

マクラーレン F1の3シート

マクラーレンF1の大きな特徴はシートです。前席は真ん中に運転席があるのみで、後部座席は運転席の両側斜め後ろに装備した3人乗りです。今までになかったシート配置に多くの人が驚かされました。

マクラーレンF1についての記事はこちら

車の「上がる」ドアについて詳しく知りたい方はこちら

新型スピードテールのエクステリアデザイン(外装)

継ぎ目のない流線型のシルエット

真上から見ると個性的なティアドロップ形

カーボンファイバー製の20インチフロントホイールエアロカバーを装着

格納式のデジタルリアビューカメラ

新型スピードテールは、真上から見るとティアドロップ形に見える、未来的なデザイン。ボディに継ぎ目がなく、エアロダイナミクス性能を最大まで引き出しています。

従来のようなドラミラーはなく、格納式のデジタルリアビューカメラが搭載されています。走行中の空気抵抗を最大まで改善し、後述する最高速での走行を可能にします。

新型スピードテールのインテリアデザイン(内装)

マクラーレン 新型スピードテールのインテリア

新型スピードテールのインテリアは、グレーとホワイトのカラーリングが特徴的な、近未来を感じさせる雰囲気に仕上がっています。

また、運転席が中央に設置された3シートレイアウトという点も目を引きます。シートにはカーボンファイバー製モデルを採用しており、誰でも快適な乗車姿勢が保てるよう設計されている点も嬉しいところです。

さらに、高精細ディスプレイとタッチスクリーンが搭載されており、リアビューカメラで撮影された映像については、インストルメントパネル横のモニターより確認できます。

最高速度は驚異の403km/h!マクラーレンF1超えで歴代最速に

歴代最高速モデルだったマクラーレンF1(391km/h)

最大出力1,050psのハイブリッドパワートレインをもつ新型スピードテイルは、先代モデルだけでなく、これまでの歴代モデルを上回る走行性能となっています。

最高速度はマクラーレン F1の391km/hを超える403km/h、0-300km/h加速はマクラーレン P1の16.5秒を超える12.8秒になるということです。

最高速403km/hを出すには「Velocity(ベロシティ)」という走行モードを選択します。これによりハイブリッドパワートレインが最適化され、エアロシステムの角度を調整、デジタルリアビューカメラを格納、車高が下がるなど、空気抵抗をさらに改善します。

マクラーレン F1について詳しくはこちら

マクラーレン P1について詳しくはこちら

価格は約2億5,000万円で限定106台は完売済

マクラーレン 新型スピードテール

マクラーレン スピードテイルの価格は175万ポンドで、日本円で約2億5,800万円と発表されました。これは、パガーニ ウアイラ、ブガッティ シロンと同じ価格帯です。

先代モデルとなるマクラーレン F1の販売価格は1億円超と言われていましたが、それを大きく上回っています。

生産は2019年末から開始とのことなので、デリバリーは2020年中頃~と考えられますが、予約オーダーで106台がすでに完売しています。

マクラーレンの新型ハイブリッドスーパーカーがデビューしたことで、ライバルのスーパーカーメーカーも追従していくと考えられます。マクラーレンはじめ今後のハイブリッドスーパーカーの登場、進化に期待です。

パガーニ ウアイラ、ブガッティ シロンに関連する記事はこちら

スーパーカーに関連する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!