車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ カローラスポーツ vs マツダ アクセラ】ハッチバックライバル徹底比較!

世界的大衆車として愛されてきたカローラの新型「カローラスポーツ」が、2018年6月、最先端技術を備え登場しました。新型カローラスポーツと互角の車格を持つ、マツダ アクセラを徹底比較します。

【カローラスポーツ vs マツダ アクセラ】徹底比較!

トヨタ新型カローラスポーツとはどんな車?

トヨタ新型カローラスポーツ ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ カローラスポーツの発売日

トヨタは2018年6月26日、新型カローラスポーツを発表しました。8月には、インテリジェント マニュアル トランスミッション(iMT)搭載車も発売されました。初登場のiMTも相まって、より多くの人がドライブする楽しみを味わえるようになると人気が集まっています。

トヨタ カローラスポーツの開発コンセプト

トヨタ カローラスポーツは気軽にスポーツ走行を楽しめる車として開発されました。トヨタ史上初搭載となるiMTやコネクティッド機能を採用しており、新たな「走る喜び」を体感できる車となっています。

トヨタ新型カローラスポーツの特徴

・車載通信機DCMを全車に標準搭載
・遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」をはじめとしたコネクティッド機能を搭載
・スポーティなエクステリアデザインと、上質なインテリアデザイン
TNGAを更に進化させ、“乗って楽しい”上質な走りと乗り心地を実現
・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」を全車標準装備

新型カローラスポーツについてはこちら

マツダ アクセラとはどんな車?

マツダアクセラソウルレッドプレミアムメタリック

マツダ アクセラの発売日

マツダ アクセラは2003年からマツダが販売するCセグメントの乗用車です。
現行の3代目アクセラは2013年11月21日に発売されました。SKYACTIV TECHNOLOGYを用いて開発された1.5Lガソリンエンジンと1.5L/2.2Lディーゼルエンジンを搭載した3モデルが用意されています。2017年8月には、商品改良が行われ、一部グレードにしか装備されていなかった機能が、全てのグレードに備わるようになりました。

マツダ アクセラの開発コンセプト

アクセラという名前は、「Accelerate(加速する)」+「Accelerator(アクセル)」+「Excellent(卓越した)」を語源とした造語です。卓越した走行性能と、それを体現するようなデザインに、マツダのアクセラに込めた思いを感じることができますね。
ちなみに、日本国外仕様である「Mazda 3」の"3"は車格を表しています。

マツダ アクセラの特徴

・ガソリン車、ディーゼル車ともにSKYACTIV TECHNOLOGYを搭載
・先進安全装備「i-ACTIVSENSE」を採用
・衝突回避支援システム「アドバンストSCBS」でブレーキ動作をサポート
・交通標識認識システムを採用

マツダ アクセラについてはこちら

トヨタ新型カローラスポーツとマツダアクセラの違いは?

両車とも、走行性能の快適性、そして走らせる楽しさを追求した車として開発されています。新型カローラスポーツにはiMTなどの最先端技術、マツダアクセラには、マツダ独自の「SKYACTIV TECHNOLOGY」や「i-ACTIVSENSE」などが備わっており、それぞれ異なるメーカー珠玉の技術が注ぎ込まれています。

スポーティかエレガントか!エクステリア比較

トヨタ新型カローラスポーツ

トヨタ新型カローラスポーツHYBRID G“Z” ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ新型カローラスポーツHYBRID G“Z” ホワイトパールクリスタルシャイン

新型カローラスポーツは、フロントは、低く抑えたフード、アッパーグリルから連続する切れ長のヘッドランプによりワイド&ローを強調したデザインです。サイドからリヤにかけては、ダイナミックな造形と躍動感あふれるスタイルを表現しています。全体的なシルエットは低重心でシャープなボディラインとなっており、スポーティな印象を与えます。

マツダアクセラ

マツダアクセラソウルレッドプレミアムメタリック

マツダアクセラソウルレッドプレミアムメタリック

マツダ アクセラスポーツは、デザインテーマである「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用し、スタンダードなハッチバッグスタイルでありながらフロントマスクはマツダらしい躍動感あるデザインとなっています。
カラーリングは、「匠塗 TAKUMINURI」を採用した魂動デザインを引き立てるソウルレッドプレミアムメタリック、マシーングレープレミアムメタリックなどがあり、力強く、それでいて落ち着いたプロポーションを実現しています。

開発コンセプトが垣間見れるインテリア比較

トヨタ新型カローラスポーツ

トヨタ新型カローラスポーツHYBRID G“Z” ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ新型カローラスポーツHYBRID G“Z” ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタカローラスポーツのインテリアはブラックとレッドで統一され、シックで上品な印象です。7インチTFT8マルチインフォメーションディスプレイを中央に配した先進的なメーターを採用しています。また、ホールド性が追求された、新開発のスポーツシートを採用しています。

マツダアクセラ

マツダ アクセラ(セダンの内装)

マツダ アクセラ(セダンの内装)

アクセラの内装デザインで特徴的なのは、車内の快適・利便情報をドライバーと助手席のパッセンジャーにも分け合うためにインパネとセンターコンソールが運転席と助手席で対照的であることです。
また、ドライバーが目線を変えずに車両状況が把握でき、運転のしやすさを高めるため、メーターパネルの上にカラーのアクティブ・ドライビング・ディスプレイが用意されています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す