初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【水抜き剤】おすすめ人気ランキングTOP10!効果的な使い方や成分も

水抜き剤は燃料タンクの中に溜まった「水分」を取り除く燃料添加剤です。水抜き剤とはどのような成分の製品かや使用方法や効果についててまとめました。水抜き剤のおすすめランキングTOP10もご紹介します。

水抜き剤とは?

水抜き剤とは、燃料タンクの中に溜まった「水分」を取り除く燃料添加剤のことで、ガソリン用 / 軽油用など種類があります。ガソリンタンクの水抜きは燃料給油時に水抜き剤を入れるだけですので、自分でも簡単にできる作業です。

ガソリンスタンドで「水抜き剤の注入」をすすめられることがありますが、カー用品量販店やインターネット通販で簡単に購入することもできます。

水抜き剤の成分や使用方法、効果についててまとめました。水抜き剤のおすすめランキングTOP10もご紹介します。

燃料タンクに水が溜まる原因

燃料タンクに水が混入する大きな原因は2つ考えられます。

・タンク内の気密性が低いため(おもに古い車)天候により高湿度がタンク内に影響する。
・給油時に空気中の水蒸気がタンク内に入り、外気とタンク内の温度差により結露が発生する。

どちらも直接タンクに水が入るわけではなく、気温・湿度の影響によりタンク内に水分が発生し、タンクに溜まってしまうのです。燃料タンク内の燃料と水の比重差から、水が燃料タンクの底に溜まります。そのため、金属製の燃料タンクの場合、底に錆が発生する可能性があります。

錆が進行することにより、ガソリンタンクに穴が開いてしまう危険性、エンジンに水分が送られることでエンジンが不調になる可能性もありますので、燃料タンク内に水が溜まったまま放置しておくことには危険です。

燃料タンクのお手入れについてはこちら

水抜き剤の成分と仕組み

水抜き剤の主成分は「IPA(イソプロ ピル アルコール)」です。

水抜き剤を入れたことにより、タンク内で水がなくなるということではありません。アルコールは水と油の両方に溶けるため、水抜き剤が混ざった燃料タンク内の水分であれば、燃料と同様に燃焼、気化させることができる、という仕組みのようです。

また、水抜き剤には「防錆剤」が入っている製品もあり、燃料タンク内を錆から予防する効果もあるとのこと。ただし、昨今の燃料タンクには樹脂製コーティングがされていたり、錆びない素材が使用されていたりするため、水抜き剤の防錆効果が車の性能を大きく左右するわけではないでしょう。

水抜き剤のおすすめ人気ランキング【第1位】

「水抜き剤(ガソリン用)」を販売している複数のショッピングサイトの人気傾向や販売状況、SNSや口コミサイトなどの評価を総合的に調査しランキングしました。
※商品の各種情報は2018年6月時点のものとなります。

鮮烈 水抜き剤:古河薬品工業

・ガソリン用 200mL

参考価格: ¥ 120
(2018年10月16日現在)

・特殊溶剤により、燃料タンク内の水分を溶解し燃料とともに燃焼
・燃料タンク内の錆の発生を防止
・燃料フィルターの目詰まりによるトラブルを防止
・冬期に発生する燃料パイプ内の水分の凍結を予防

「鮮烈 水抜き剤」の口コミ評価

インターネット上の口コミには、効果を実感することができないが安心できるという評価が多いようで、代表的なものは以下の通りです。

「入れてみて効果がはっきり体感できるものではないが、気休めにはなりました」
「古い中古車でしたので念のため投入しました」
「効果は当然解りませんが上層部の水が無くなっていることを祈ります」
「使用してみて、不満もなくまた他の製品と違って特別に優れていたという実感もなく」
「タンクの錆取り後に使って見ましたがあまり効果を感じられませんでした」

水抜き剤のおすすめ人気ランキング【第2位】

フュエルシステム 水抜き剤:KURE(呉工業)

・燃料タンク内の水分や湿気を除去して、凍結を防ぐ
・防錆剤の配合にて、燃料タンク内の錆や腐食を防ぐ
・燃料供給を円滑にし、エンストやノッキングを防ぐ

「フュエルシステム 水抜き剤」の口コミ評価

インターネット上の口コミには、燃費が良くなったという評価もありますが、効果を実感することができない方が多いようで、代表的な声は以下の通りです。

「アルト エコの最終型番ですが、物凄く燃費が良くなりました」
「効果の程はわかりません」
「性能は…自分へのプラシーボ効果くらいの期待で」
「効果の有無は確認できず。信じる者は何とやら。安いので1回購入」
「入れないよりも入れた方がいいかなと思い値段も安くいいかなと」

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す