初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【道の駅 大歩危(おおぼけ) 総合情報】目の前は峡谷の大パノラマ!足湯や妖怪屋敷も

「道の駅大歩危」は吉野川中流の渓谷、大歩危峡や小歩危峡の絶景が楽しめる道の駅です。地元名物の祖谷そばをはじめとした食事が楽しめる喫茶コーナーや売店のほか、妖怪屋敷や石の博物館も併設されています。無料の足湯もあるので、絶景を眺めながらゆっくりくつろげます。 

「道の駅 大歩危」の特徴

「道の駅 大歩危」は、国の名勝である大歩危峡の絶景が楽しめ、妖怪屋敷や石の博物館といったユニークな施設を併設していることが大きな特徴です。足湯や売店、喫茶コーナーもあり、大歩危峡を眺めながら、のんびりと休憩することができる道の駅です。

この記事では「道の駅 大歩危」の基本的な情報だけでなく、ぜひ食べてみたいおすすめグルメや名産品、周辺情報までまとめてお伝えします。

※この記事で記載する商品価格に消費税についての表記がないものは、公式HPで記載がなく不明なものとなりますので現地で確認願います。

「道の駅 大歩危」の営業時間・定休日・施設基本情報

名称道の駅大歩危
(みちのえきおおぼけ)
住所徳島県三好市山城町上名1553-1
電話番号0883-84-1489
営業時間9:00~17:00(※)
定休日12月~2月の毎週火曜日(火曜日が祝日の場合翌日休館)
駐車場・普通車:53台
・大型車:4台
・バリアフリー:1台
EV充電スタンド1基あり
温泉設備足湯あり
その他設備・身障者用トイレ
・無料Wi-Fi
・プレイルーム
※足湯:土、日、祝日の10:00~16:00

アクセス

高知自動車道「大豊IC」から国道32号線を使って車で約30分。
徳島自動車道「井川池田IC」から約40分。

大歩危峡や小歩危峡の絶景が楽しめる道の駅

Kazuo Yamadaさん(@jack.yamachan)がシェアした投稿 -

「道の駅 大歩危」は国の名勝・天然記念物の指定を受けている大歩危峡のほとりにあり、絶景が楽しめる道の駅です。数キロ下流にある小歩危峡とともに観光の拠点としても使えます。

妖怪屋敷や足湯も「道の駅 大歩危」の主な施設

「道の駅大歩危」には、売店や喫茶コーナーのほかにも、妖怪屋敷や石の博物館、足湯といったユニークな施設が揃っています。

地元の特産品や妖怪グッズも豊富な「売店」

あっこAKOさん(@fandemingzi)がシェアした投稿 -

「売店」では、祖谷そばや山城の銘茶、山菜や味噌など地場産の逸品を豊富に取り揃えているほか、お菓子やお酒といったお土産品も充実しています。天然石を使ったアクセサリーや妖怪グッズといったユニークなお土産も販売中です。

地元住民手作りの「妖怪屋敷」

「妖怪屋敷」では、「児啼爺(こなきじじい)」をはじめとする地元の妖怪伝承を紹介しています。地元住民が手作りで製作した多くの妖怪人形が展示中です。

現地の岩石について学べる「石の博物館」

nyaaaajiさん(@dannenyaaji)がシェアした投稿 -

地質学的にも価値があると言われる大歩危・小歩危。「石の博物館」では、実際の岩石を展示されていて、この地域の成り立ちをよく理解することができます。

食事ができる「喫茶コーナー」

「喫茶コーナー」では、名物の祖谷そばや吉野川の朝霧に育まれた大歩危銘茶といった地元のグルメが大歩危峡を眺めながら堪能できます。

大自然の中で楽しめる「足湯」

無料で利用できる「足湯」があり、3月から11月までの間、土日祝日のみ利用できます。

名物祖谷そばをはじめ「道の駅 大歩危」のおすすめグルメ

「道の駅 大歩危」では、地元名物の風味豊かな「祖谷そば」や地元の食材を使ったグルメが人気を集めています。大歩危渓谷の雄大な自然を眺望しながらの食事は格別です。

風味豊かな「祖谷そば」

「祖谷そば」は、通常のそばに比べて麺の長さが短いのが特徴で、口に入れるとそばの香りが広がり、素朴な舌触りが楽しめます。「喫茶コーナー」で食べられ、価格は500円。

ボリューム満点「阿波尾鶏の南蛮定食」

Takeshi Kanoさん(@kanotakeshi)がシェアした投稿 -

地元の阿波尾鶏を使った南蛮定食は、噛み応えのある肉質で、噛めば噛むほど旨みが口の中に広がっておいしいと評判です。喫茶コーナーで食べられ、価格は980円。

「道の駅 大歩危」のおすすめお土産・名産品

後味爽快な「すだちサイダー」

wakaokusamaさん(@aka48_tarou)がシェアした投稿 -

「すだちサイダー」は地元徳島県産すだち果汁を使用した、あとに甘さが残らないキレの良さが特徴の爽やかなサイダーです。売店で購入できます。(価格は現地で確認してください。)

文房具やお菓子もある「妖怪グッズ」

妖怪伝説が語り継がれている地元にちなんで、さまざまな妖怪グッズが販売されています。売店で鬼太郎のグッズやその他地元の妖怪のお菓子や小物を購入できます。(価格は現地で確認してください。)

「道の駅 大歩危」周辺の観光情報

・祖谷のかずら橋(12km/18分)
・琵琶の滝(12km/18分)
・塩塚高原(21km/30分)
・松尾川温泉(20km/29分)
・平家屋敷民俗資料館(4.7km/5分)

「道の駅 大歩危」周辺の温泉情報

大歩危が一望できる「大歩危温泉 サンリバー大歩危」

「大歩危温泉 サンリバー大歩危」は、日帰り入浴や宿泊もできる温泉で、「道の駅 大歩危」から車で5分の場所にあります。吉野川沿いに面した温泉の展望大浴場からは大歩危の自然が眼下に広がります。泉質は化粧水いらずの強アルカリ泉で、若返りの湯として評判です。

「道の駅 大歩危」の口コミ評価

Twitterやインスタグラムによると、
「妖怪屋敷が子どもたちに人気」
「祖谷そばがおいしかった」
などの声が目立つほか、大歩危渓谷の絶景が楽しめることを高く評価する口コミが多い傾向でした。

大歩危渓谷を眼下に望める「道の駅 大歩危」は、絶景が楽しめるだけでなく、妖怪屋敷や石の博物館が併設されたユニークな道の駅です。ドライブ中の休憩に立ち寄るだけではなく、目的地のひとつに加えてみるのがおすすめです。

カー用品やドライブについてのおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す