初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新型ジムニーシエラとジムニーを徹底比較】軽自動車と普通車の違いは?

スズキのジムニーシエラおよびジムニーが、2018年7月5日にフルモデルチェンジして発売開始となりました。普通車であるジムニーシエラと軽自動車であるジムニー。違いはどこにあるのでしょうか?新型ジムニーシエラと新型ジムニー、両車の内外装・スペック・価格・維持費などを徹底比較して解説します。

【2018年7月5日発売】新型スズキ ジムニー/シエラは新型4代目へフルモデルチェンジ

2018年7月5日、スズキがジムニ/ジムニーシエラをフルモデルチェンジして発売を開始しました。20年ぶりのフルモデルチェンジということで、多くの注目を集めています。

この記事では、普通車の新型ジムニーシエラと軽自動車の新型ジムニーの違いがどこにあるのか、外装と内装からエンジン、維持費までを徹底的に比較します。

【南明奈#おため試乗】アッキーナが新型ジムニーを最速取材!

クルマ好きなアッキーナこと、南明奈が、話題の車をレビューする「南明奈#おため試乗」。新型ジムニーの事前取材会にお邪魔してきました。

動画で紹介しきれなかった、新型ジムニー/ジムニーシエラの細かな変更点については、MOBYの記事で解説します。

新型ジムニー/ジムニーシエラについて詳しくは以下記事から!

ジムニーシエラと軽ジムニーの外装の違いは2つだけ?

新型ジムニーシエラ・軽ジムニー 外装フロント比較

新型ジムニーシエラ・軽ジムニー 外装リア比較

軽のスズキ ジムニーと、後追いでジムニーをそのままサイズアップしたシエラの外装は、基本的には同一のデザインが採用されています。
両車とも、軽自動車と普通車の違いを感じさせないほどに、角の多い本格クロカンテイストの雰囲気が魅力的です。

数少ない違いを挙げるとすれば、上記画像のポイントとなるオーバーフェンダーと前後のバンパーが、シエラの方が大型化されている2点のみとなります。

フェンダー・オーバーフェンダーについて詳しくはこちら

ジムニーシエラと軽ジムニーの内装はほぼ同じか

新型ジムニー XCのインパネ周り

新型ジムニー XC の内装

画像は軽ジムニーの内装のみですが、先代と同じようにジムニーシエラの内装も基本デザインはジムニーと共通するものとなるでしょう。もし違いがあればスズキはジムニーシエラの内装画像も公開していたはずと予想しています。

インパネ周り、特にメーターはどこか懐かしさを感じさせるデザインで、大きめのステアリングは存在感があります。外装色が室内から見えるデザインは、乗っている人にアクティブな印象を与えてくれそうです。

ジムニーシエラと軽ジムニーのエンジン・スペックを比較

エンジンスペック

 新型ジムニーシエラ新型ジムニー(軽自動車)
エンジン種類直列4気筒VVTノンターボ直列3気筒DOHCターボ
エンジン型式K15B(新開発エンジン)R06A
最高出力75kW/6,000rpm47kW/6,000rpm
最大トルク130N・m/4,000rpm95N・m/3,500rpm

新型ジムニー(軽自動車)はR06A型ターボエンジン

新型ジムニーには、スズキの軽自動車向け最新エンジンであるR06A型」が採用されました。R06A型エンジンは新型ジムニー用に専用チューニングされています。

新型ジムニーシエラ(普通車)は新開発のK15B型エンジン

新型ジムニーシエラには、新開発の1.5L K15B型エンジンが採用されました。先代ジムニーシエラに搭載されていたのは1.3L M13A型エンジンでしたので、排気量がアップしています。

現在のスズキの国内販売モデルで1.5Lのエンジンを搭載しているのは、新型ジムニーシエラのみ。また、K15B型エンジンは同社がアジアで販売する7人乗りMPV(いわゆるミニバン)の「エルティーガ」にも、今後搭載が予想されます。

マイルドハイブリッドの採用は見送り

新型ジムニーおよびジムニーシエラには、スズキのマイルドハイブリッドシステムが搭載されるという予想もありましたが、今回見送りとなりました。本格クロカンを貫くジムニーにとって、マイルドハイブリッドの採用は大きな変化となりえます。今後のモデルチェンジで採用となるか、引き続き注目です。

リジットアクスルと副変速機付きパートタイム4WDは両車変わらず

トランスミッション・駆動方式

ジムニーシエラと軽ジムニーのトランスミッションは、両車ともに5MTと4MTが用意され、駆動方式は副変速機付きのパートタイム4WDとなります。
パートタイム4WDは、舗装路を通常走行する場面は2WDに、雪道、ぬかるみ、勾配の急な道など、悪路を走る場面は4WDに切り替える仕組みで、走破性を十分に高めています。

サスペンション(足回り)

ジムニーシエラと軽ジムニーのサスペンションは、先代から引き続いてオフロードに有利な3リンク式リジッドアクスルサスペンションが採用されます。
車体が傾いたとき、接地面に車の加重がしっかりとかかり、車体底面から地面の距離もしっかりととれることがこのリジットアクスルの最大のメリットで本格的なクロカン4WDは、この方式が多く採用されています。
四輪独立懸架では、その機構により悪路走行時のロードクリアランスが稼げません。

前後輪ともにリジットアクスルを採用する国産車は今やジムニーだけとなりました。

ラダーフレームも引き続き採用

歴代のジムニー/シエラ同様、新型にも共通したラダーフレームが採用されています。このラダーフレームは今回のフルモデルチェンジで進化し、強化されています。

ジムニーシエラと軽ジムニーの燃費を比較

WLTCモード燃費

 新型ジムニー(軽自動車)新型ジムニーシエラ
WLTCモード燃費13.2~16.213.6~15.0
市街地モード燃費11.0~14.611.2~12.8
郊外モード燃費13.9~17.514.7~15.8
高速道路燃費14.2~16.514.6~15.9
[単位]km/L

新型ジムニーおよび新型ジムニーシエラの燃費計測においては、新燃費基準である「WLTCモード」が採用されました。

JC08モードが日本基準であるのに対し、WLTCモードは世界基準。日本の場合、市街地、郊外、高速道路を想定した速度で燃費を計測します。

ジムニーシエラと軽ジムニーの燃費を比較すると、総合燃費は軽ジムニーの方が優れています。

ジムニーシエラと軽ジムニーの車両価格を比較

新車車両価格

新車車両価格予想
新型ジムニーシエラ176万~210万
新型ジムニー(軽自動車)145万~184万
[単位]円(消費税込み)

新型ジムニーシエラ、軽ジムニーの車両価格は上表の通りです。

最上位グレードの「JC」および「XC」には、デュアルセンサーブレーキサポートを含む「スズキセーフティサポート」が標準搭載されています。その他のグレードでは42,120円のメーカーオプションで選択できます。

ジムニーシエラと軽ジムニーの維持費を比較

新車購入後3年間の維持費予想

車名・グレード新型ジムニーシエラ新型ジムニー(軽自動車)
自動車取得税44,400円26,100円
自動車税34,500円10,800円
自動車重量税36,900円9,900円
自賠責保険料39,120円36,920円
任意保険料112,010円112,890円
ガソリン代350,000円280,000円
合計616,930円476,610円

プレスリリース時点では、新型ジムニーシエラと新型ジムニーのエコカー減税率、グリーン化税制対象の有無は不明であるため、軽ジムニーは現行エブリィワゴン、ジムニーシエラは現行シエラを参考にして試算※しました。なお、両車ともエコカー減税、グリーン化税制の対象ではありません。

軽自動車の税金について詳しくはこちら

※試算条件
・ガソリン代は年間10,000km走行、レギュラーガソリン単価140円、実燃費は、前項の燃費から試算
・任意意保険料は下記の「任意保険料算出」の条件にて、インターネット上で見積もりができる通販型自動車保険で試算
 新規契約、他に任意保険契約中の車なし、初年度登録・開始日:2018年6月、年間走行距離:16,000km以下、補償の範囲:本人のみ、26歳以上、ゴールド免許、証券発行なし、車両保険:一般、対人対物:5000万、車内のみ補償、登場者傷害なし、弁護士特約あり、その他特約なし

また、新車購入後3年間で、両車ともにほぼ変わらないと推定されるタイヤ交換、オイル交換などのメンテンス費、駐車場代などは省略しています。

普通車のジムニーシエラと軽自動車のジムニー買うならどっち?

新型ジムニーXC_キネティックイエロー

新型ジムニーシエラ JC シフォンアイボリーメタリック ブラック2トーンルーフ

ジムニーシエラとジムニーの大きな違いは実質的にエンジン排気量のみとなり、それに伴って新車価格と維持費が異なります。デザインやオフロード性能は、両車ともに大きく変わりません。ボディサイズもバンパーとオーバーフェンダーの部分でジムニーシエラが大きくなるのみで、ほぼ違いはないと言えます。

また、軽自動車の新型ジムニーに搭載されるR06Aターボエンジンはとても評判がよいエンジン。ひと昔前の軽自動車にありがちだった苦手な高速巡行も苦にはならないため、「高速道路をよく使うユーザーなら普通車のジムニーシエラがおすすめ」という提案は積極的にしがたいところです。走行性能はほぼ互角といってよいでしょう。

「性能に大差なく維持費を優先したい」「比較すれば小さいエンジンで軽量なほうが悪路走破性に有利」と考えるならば、軽自動車のジムニーがおすすめです。しかし、まだ試乗インプレッションが出ていない状態ですので、実際に乗ってみたときの走りがどうなるかが気になります。

ジムニーシエラとジムニーについて、今後の試乗インプレッションにご期待ください!

新型ジムニーの関連記事はこちら

スズキの新型車についてはこちら

歴代のジムニーについてはこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!