初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ新型カローラスポーツ vs スバル インプレッサスポーツ】ライバル車徹底比較!

世界的大衆車として愛されてきたちトヨタ カローラの新型が、2018年6月、最先端技術を備え登場しました。新型カローラスポーツと互角の魅力を持つ、スバル インプレッサスポーツを徹底比較します。ハッチバックライバル対決はどちらに軍配?

【カローラスポーツ vs インプレッサスポーツ】徹底比較!

トヨタ新型カローラスポーツとはどんな車?

トヨタ新型カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツの発売日

トヨタ カローラは1966年より製造されているモデルです。国内外問わず、誰からも愛される大衆車を目指して開発され、世界中で人気を博してきました。
日本市場に現存する大衆向け小型普通自動車のブランドでは、1963年登場のマツダ ファミリアに次ぐ、2番目に長命のブランドとなっています。

2018年6月26日には、新型カローラスポーツが発売されました。また、同年8月には、インテリジェント マニュアル トランスミッション(iMT)搭載モデルも遅れて発売されました。

トヨタ カローラスポーツの開発コンセプト

トヨタ カローラスポーツは「初代コネクティッドカー」として開発されました。車と人のまったく新しい関係を始めることが、トヨタが新型カローラスポーツに込めた想いです。人と車、車と社会がつながり、ひとりひとりのユーザーにあった「安全・安心」「快適・便利」なきめ細やかなサービスを届けます。

トヨタ新型カローラスポーツの特徴

・車載通信機DCMを全車に標準搭載
・遠隔で走行アドバイスや車両診断を受けられる「eケアサービス」や「LINEマイカーアカウント」をはじめとしたコネクティッド機能を搭載
・スポーティなエクステリアデザインと、上質なインテリアデザイン
TNGAを更に進化させ、“乗って楽しい”上質な走りと乗り心地を実現
・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」を全車標準装備

トヨタ新型カローラスポーツについて詳しくはこちら

スバル インプレッサスポーツとはどんな車?

スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサスポーツの発売日

スバル インプレッサは、1992年に発売されたスバルを代表する乗用車です。高い走行性能や、WRCでの活躍などにより国内外問わず人気を博し、過去のモデルにも根強いファンがいるほどです。

5代目となるインプレッサは1.6L車「1.6i-L EyeSight」を2016年12月20日に発売。2018年2月には特別仕様車「1.6i-L EyeSight S-style」が設定されました。

スバル インプレッサスポーツの開発コンセプト

スバル インプレッサスポーツは、最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指しています。また、国産車初となる歩行者保護エアバッグを標準装備し、「総合安全」と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現したモデルです。

スバル インプレッサスポーツの特徴

・新世代プラットフォームである「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を初めて採用
・温度空間の均一化と静粛性の向上を実現するため空調ユニットにヒーターブロアユニット一体型を採用
・「EyeSight(ver.3)」を2WD車にも拡大して全車標準装備したほか、国産車で初となる歩行者保護エアバッグも全車に標準装備
・前面衝突時にドライバーの下肢へのダメージ軽減を図るため、インプレッサで初となる運転席SRSニーエアバッグを追加
・コーナリング時のライントレース性を向上するアクティブ・トルク・ベクタリングの採用

スバル インプレッサスポーツについて詳しくはこちら

トヨタ新型カローラスポーツとスバル インプレッサスポーツの違いは?

両者ともハッチバック型スポーツモデルの車ということで、走行性能の快適性、そして走らせる楽しさを追求した仕様となっています。新型カローラスポーツにはiMTなどの最先端技術が、インプレッサスポーツにはEyeSightやSRSニーエアバッグなど、安全技術がふんだんに採用されている点に注目です。

それぞれの“らしさ”が光るエクステリア比較

トヨタ新型カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツHYBRID G“Z”

トヨタ カローラスポーツHYBRID G“Z”

トヨタ新型カローラスポーツは、TNGAプラットフォームの採用により、低重心でワイドなスポーティシルエットを実現しています。トレッドを拡大しタイヤを外側に出すなどの工夫で、踏ん張り感のあるスタイルが特徴的です。

また、フロントエンブレムが一新され、車名の頭文字「C」と3つの花冠をモチーフにしたシンボリックなエンブレム(国内カローラ専用)が採用されています。

フロントは、低く抑えたフード、アッパーグリルから連続する切れ長のヘッドランプによりワイド&ローを強調。サイドからリヤにかけては、ダイナミックな造形と躍動感あふれるスタイルを表現しています。

トヨタの次世代プラットフォームTNGAについてはこちらも

スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサSPORT

スバル インプレッサSPORT

スバル インプレッサスポーツは、流麗であり、かつパワフルさを感じられるようなエクステリアデザインとなっています。
フロント、リアのデザインは、ともにスバルらしさ、そしてインプレッサらしさを感じられる雰囲気を纏ったデザインとなっています。

シック&スポーティ対決! インテリア比較

トヨタ新型カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツHYBRID G“Z”

トヨタ カローラスポーツHYBRID G“Z”

トヨタ カローラスポーツのインテリアは、TNGAプラットフォームにより、インストルメントパネルの厚みを抑え、ワイドな空間を実現しています。
開放感の感じられる室内空間は、シルバー加飾とブラックパネル構成で統一され、特別な空間を演出しています。
7インチTFT8マルチインフォメーションディスプレイを中央に配した先進的なメーターが採用され、ホールド性が追求された、新開発のスポーツシートを採用しています。

スバル インプレッサスポーツ

スバル インプレッサSPORT

スバル インプレッサSPORT

スバル インプレッサ スポーツのインテリアは、マルチファンクションディスプレイを採用したクールでスポーティなメーター類や、ブラックで統一されたシックなシートなどが特徴です。
カローラと同様に、全身を包み込んで守るような、頼もしさを感じることができるシートが特徴です。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!