初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【フェラーリ250】Tdf/SWB/GTOのスペック、その価値は億単位!

フェラーリ250シリーズはクラシック フェラーリとして、世界中のコレクターで人気がありフェラーリファンには憧れの的です。250シリーズには多くのモデルが存在しますがその中でも有名な「250GT Tdf」「250GT ベルリネッタSWB」「250GTO」の3モデルについて紹介します。

フェラーリ250とは?

フェラーリ250(シリーズ)は、1953〜1964年にかけて生産された初期のフェラーリを代表する伝統のモデルです。

フェラーリ250にはコンペティションモデル(レーシング志向)とGTモデル(グランツーリスモ)があり、ともに成功を収めた多くのモデルが存在しますが、とくに生産台数の少ないコンペティション モデルは、希少価値が伴い高額で取引されています。

250シリーズの多くは同じエンジン(3.0L V型12気筒)が搭載されており、ホイールベースは2,600mmのLWBと2,400mmのSWBが存在し、GTモデルのコンパーチブルのほとんどはSWBを採用していました。

フェラーリ250シリーズを代表する3モデル

250GT Tdf

250GT Tdf

フェラーリ250GT Tdf

出典:©︎久太郎

フェラーリ 250GT ベルリネッタはコンペティションモデルとして、GTカテゴリーの参戦を目的に設計され1956〜1959年までに94台が生産されており、同時期に生産された「250GTボアーノ」「250GTエッレーナ」より高度なチューニングで、ボディは軽量なアルミ製です。

250GT ベルリネッタは非公式ですがフランスの「トゥール・ド・フランス」に出場すると優勝をはたし、トゥール・ド・フランスのオーガナイザーから「Tdf」を車名の一部に使用する許可が下りました。

250GT ベルリネッタはトゥール・ド・フランスに1956〜59年までの4年間に渡り連続優勝のはたしており、1957年には「タルガ・フローリオ」にて優勝、1959年の「ル・マン」ではGTカテゴリーで優勝してするなど多くの栄光を手にしているのです。

250GT ベルリネッタ SWB

250GT ベルリネッタ SWB

フェラーリ250 ベルリネッタSWB(ショート・ホイール・ベース)は、250 ベルリネッタのホイールベース2,600mmから2,400mmに変更したモデルとして、1959〜1962年に160台程度が生産されました。

SWBモデルの識別するポイントは、LWBモデルにはドアガラス後方のリアクォーターパネルに小さなクォーターウィンドウが備わりますが、SWBには備わっていない点です。

生産期間を通じて“標準”モデルはピニン・ファリーナのデザインでスカリエッティが製作しました。

250 ベルリネッタのSWBの市販モデルは1960年から生産され、SWBの登場によりホイールベース2,600mmのモデルはLWBと呼ばれるようになりました。

ピニンファリーナがデザインした車についてはこちら

250GTO

フェラーリ250GTO

フェラーリ250GTOは1962年から国際マニュファクチャラーズ選手権と改名された、「量産車GTカークラス・チャンピオンシップ」に参戦するため、250GTをベースにコンペティションモデルとして高性能でありながらも美しいスタイルをもった、250GTの頂点に君臨する車で生産台数はわずか39台です。

250GTOは250GT ベルリネッタ SWB の派生したモデルとして、SWBの弱点であった空力性能を向上させたほかに、SWBよりひとまわり細い鋼管を用いた代わりにクロスメンバー数を増やすことで、ねじり剛性を向上させています。

レースで活躍した車のスペック

フェラーリ250GTO エンジン

250GT Tdf250GT SWB250GTO
全長-4,1504,325
全幅-1,6901,600
全高-1,2601,210
ホイールベース2,6002,4002,400
車両重量1,050960880
乗車定員222
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
250GT Tdf250GT SWB250GTO
エンジン種類V型12気筒V型12気筒V型12気筒
排気量3.0L3.0L3.0L
最高出力[240〜280]/7,000[265〜280]/7,000221[300]/7,400
最大トルク---
トランスミッション4MT4MT5MT
駆動方式FRFRFR
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

250シリーズのボディサイズは、ホイールベースの差以外はほぼ変わりなくコンパクトなボディです。

250シリーズのエンジンは基本的に3.0L V型12気筒エンジンを搭載していますが、改良されることで進化して最高出力は向上していきました。

初期ストリートバージョンは「ティーポ128」「ティーポ168」と呼ばれ 240〜250PSを発生しており、コンペティションバージョンは「168B/168comp(270PS)」「168comp/61(280PS)」と進化し、250GTPには「168comp/62(300PS)」が搭載されました。

クラシック フェラーリとしての価値

フェラーリ250:取引価格(オークションか個人売買)
250GT Tdf20億円以上
250GT SWB10億円以上
250GTO78億円
[単位]円

フェラーリ250シリーズの入手は店頭で購入するのではなくオークションか個人売買となるケースがほとんどです。その理由には生産台数が少なく希少価値が高いが高くコレクターが所有していることがほとんどで、車両価格が億単位になっており本当に欲しい人だけが入手するといったスタイルがあることがあげられます。

フェラーリ250シリーズの中でも250GTOは生産台数が少なく、その取引価格は一番高額となっており、最近では約78億円で取引されており、今後もその評価が向上するとともにさらに高額になることが予想されています。

フェラーリ車のほとんどはネオクラシック/クラシックとなるにつれその価値が上がり、中古車価格が向上するという独自の相場をもっていますので、投資対象として購入する人も多く正に芸術品・美術品としての価値が評価されています。

フェラーリ クラシケについてのおすすめ記事

ネオクラシック フェラーリについてのおすすめ記事

スポーツカーについてこちらの記事も必見

フェラーリ中古車の安い・高い・人気ランキング

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す