初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

軽キャンピングカー(軽キャンパー)タイプ別人気おすすめ車種26選【2018年最新版】

【トラキャン】軽キャンピングカー人気のおすすめ車種2選

トラキャンとは、軽トラックの荷台に必要なときだけ箱形の居室を載せて使うことができるタイプのキャンピングカーです。居室部分は荷物扱いになるので、軽トラックナンバーのみの登録で済みます。また普段は居室部分を降ろせば、普通の軽トラックとして使えるので、軽トラックを仕事や農作業に使いたい人にはうってつけの軽キャンピングカーです。

【1】ミスティック J-cabin Mini(Jキャビンミニ)

ミスティックが製造販売しているJ-cabin Miniは、少ないスペースしかないように思われるトラキャンでも、オーダーすればポータブルトイレやキッチンも装備可能。「本物」が理解できる目をもった人に向けて制作された、堅牢で長持ちするキャンパーです。

J-cabin Miniのスペック

ベース車両-
価格(税込)161万円~
ボディサイズ(mm)全長:3,300
全幅:1,470
全高:1,790
乗車/就寝定員2/2
主要標準装ダイネットソファーベッド(ベッドメイク時)
サブバッテリー
エントランスドア
ダイネットテーブル
メカニカルジャッキ
照明
左右ウィンド
カーテン

内装は日本らしいテイストでベッドはフラットベッドを採用。長旅でも疲れにくい睡眠をサポートしてくれます。ベッド上段には収納棚があり、大きな荷物も収納可能です。サイドウィンドウは網戸付きでルーバー式とスライド式の2タイプから選択でき、エントランスドアはネットスクリーン付きの頑丈な二重ドアになっています。

カーテンや脱着式のダイネットテーブルも標準装備されていて、すぐにキャンピングカーとして使用できます。オプションでキッチンや壁掛けクーラ、入り口空間にポータブルトイレをつけることも可能です。

【2】ミスティック Mini Pop(ミニポップ)

ミスティックが製造販売しているミニポップは、ポップアップルーフを装備した珍しい軽トラキャンです。縦に広さをとることで、4人就寝可能となっています。細部までこだわり自社生産しているため、丈夫で長持ちする使い勝手のいいキャンパーに仕上がっています。

Mini Pop(ミニポップ)のスペック

ベース車両スズキ:キャリー
ダイハツ:ハイゼット
ホンダ:アクティ
価格(税込)176万円
ボディサイズ(mm)全長:2,900
全幅:1,455
全高:1,345
乗車/就寝定員2/4
主要標準装備 ダイネットソファーベッド
サブバッテリー
エントランスドア
ダイネットテーブル
メカニカルジャッキ4本
照明
左右ウィンド
カーテン (窓部)
エントランスランプ
上部スライド式ベッド

上段ベッドと下段ベッドに大人が2人ずつ寝られるスペースがあり、軽トラベースとは思えない広さが自慢です。居住スペースの基本となる脱着式のダイネットテーブルやダイネッットソファーベッド、上部のスライド式ベッドはもちろん標準装備。窓は網戸とカーテン付きで、エントランスドアは頑丈なネットスクリーン付きの2重ドアが装備してあります。

もちろんミスティック製なので、オーダーすれば足回りの強化やキッチン・クーラー・ポータブルトイレまで豊富な快適グッズを装備することが可能です。

内装の豪華な軽キャンピングカー人気のおすすめ車種3選

【1】岡モータース ミニチュアクルーズ

まるでホテルかと思うような豪華な内装は、アーバンブラックの家具が特徴のミニチュアクルーズ。タオル掛けはシルバーメッキでラグジュアリー感を漂わせ、天井には3段階調光のLEDダウンライトをあしらい、キャビネット上部にはLEDスポットライトを標準装備。ワンランク上の上質な空間を演出してくれます。

【2】インディアナRV インディ727

Naoki Ikedaさん(@neoism11pc)がシェアした投稿 -

カフェに来たような気分にさせてくれる、おしゃれで可愛い内装のインディ727。シャワー付きステンレス製シンクや、常夜灯付きのLED天井照明・LEDサイド照明を標準装備した豪華なインテリアです。オプションでフロアイルミネーションを装備することが可能で、ラグジュアリー感を演出できます。

【3】バンショップミカミ テントむし

テントむしはイタリア製のおしゃれなシートが選べ、冷蔵庫が標準装備など、設備が豪華です。標準で装備されているシンクはスクエアシンクですが、オプションで可愛い丸型シンクに変更できるほか、シートもポップな色に変更できるなど細かい部分までこだわることが可能です。

価格の安い軽キャンピングカー人気のおすすめ車種3選

【1】オートワン ピッコロキャンパープラス

バンコンタイプの軽キャンピングカーで、160万円台での購入が可能。就寝マットやガスコンロ、脱着式のセンターテーブルなど必要最低限の標準装備で低価格を実現しています。シンプルなレイアウトながら収納力は抜群。キャンピング用品や趣味の道具をたくさん積んでも大丈夫です。ほぼ何もない状態の軽キャンピングカーなので、自分で好きなようにカスタムできる楽しみ方もできます。

【2】ミスティック J-cabin Mini(Jキャビンミニ)

ミスティックのJ−cabin MiniシリーズのSタイプは、シンプルなレイアウトの室内にすることで価格を150万円まで抑えることに成功。しかし室内高は高く、圧迫感がなく快適に過ごすことができます。安くても作りは頑丈で、カーテン・網戸付きの窓やエントランスドアはネットスクリーン付き2重ドアを採用しています。

【3】オートワン テントむしバンスポーツ

キャブコンタイプの軽キャンピングカーは、安いものでも300万円近くするものが多いですが、テントむしバンスポーツは198万円で購入可能。バンショップミカミが開発したテントむしの外観はそのままで、オートワンがオリジナルで制作しています。ポップアップルーフはもちろん標準装備。フロアベットは完全フラットになるので疲れにくいです。バンショップミカミのテントむしのように、冷蔵庫やシンクは標準装備されていませんが、コストパフォーマンスに優れた軽キャンピングカーといえます。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す