初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ホンダ新型N-VAN vs トヨタ ピクシスバン】軽バンライバル車徹底比較!

2018年7月13日、ホンダで19年ぶりの新型軽商用車・N-VAN(エヌバン)が発売されました。同じ軽バンのライバル車となるトヨタ・ピクシスバンと、内外装やスペック、燃費性能などの情報を徹底比較していきます。

【ホンダ新型N-VAN VS トヨタ ピクシスバン】徹底比較!

N-VANとはどんな車?

新型N-VAN G ホンダセンシング タフタホワイトII

新型N-VANの発売日

新型N-VANは、ホンダが2018年7月13日より販売を開始した軽バンです。ホンダの軽乗用車ラインナップ・Nシリーズ初の商用モデルとして開発されました。

新型N-VANの開発コンセプト

新型N-VANは、さまざまな仕事における使いやすさや優れた走行性能、安全性能を追求し、軽バンの新基準となることを目指して開発されています。

新型N-VANの特長

・低床設計と助手席ダイブダウン機構による大空間の荷室
・軽バン初のセンターピラーレスによる優れた積み下ろし性能
・積載状態でもストレスなく移動できる優れた走行性能
・先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全車標準装備
・長時間乗車の負担を軽減するドライバーズシート

新型N-VANについて詳しくはこちら

ピクシスバンとはどんな車?

ピクシスバン デラックス SAIII ブライドシルバーメタリック

ピクシスバンの発売日

ピクシスバンは、トヨタが2011年12月1日に発売した軽バンです。トヨタ初の軽商用車であり、ダイハツ・ハイゼットカーゴのOEM車でもあります。
2017年11月14日に初のマイナーチェンジが行われました。

ピクシスバンの開発コンセプト

ピクシスバンは、コンパクトボディのバンとして十分な積載能力と取り回しのよさ、優れた環境性能を兼ね備えた、トヨタ初の軽商用車として開発されています。

ピクシスバンの特長

・優れた使い勝手のキャビンと十分な積載能力を備えた荷室
・実用性と経済性を追求したガソリンエンジン
・軽商用車で初の歩行者検知にも対応した自動ブレーキ「スマートアシストIII」を搭載

ピクシスバンについて詳しくはこちら

新型N-VANとピクシスバンの違いは?

新型N-VANとピクシスバンの違いは、駆動方式とトランスミッションにあります。新型N-VANがFF駆動であるのに対し、ピクシスバンはFR駆動。
またトランスミッションでは、新型N-VANにはCVTと6速MTが設定されますが、ピクシスバンでは5速MTと4速ATのラインナップとなっています。

新型N-VANの外装は3スタイルが設定

新型N-VAN

新型N-VAN G/L

新型N-VAN L ホンダセンシング ルナシルバー・メタリック

新型N-VANの外装には、個性を際立たせた3つのスタイルが設定されています。標準ボディのG/Lグレードでは、プロの道具に相応しいシンプルなスタイルを採用しました。

新型N-VAN +STYLE FUN

新型N-VAN L +STYLE FUN・ホンダセンシング プレミアムイエロー・パールII

新型N-VAN +STYLE FUNでは、丸目ヘッドライトの親しみやすいスタイルが楽しさを演出します。

新型N-VAN +STYLE COOL

新型N-VAN L +STYLE COOL・ホンダセンシング プレミアムベルベットパープル・パール

新型N-VAN +STYLE COOLでは、全体をスタイリッシュなデザインで引き締め、ロールーフ仕様としました。

ピクシスバン

ピクシスバン デラックス SAIII ファインミントメタリック

ピクシスバンの外装は、ブラックのグリルがアクセントとして効いたシャープな印象のデザインです。フロントバンパーの角を覆うパーツが「コーナーピース」として独立しており、傷ついてもバンパー全体を交換する必要はなく、コーナーピースの交換だけで修理を完了できます。

積載性能に優れた新型N-VANの内装

新型N-VAN

新型N-VAN G ホンダセンシング インパネ

新型N-VAN シート 助手席テーブルモード

新型N-VAN センターピラーレス

新型N-VANには、2代目N-BOXで新開発したプラットフォームが採用されています。FF駆動と特許技術「センタータンクレイアウト」による低床化で、背の高い荷物も積める優れた積載性能を実現しました。

助手席には「ダイブダウン機構」を採用。後部座席から助手席までをフラットにつなげることで、長尺物の積載も可能としています。
また、軽商用車初のセンターピラーレス構造(助手席側)による大開口ドアを実現。大開口バックドアと合わせて、高効率の積み下ろし性能を実現しました。

荷室には段ボール箱が71個、ビールケースは40個積むことができます。

ピクシスバン

《参考》ハイゼットカーゴ クルーズターボ SAIII インパネ

《参考》ハイゼットカーゴ クルーズターボ SAIII シート

※画像はピクシスバンのOEM元である、ダイハツ「ハイゼットカーゴ」の内装です。

ピクシスバンの内装では、クラストップレベルの荷室空間を確保しています。箱型のボディと相まって、隅から隅まで無駄なく積める大容量の荷室を実現しました。
スライドドアとバックドアの開口部を十分確保し、荷室地上高も低く設計することで、高い積み下ろし性能を実現しています。

荷室には段ボール箱が65個、ビールケースは36個積むことができます。ピクシスバン、新型N-VANともに最大積載量は軽自動車の限界である350kgですが、荷室の広さでは新型N-VANに軍配が上がるようです。

ピクシスバンより新型N-VANの全高は高め

新型N-VAN新型N-VAN +STYLEピクシスバン
全長3,3953,3953,395
全幅1,4751,4751,475
全高1,945・1,960FUN:1,945・1,960
COOL:1,850・1,865
標準:1,765
ハイルーフ:1,875
ホイールベース2,5202,5202,450
車両重量930~1,000940~1,020
910~1,010
乗車定員2/42/42/4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

新型N-VANとピクシスバンのボディサイズは、軽自動車規格におさまっています。全高では、+STYLE COOLを除いて新型N-VANがピクシスバンを上回ります。

新型N-VAN、ピクシスバンともにNAエンジンとターボエンジンを用意

新型N-VANピクシスバン
エンジン直3 0.66Lガソリン・NA
直3 0.66Lガソリン・ターボ
直3 0.66Lガソリン・NA
直3 0.66Lガソリン・ターボ
最高出力NA:39kW[53PS]
ターボ:47kW[64PS]
NA(MT車):34kW[46PS]
NA(AT車):39kW[53PS]
ターボ:47kW[64PS]
最大トルクNA:64N・m[6.5kgf・m]
ターボ:104N・m[10.6kgf・m]
NA:60N・m[6.1kgf・m]
ターボ:91N・m[9.3kgf・m]
トランスミッションNA:CVT・6速MT
ターボ:CVT
5速MT・4速AT
駆動方式FF・4WDFR・4WD

エンジンスペック・パワートレインの違い

新型N-VANのパワートレインには、直列3気筒のNAエンジンとターボエンジン(+STYLEのみ)の2種類がラインナップ。トランスミッションはNA車がCVTと6速MT、ターボ車はCVTのみで、駆動方式はFFと4WDの設定です。

ピクシスバンのパワートレインには、直列3気筒のNAエンジンとターボエンジンの2種類がラインナップ。トランスミッションは5速MTと4速AT、駆動方式はFRと4WDの設定です。

軽自動車の出力には自主規制がかけられているため、両車のエンジンスペックにあまり大きな差は見られません。

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!