初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【フォルクスワーゲン ヴァナゴン T4・T5 総合情報】中古車選びの注意点からカスタムまで

世界各国で販売されており、日本にも根強いファンがいるフォルクスワーゲンのヴァナゴン T4・T5。日本市場ではかなり入手困難なヴァナゴン T4・T5の魅力を解説するとともに、中古車選びの注意点や中古価格、カスタムの参考になる写真まで網羅した総合情報をお届けします。

フォルクスワーゲン ヴァナゴン T4・T5とはどのような車?

ヴァナゴン T4

ヴァナゴン T5

フォルクスワーゲン ヴァナゴン T4・T5は、フォルクスワーゲン社での型式名称「タイプ2」に分類される車です。世代別に、T1・T2・T3とシリーズ化されており、日本では「ワーゲンバス」「サンババス」「デリバン」と呼ばれることが多いですが、国によってカタログ表記が変わるため、車名を決めずタイプ2で統一しています。

国産車にはないワイルドな見た目に惹きつけられて所有した人もいますが、運転の難しさや維持費がかさむことが原因で、泣く泣く手放す人も多かった車種。欧州車テイストが濃く、現在でも根強いファンがいます。

ワーゲンバス・タイプ2について詳しくはこちら

ヴァナゴン T4(1990〜2003年)

14年間製造されていましたが、日本では1995年から1997年の約2年間だけ正規輸入された希少車です。日本では「ヴァナゴン」という名前で販売されていましたが、北米では「ユーロバン」という呼称で販売されました。
同時期に販売されていたメルセデス・ベンツ V280と共通のエンジン(型番は違う)が搭載されています。
ホイールベースは、ショートとロングの2種類。高さもノーマルとハイルーフから選べます。

フォルクスワーゲン ヴァナゴン T4のスペック

発売日1990年デビュー
ボディサイズ全長:4,707
全幅:1,840
全高:1,940
ホイールベース:2,920
車両重量1,760
乗車定員7人
エンジン2.5L 直5 SOHC
最高出力81[110]/4,500
最大トルク194[19.8]/2,200
トランスミッション4速AT
駆動方式FF
10・15モード燃費7.6km/L
燃料ハイオク
新車車両価格-
【単位】ボディサイズ:mm 車両重量:kg 最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

※上記のスペックは、日本で販売されていたヴァナゴン T4 GLグレードの基本スペックです。

ヴァナゴン T5(2003年〜)

T4のデザインを引き継いだT5は、
・貨物モデル「トランスポルター」
・一般乗用モデル「カラベル」
・上級乗用モデル「マルチバン」
・キャンピングカー「カリフォルニア」
とそれぞれモデルが分かれています。日本での正規輸入は実現せず、直輸入販売会社 ルパルナスが欧州から直接輸入し販売しているため、数が少なく希少な車種です。

フォルクスワーゲン T5のスペック

発売日2003年デビュー
ボディサイズ全長:4,892
全幅:1,904
全高:1,970
ホイールベース:3,000
車両重量2,375
乗車定員7人
エンジン2.0L 直4 DOHC
最高出力132 [180]/4,000
最大トルク400 [40.79]/1,500-2,000
トランスミッション7速DSG
駆動方式FF
JC08モード燃費-
燃料軽油
新車車両価格-
【単位】ボディサイズ:mm 車両重量:kg 最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

※上記のスペックは、T5 マルチバン ハイラインの基本スペックです。

フォルクスワーゲン ヴァナゴン T4・T5の中古車価格

最新「ヴァナゴン」中古車情報!

本日の在庫数 21
平均価格 209.3万円
本体価格 59〜538万円
Pick up!
Pick up!

中古車数は限りなく少ない車種です。とくにT5はかなり希少。取り扱い店舗も少なく、価格もヴァナゴン T4は200万円から、T5になると500万円からが相場となっており、車によっては店舗に直接問い合わせる必要がある場合もあります。
中古車を購入する場合は、購入後の維持費のこともしっかり考えて検討してください。

中古車の維持費についての検証はこちら

フォルクスワーゲン ヴァナゴン T4・T5を中古で買うときの注意点

フォルクスワーゲン T5

中古車を買う前にチェックしたい注意点

日本では現在正規輸入されていない車なので、今後中古車が増えるということはありません。今日本国内にある希少なヴァナゴン T4・T5は、中古で買われて売られてを繰り返し、多くの人が乗った車が多いです。
そのため走行距離が、10万kmを超えている車も多く販売されています。状態の悪い車を買ってしまわないためにも、ショップ選びが重要なチェック項目となってきます。ヴァナゴンT4・T5の知識をしっかり持った店で購入することがおすすめです。

中古車を選ぶときに気を付けたいポイント以下で解説しています。

故障しやすい箇所と部品供給

ヴァナゴン T4・T5は故障が多い車です。エンジン系のトラブルやオイル漏れ、クーラーが効かなくなるといった故障が目立ちます。
故障しても修理できるショップが少ないですし、部品もない場合が多くカリフォルニアから直接部品を取り寄せるのに1年近くかかったという人も。ヴァナゴン T4・T5の知識が豊富で、すぐに対処してくれるショップを探しておくほうがいいです。また所有者自身も、どこが故障したのか、どの部品が必要なのか、ある程度探れるような知識をもっているほうがいいかもしれません。

車の寿命や対策については以下で解説しています。

フォルクスワーゲン ヴァナゴン T4・T5のミニカー

参考価格: ¥ 6,800
(2018年10月16日現在)

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す