初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダのステーションワゴン歴代全モデルまとめ】中古車相場価格一覧比較も

マツダ ルーチェワゴン 【1967~1978年】

初代・2代目のみの希少ステーションワゴン

マツダ ルーチェワゴン 初代

マツダ ルーチェワゴン 2代目

ルーチェは1966年、マツダの高級車として販売がスタート。日産 ローレル、トヨタ マーク2などのライバルとともに「ハイオーナーカー」として位置付けられていました。

初代はジウジアーロデザインのヨーロッパ車の雰囲気を漂わせる車として、また、1972年からの2代目は米国ポニーカーを彷彿させる車へと変貌を遂げています。

ルーチェのステーションワゴン設定は、この初代・2代目のみのラインナップとなり、今では市場に出回ることも非常に希少なモデルとなっています。

初代のエンジンは1.5L 直4SOHCレシプロエンジンとなり、商用バンとは一線を画しトランスミッションは3速ATとしています。また、2代目ではエンジンは654cc×2 2ローター 13B型となるハイパワーロータリーエンジンへと刷新されています。

ルーチェワゴンのスペック

発売日1973年フルモデルチェンジ(2代目)
1967年ステーションワゴンデビュー(初代)
ボディサイズ-
車両重量-
乗車定員-
エンジン2代目:654cc×2 2ローターRE(13B型)
初代:1.5L直列4気筒SOHC
最高出力2代目:99kW[135PS]/6,000rpm
初代:57kW[78PS]/5,500rpm
最大トルク2代目:-[19kgf・m]/4,000rpm
初代:114.6N・m[11.7kgf・m]/-
トランスミッション4速MT
3速AT
駆動方式FR
燃費-
燃料レギュラー
車両価格-

ルーチェワゴンの中古車価格

最新「ルーチェワゴン」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

現在、ルーチェワゴンは希少車のため、中古車市場には出回っていない模様です。

参考までに、初代の1969年発表のセダンモデル「ルーチェ 1800 デラックス」では126万円となっていて、2代目のセダンモデル「ルーチェ AP GR2」の1976年式では値段は付かず、応相談となっています。

セダンタイプより希少車となる「ルーチェワゴン」が中古車市場に出回った場合、いったいいくらの値がつくのか興味深いですね。

(*情報は、2018年7月時点のものとなっています。)

ルーチェの詳細についてはこちらから

マツダ サバンナ スポーツワゴン 【1972~1978年】

レース常勝「10A型エンジン」搭載のステーションワゴン

マツダ サバンナスポーツワゴン

マツダ サバンナスポーツワゴン

サバンナはマツダのライトウェイトスポーツカー「サバンナ RX-7」の先代モデルにあたり、1971年に販売が開始されました。

マツダ ロータリーエンジン搭載車種として第5段となり、発売当初は「4ドアセダン」「2ドアクーペ」のラインナップでしたが、1972年には関心が高まりつつあったステーションワゴンモデル「サバンナ スポーツワゴン」が追加されました。

エンジンはセダン・クーペ同様、前期型では491cc×2となる2ローター 10A型、後期型では573cc×2の2ローター 12A型ロータリーエンジンが搭載されています。このロータリーエンジンは、当時日本グランプリでダントツの強さを誇ったスカイラインGT-Rの連勝をストップさせたエンジンとして知られています。

サバンナ スポーツワゴンは、セダン・クーペに比べ伸びやかなフォルムながら走行性能は高く、まさにスポーツワゴンの名にふさわしいモデルに仕上げられています。国内において、ステーションワゴンの創成期に誕生し、わずか1世代で販売終了となった希少モデルと言えるでしょう。

サバンナ スポーツワゴンのスペック

発売日1975年10月マイナーチェンジ
1973年6月ビッグマイナーチェンジ(後期型)
1972年1月デビュー
ボディサイズ【前期型】
-
【後期型】
全長:4,095mm
全幅:1,595mm
全高:1,400mm
車両重量-
乗車定員5人
エンジン前期型:491cc×2 2ローターRE(10A型)
後期型:573cc×2 2ローター RE (12A型)
最高出力前期型:-[-]/-
後期型:-[125PS]/6,500rpm
最大トルク前期型:-[-]/-
後期型:-[16.5kg・m]/4,000rpm
トランスミッション3速AT
4速MT
駆動方式FR
燃費前期型:-
後期型:15km/L
燃料ガソリン
新車車両価格-

サバンナスポーツワゴンの中古車価格

最新「サバンナスポーツワゴン」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

現時点で、サバンナスポーツワゴンの中古車は、市場には出回っていないようです。

1970年代の車であるため非常に希少で、市場に出たとしてもそのレストア具合により、高額になることが予想されます。

参考までに、レース車の市販版「サバンナ GT」の外装仕上げ済み車両の場合、中古車価格は598万円となっています。

(*情報は、2018年7月時点のものとなっています。)

サバンナの詳細についてはこちらから

マツダ カペラワゴン 【1988~2002年】

カペラワゴンにはマツダ初のクロスオーバータイプも有り

マツダ カペラワゴン V-RX SPORT

マツダ カペラワゴン 2000DOHC 4WD

1970年に誕生したカペラは、32年にわたりマツダの基幹モデルとしてグローバル展開された車です。取り回しのしやすさ・低価格・整備性の高さから、タクシー・地方事業者・教習車としても活躍しました。

そのカペラにステーションワゴンモデルがラインナップされたのは1988年。5代目モデルにフルモデルチェンジが実施され、高まりつつあったステーションワゴンブームを見据え、「カペラカーゴ」として誕生しました。

最後部跳ね上げ式シートも含め7人乗り、また、リアガラスを曲線とするなど見た目にもこだわり、アウトドアでの実用性とデザイン性の高さは、世界的にも評価は高く、西ドイツ自動車誌が実施した「読者が選ぶインポート・カー・オブ・ザ・イヤー」にも選出されました。

1994年、カペラカーゴは「カペラワゴン」に名前を変更、RVブーム到来するなか、車高をあげ、グレードによってはグリルガードを装着、また、駆動方式にも4WDが追加されるなど、バリエーション豊かなラインナップとしています。

2002年、次期基幹モデル「アテンザ」が登場したことを受け、カペラはセダン・ワゴンなど全モデルで販売が終了することとなったのです。

カペラワゴンのスペック

発売日1997年8月フルモデルチェンジ(7代目)
1994年10月フルモデルチェンジ・カペラワゴンとなる(6代目)
1988年3月カペラカーゴワゴンデビュー(5代目)
ボディサイズ全長:4,675mm
全幅:1,695mm
全高:1,495~1,525mm
(*2001年12月モデル)
車両重量1.8L MT:1,270kg
1.8L AT:1,280kg
2.0L FF:1,340kg
2.0L 4WD:1,440kg
2.5L 4WD:1,490kg
(*2001年12月モデル)
乗車定員5人
エンジン1.8L:直列4気筒DOHC
2.0L:直列4気筒DOHC
2.5L:V型6気筒DOHC
(*2001年12月モデル)
最高出力1.8L:92kW[125PS]/6,000rpm
2.0L FF:125kW[170PS]/6,800rpm
2.0L 4WD:103kW[140PS]/6,300rpm
2.5L:147kW[200PS]/6,500rpm
(*2001年12月モデル)
最大トルク1.8L:160N・m[16.3kgf・m]/4,500rpm
2.0L FF:180N・m[18.4kgf・m]/5,000rpm
2.0L 4WD:178N・m[18.2kgf・m]/4,800rpm
2.5L:224N・m[22.8kgf・m]/4,800rpm
(*2001年12月モデル)
トランスミッション4速AT
5速MT
駆動方式FF
フルタイム4WD
10・15モード燃費1.8L MT:14.4km/L
1.8L AT:12.4km/L
2.0L AT:12.0km/L
2.0L 4WD:11.6km/L
2.5L:9.4km/L
(*2001年12月モデル)
燃料レギュラー
ハイオク
新車車両価格171万円~250万円
(*2001年12月モデル)

カペラワゴンの中古車価格

最新「カペラワゴン」中古車情報!

本日の在庫数 4
平均価格 29.3万円
本体価格 19〜38万円
Pick up!
Pick up!

現在、カペラワゴンの中古車市場への出回りは少ないと言え、全国で1台、価格は25万円となっています。

カペラワゴンは、グレードによって、クロスオーバータイプのモデルもあり、流通する個体の状態や内容によっては掘り出し物といったケースもあるのではないでしょうか。

(*情報は、2018年7月時点のものとなっています。)

クロスオーバーSUVの詳細についてはこちらから

マツダのステーションワゴン 中古車相場価格一覧表 比較

モデル名中古車相場価格特徴など
アテンザワゴン90万~383万円・流通数は多め
・ビッグマイナーチェンジ後のものは
状態が良ければ概ね150万円以上
ファミリアワゴン90万円・流通量は少なく希少
・90年代モデルで90万円と高額
ルーチェワゴン-・流通量は少なく希少
・同時期発売のセダンモデルでは
126万や価格応相談となっている
サバンナスポーツワゴン-・流通量は少なく希少
・同時期発売のGTモデルでは
レストア済みで598万円のものも
カペラワゴン25万円・流通量は少なく希少
・流通する個体の状態により範囲幅が
大きくなる可能性あり

上記の表から、アテンザは中古車価格としてはビッグマイナーチェンジ後の良い状態のものでは値段は比較的高めと言えます。また、その他のステーションワゴンは発表年も古く、出回るだけで希少です。

検討する場合は、あらかじめ重視したいポイントを洗い出しておき、こまめにチェックして、出回った場合はその条件に当てはまるか、素早く判断できる状態にしておくのも大切かも知れません。

マツダ ステーションワゴンはどれも個性的

マツダ アテンザワゴン XD Lパッケージ

マツダの歴代ステーションワゴンについて紹介してきました。

こうして見てみると、現行モデルのアテンザワゴンも、過去に販売されたステーションワゴンもどれも個性的だったことが良くわかります。

ビッグマイナーチェンジを実施し、新型に変貌を遂げたマツダ唯一のステーションワゴン「アテンザ」がこの先、どのような変化を見せるのかにも注目したいと思います。

各メーカーのステーションワゴンについてはこちら

ステーションワゴン人気ランキングはこちら

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!