初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型クラウン vs BMW 3シリーズセダン】日独スポーツセダン徹底比較!

新型クラウンの内外装や装備、スペックについて、BMW3シリーズセダンと徹底比較。フルモデルチェンジして15代目となったトヨタ クラウン。トヨタ初のコネクテッドカーとしての特長とは何か、ドイツを代表するセダン、BMW3シリーズと比較して分析します。

【トヨタ新型クラウン vs BMW 3シリーズセダン】徹底比較!

トヨタ新型クラウンとはどんな車?

トヨタ クラウン 15代目 G-エグゼクティブ プレシャスシルバー 2018

トヨタ新型クラウンの発売日

今回15代目となる新型クラウンは2018年6月26日に発売されました。車載通信機DCMを全車に標準搭載し、24時間365日遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けることができます。
また、以前までのクラウンと違い、スポーティさを感じさせる要素が随所に入っており、日本国内限定販売ながら、世界基準の高級セダンに引けを取らない高水準の走行性能、車内空間を実現している一台です。

トヨタ新型クラウンの開発コンセプト

トヨタ初の「コネクティッドカー」として開発されました。意のままの運転を実現するTNGAにもとづいた新プラットフォームだけでなく、新開発のパワートレインも採用されています。

トヨタ新型クラウンの特長

・車載通信機DCMを全車に標準搭載し、コネクティッドサービスを充実
・スポーティさと品質をより追求した内外装
TNGAにもとづく新プラットフォームの採用
・従来の「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」を廃止し、グレードを一本化

トヨタ新型クラウンについてはこちらも

BMW 3シリーズセダンとはどんな車?

BMW 3シリーズ グランツーリスモ

BMW 3シリーズ セダンの発売日

BMW3シリーズは、BMWが製造・販売している乗用車で、かつて販売していたBMW2002の系譜を受け継いでいます。BMWの中核を担う主力モデルであり、欧州市場においてライバルとなるメルセデス・ベンツ Cクラスと人気を分け合っています。

現行型の3シリーズは6代目で、2012年2月より販売されています。2015年5月にマイナーチェンジされ、全車種が75%エコカー減税対象とエコカー補助金対象となっています。

BMW 3シリーズ セダンの開発コンセプト

BMW 3シリーズは代を重ねるごとに魅力をさらに磨き上げています。この6代目では「プレミアムコンパクトスポーツセダン」というコンセプトを掲げ、その地位を確立したと言えるでしょう。

現行BMW 3シリーズのエンジン性能は、最高出力245ps/最大トルク350N・mを発生する2Lのツインパワーターボエンジンと8速ATとなっています。同時に、エンジンの走行性能は維持しながら、10・15モード燃費は15.6km/Lを達成、環境性能の高さも備えています。

BMW 3シリーズ セダンの特長

・BMW ツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジン
・4灯型のアダプティブLEDヘッドライト
・LEDフォグ・ランプ、LEDリヤ・コンビネーション・ランプ

トヨタ新型クラウンとBMW 3シリーズセダンの違いは?

両車ともそれぞれ日本、ドイツを代表するセダンということで、トヨタ、BMWの誇る先端技術が注ぎ込まれています。

トヨタ新型クラウンは「コネクティッドカー」として開発されていること、BMW3シリーズは環境性能、上質なBMWらしいヘッドライト、ランプのデザインに力を注いでいることが、それぞれ特徴的です。

トヨタとBMWの意匠の息づくエクステリア比較

トヨタ新型クラウン

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.5Lハイブリッド

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.5Lハイブリッド

新型クラウンのエクステリアは、従来のクラウンに比べ、フロントはシャープで少しアグレッシブな印象を与えます。サイドから見たシルエットは、スポーティであり、かつ強さと優美さを兼ね備えた、他の自動車とは一線を画す存在感を発揮するデザインとなっています。

BMW 3シリーズセダン

BMW 3シリーズ M Sport Edition Shadow 外装

BMW 3シリーズ セダン

BMW 3シリーズ セダンは、特徴的な4灯型の「アダプティブLEDヘッドライト」と、「LEDフォグ・ランプ」、「LEDリヤ・コンビネーション・ランプ」を標準装備しています。また、つり上がったヘッドライトと存在感のあるキドニーグリルで、アグレッシブな印象を受けます。

トヨタとBMWのこだわりが詰まったインテリア比較

トヨタ新型クラウン

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.0L ガソリンターボ

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.0L ガソリンターボ

新型クラウンの運転席は、ダブルディスプレイを採用しています。メーター類もシンプルにまとまっていて、利便性と快適性を兼ね備えたインテリアと言えます。後部座席も足元が広々としていて、しっかりとくつろぐことができます。

BMW 3シリーズ セダン

BMW 3シリーズ セダン

BMW 3シリーズ M Sport Edition Shadow

BMW 3シリーズの内装は、2眼メーターを中心に見やすいメーター類と、ドライバーに向けられたスイッチ類が扱いやすい位置にあることが特長です。
ドイツ車らしい疲れにくいシートは、快適なドライブを保証してくれるでしょう。

ボディサイズは新型クラウンの方がやや大きめ

トヨタ新型クラウンBMW 3シリーズ セダン(320d)
全長4,9104,645
全幅1,8001,800
全高2WD:1,455
4WD:1,465
1,440
ホイールベース2,9202,810
車両重量2WD:1,690~1,910
4WD:1,820~1,900
1,490〜1,595
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

トヨタ新型クラウンの方が、BMW3シリーズセダンに比べて少し大きなボディとなっています。ボディサイズ水準が比較的大きいドイツのセダンに引けを取らないボディサイズの新型クラウンからは、快適性に重きをおくトヨタの姿勢が垣間見られます。

エンジンスペックはターボとハイブリッドにより新型クラウン

新型クラウン3シリーズ (320i)
エンジン種類直4直噴ターボ直4
排気量2.0L2.0L
最高出力180[245]/5,200~5,800135[184] /5,000
最大トルク350[35.7]/1,650~4,400270[27.5] /1,350-4,600
トランスミッション8速AT8速AT
駆動方式FRFR
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
新型クラウン新型クラウン3シリーズ(340i)
エンジン種類直4直噴ガソリン+モーターV6直噴ガソリン+モーター直6
排気量2.5L3.5L3.0L
最高出力240[327]/6,000352[479]/6,600240[326] /5,500
最大トルク521[53.1]/3,800~5,400656[66.9]/5,100450[45.9] /1,380-5,000
トランスミッションCVTマルチステージハイブリッド8速AT
駆動方式2WD(FR)/4WDFRFR
使用燃料レギュラーハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

同じ2.0Lのモデルを比べると、新型クラウンの方が最高出力とトルクで320iを上回っていることがわかります。しかし、走行時のアクセルのレスポンスなどにおいて、3シリーズは非常に快適な性能です。

また、3シリーズの直6モデルは新型クラウンのV6ハイブリッドにパワーで劣ります。排気量やモーターアシストの差ですから、当然と言えます。むしろスペックが近いのは、新型クラウンの直4ハイブリッドです。

意外にもBMW 3シリーズのほうが低燃費!

新型クラウン3シリーズ
JC08モード燃費9.6(3.5L)
23.2(2.5L/FR)21.0(2.5L/4WD)
13.4(2.0L)
13.5(340i)
15.7(320i)
21.4(320d)
実燃費--
[単位]km/L

燃費の違い

同じ2.0Lのモデル同士を比較すると、新型クラウンの方が3シリーズよりも燃費性能で若干劣ることがわかります。また、ディーゼルエンジンの320dは、クラウンのハイブリッドモデルとほぼ変わらないほどの燃費性能を誇ります。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!