車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

車の人気色は?車の色を選ぶ際のポイントを解説|ボディカラー世界ランキング&日本のトレンドも

後悔しない色選びを

車を購入する際、ボディの色を決めるのに迷ってしまうことありませんか?
それとも「自分の好きな色でいいじゃん!」と即決でしょうか?じつは車体のカラーごとにメリット・デメリットや特徴があるのをご存知ですか?選んだ色によっては買い取り金額にも影響します。今回は車を購入する際の色選びのポイントとちょっとしたうんちくを紹介します。ぜひ車体の色を検討する際の参考にしてくださいね。

各カラーごとの特徴

同じ車でも、車体の色によって見た目も変わりますが、特徴も異なってきます。それぞれメリット・デメリットがあるようです。

ブラック系

雨上がりの水滴や洗車の水垢、泥はねなどの汚れが目立ちやすく、こまめに洗車をしないと、他のカラーに比べ汚れて見えてしまいます。また、傷も目立ちやすいです。
しかし高級感があるので、人気はとても高いカラーです。

重厚感があり手入れされているととても綺麗に見える(50代)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

汚れが目立って手入れが大変なことは分かっているのですがワックスをかけた時の輝きは特別です。前は白が多かったのですがワックスをかけてもそういう感動がなかったです(60代以上)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

ブラック系を選んだかたはやはり他の色にはない特別感に惹かれているようです。
マメに手入れをすることで一層輝くカラーなんですね!

ホワイト系・ホワイトパール系

清潔感のあるホワイトですが、やはりブラック系同様、汚れが目立ちやすいのがデメリットです。パールホワイトの場合、手入れが甘いと、年月がたつと黄ばんで見えることがあります。

こまめな手入れが必要ですが、やはり無難な色なので、人気はとても高いです。膨張色なので、他のカラーより車体が大きく見えるのも特徴です。

車の色は、朝出勤するときや、行楽地にドライブするときの気分に影響を与えてくれると思います。私自身ホワイトが好きな理由は気持ちをリセットできる色だからです(40代)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

買替え前はシルバーの車に乗っていたが、買替え直前に入院が必要な病気になり気持ちが落ち込んでいたため、気持ちを明るく転換するために車購入時にホワイトを選びました。結果、気持ちが明るく前向きになった(40代)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

気持ちが明るくなる、爽やかになるなどのメンタル的な理由で選んだという意見が多くでています。確かにまっさらなホワイトカラーは見た目にも新鮮ですよね。

シルバー系

他のカラーに比べると、汚れや傷が目立ちにくいカラーです。忙しかったり、あまり洗車やメンテナンスをしない方にはオススメです。飽きのこない色で、年配層に人気があるようですね。

汚れ、特に水垢汚れが目立たないと思ったので(30代)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

エンジニアをしていてシルバーメタリックが1番汚れが目立たないことを知っていたから選択(40代)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

他にも「ウォータースポットがつきにくいから」など汚れに関する意見が多数ありました。手入れが簡単なのは、なかなかポイント高いですね。

赤・青・黄色など原色系

好みが分かれるカラーなので、万人受けはしません。買い取り時には定番カラーより価格が下がることがあるようです。また、色あせなどにも気をつけないといけません。

私の愛車のデザインといいボディの色といい、本当に可愛くて見るだけで気分が上がるからです♪(40代)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

車に1番似合っている。また好きな色の1つ(40代)

出典:http://www.toyo-rubber.co.jp/

選んだ色はきっと「お気に入りの色」なので、車には一層の愛着が持てるんですね。

売る時の査定に影響します

将来車を売ることを考えているなら、その際の買い取り価格を視野に色選びも重要です。やはり人気は、ブラック系・ホワイト系・シルバー系のようです。流行に左右されず、好き嫌いに影響されないことが大切です。

ただし、人気のある色は中古車として出回る数も多くなりますので、逆に価格が安くなることもあります。また、新車を購入した時には人気色でも、数年後に車を売る時には、違う色が人気になっているかもしれません。

出典:http://www.kuruma-urutorako.com/

しかし、だからといって必ず高価格で買い取ってもらえるわけではなさそうです……難しいですね。

ただし女性に人気のコンパクトカーに限っては、比較的カラフルな色でも定番色との価格差は生まれにくいのでご安心を。 これは女性が赤やパステル系の色を好む傾向があるからです。

出典:http://gazoo.com/

スポーツタイプや若者向けのクルマもシルバーやブラックが人気とは限らないことも覚えておいてください。また、メーカー純正の限定色はプラス査定になることも。

出典:http://gazoo.com/

夏の日差しで熱くなる色

濃いカラーの車体は太陽の光を吸収するので、車体の表面が非常に熱くなります。もちろん車内の温度にも影響するので、この点もぜひ考慮したいところです。



車体の色と事故の発生率は関係している?!

あまり一般的に言われていることではありませんが、ニュージーランドのオークランド大学の研究成果によレバ、交通事故と車体のカラーには因果関係があるそうです。

同研究によれば、もっとも事故の少ない車体の色はシルバー。
光の反射がおこりやすいので、事故を防ぐことができるそうです。

反対にもっとも事故の起こりやすい色は「青」とのこと。
理由としては、こちらも光の反射の関係で、青は実際よりも遠くにあるように見える効果があるからのようです。

後悔しない色選びを

車や家電製品、何を買うにも直感で判断する人がいますが、車はやはり大きな買い物になります。
安易に直感で判断せず、ボディカラーもきちんと考えたうえで最終候補を絞っていきましょう。
単純に好きな色を選ぶよりも、その色のメリット・デメリットを考えた方が効率的であるということをお忘れなく!

車に個性を持ちたい方におすすめの記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す