初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ダイハツ新型ミラトコット発売!ミラココア後継モデルのスペックや価格は?

ダイハツは新型ミラトコットを2018年6月25日に発表、発売しました。ミラトコットは「ミラココア」の後継モデル。ダイハツ新型ミラトコットの内装・外装・スペック・価格など最新情報を紹介していきます。高品質と低価格にこだわり、女性や初めて車を購入する層にも優しい車を目指しました。

ダイハツ新型ミラトコット 2018年6月25日発売!

ダイハツ ミラ トコット

2018年6月25日、ダイハツは新型ミラトコットを発売しました。

新型ミラトコットについてダイハツは「女性や初めて車を購入する若年層」をターゲットにしたと発表。シンプルで愛着のわくデザインとしつつ、高品質かつ購入しやすい価格にこだわったということです。

ミラココアの後継車、「新型ミラトコット」に関する最新情報や予想をご紹介していきます。

生産が終了したミラココアの実質的な後継車種に

ダイハツ ミラココア 2014年型

クルットした丸目ランプとキュートなデザインで、2009年から販売されていたダイハツ「ミラココア」が2018年2月に生産を終了し、在庫のみの販売となる旨が発表されました。また、それに伴い、3月には現行モデルとして、ダイハツの公式サイトでの掲載も取り消されています。

ミラココアは、2009年の販売から今日にいたるまで、2度のマイナーチェンジを実施していますが、フルモデルチェンジは1度も実施されていません。モデルチェンジのサイクルが比較的短い「軽自動車」において、9年近くも現行モデルとした「ミラココア」は、それだけ人気の高かった車だったと言えるでしょう。

ココアを飲んだ際のホッとした雰囲気、あたたかい車をコンセプトにした「ミラココア」。国内初となる「バックモニター内蔵のルームミラー」を採用し、先進技術も取り入れられたロングセラー車となりました。

今回のミラトコットは、ミラココアの実質的な後継車種となります。

ミラトコットとミラココアの違いについてはこちら

新型ミラトコットの外装はエフォートレスなスクエアフォルム

ダイハツ ミラトコット(フロント)

ダイハツ ミラトコット(サイド)

ダイハツ ミラトコット(リア)

新型ミラトコットのエクステリア(外装)は、シンプルなスクエアデザインであることが特徴的です。「かっこよさ」「かわいらしさ」を追求するのではなく、シンプルで飽きのこないデザインにすることで、初めて車を持つ方が購入しやすく、長く使えるような車であることにこだわっています。

商品開発については女性によるプロジェクトチームを結成。「エフォートレス」をテーマに、自然体で乗ることのできる車を目指しました。

自分なりに個性を出したい方は、豊富なボディカラーや3種類のパッケージも選ぶことができます。

ダイハツ新型ミラトコットはボディカラーも豊富

ジューシーピンクメタリック+デザインフィルムトップ(画像はG“SAⅢ”)

新型ミラトコットのボディカラーは全8種類。さらに、新開発の「キャンバス地調」のデザインフィルムトップによるコンビネーションカラーも4種類用意されています。

キャンバス地調デザインフィルムトップは布のような質感を再現しており、ルーフ、バックドアアッパー、フロントバンパーに貼ることで個性的なエクステリアデザイン(外装)にアレンジすることができます。

ボディカラーの組み合わせは以下のとおりです。

ワントーンカラー

・ジューシーピンクメタリック
・セラミックグリーンメタリック
・サニーデイブルーメタリック
・レモンスカッシュクリスタルメタリック
・パールホワイトⅢ
・ファイアークォーツレッドメタリック
・プラムブラウンクリスタルマイカ
・ブラックマイカメタリック

2トーンカラー(コンビネーションカラー)

・セラミックグリーンメタリック+デザインフィルムトップ
・ジューシーピンクメタリック+デザインフィルムトップ
・サニーデイブルーメタリック+デザインフィルムトップ
・パールホワイトⅢ+デザインフィルムトップ

個性を際立たせるアナザーパッケージスタイル

スイートスタイル

エレガントスタイル

クールスタイル

新型ミラトコットは、エクステリアデザイン(外装)のシンプルさを活かし、アクセサリーで個性的なスタイルを表現する、3種類のパッケージも提供しています。

3種類のパッケージであるパールホワイト使いがかわいらしい「スイートスタイル」、ガーニッシュをメッキで彩った「エレガンススタイル」、ブラックをアクセントとした「クールスタイル」は、それぞれが個性的な雰囲気が特徴です。

新型ミラトコットの内装は居心地と安心を両立

ミラ トコット(G“SAⅢ”)インパネ

ミラ トコット(G“SAⅢ”)シート

新型ミラトコットのインテリアデザイン(内装)は、白を基調としたシンプルさが特徴です。水平基調のインパネや丸みのあるインパネガーニッシュなど、車内の居心地のよさにもこだわりました。

シートについては、背もたれはベージュ、乗り降りの際に足が触れることがある座面は茶色を使用し、ツートンカラーのおしゃれな雰囲気に。座面に茶色を配色したことで、汚れも目立ちにくい工夫がなされています。

また、運転席や窓など、各所に運転しやすさの工夫を凝らしています。

ミライースよりも30mm高い室内高で頭上空間にもゆとりが

スクエアボディと水平基調のインパネで車両先端も見やすい

フロントピラーを立てて死角を少なく

後方窓も大きくベルトラインも水平で駐車しやすい

新型ミラトコットのエンジンはムーヴと同じ、安全装備はスマアシ3

新型ミラトコットのスペックは以下表のとおりです。

前述のとおり、ミラトコットのプラットフォームは、販売が始まった新型ミライースで採用の「Dモノコック」を採用します。また、エンジンはムーヴと同様のKF型を搭載。
プラットフォームとエンジンにより、ミラトコットは先代ミラココアに比べて軽量化がなされ、さらなる燃費向上が図られました。

軽自動車でも当たり前となってきた「安全装備」においても、ミライースで採用されている「スマートアシスト3」がほとんどのグレードで採用されました。

新型ミラトコットのスペック

全長全幅全高
3,3951,4751,530~1,540
ホイールベース車両重量乗車定員
2,455720~7904
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型ミラトコットのパワートレイン

エンジン種類直列3気筒
排気量660cc
最高出力38[52]/6,800
最大トルク60[6.1]/5,200
トランスミッションCVT
駆動方式FF/4WD
使用燃料ガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型ミラトコットの燃費

JC08モード燃費27.0〜29.8
実燃費-
[単位]km/L

ミラココアに搭載される安全装備「スマアシ3」について詳しくはこちら

ダイハツ ミライースやムーブについてはこちら

ダイハツ新型ミラトコットのライバル車は?

ハイブリッドで低燃費のダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース G“SA Ⅲ” スプラッシュブルーメタリック

新型ミラトコットは同社ミライースの派生モデルとして開発されました。ミラトコットとミライースの違いは、デザインや燃費性能、価格などです。

ミラトコットとミライースの詳しい比較については以下をご覧ください。

超軽量ボディでシンプルさが魅力のスズキ アルト

スズキ アルト X レッド1

アルトは、スズキが1979年から製造・販売しているハッチバック型軽自動車です。初代から続く低価格路線を維持しつつ、軽自動車に求められる乗りやすさや扱いやすさといった基本性能に磨きをかけています。

アルトとミラトコットの比較については以下をご覧ください。

ダイハツ新型ミラトコットの価格とグレード構成

グレード駆動価格(税込み)
L2WD107万円
4WD120万円
L"SAⅢ"2WD114万円
4WD127万円
X"SAⅢ"2WD122万円
4WD135万円
G"SAⅢ"2WD130万円
4WD143万円

新型ミラトコットの価格とグレード構成は上表のとおりです。

先代となるミラココアは、新車時販売価格では約119万から約165万円の価格設定となっていました。また、ムーヴの新車販売価格は約111万から約147万円、イメージを踏襲するとされるムーヴ キャンバスでは約119万から約167万円で価格設定がなされています。

実質的なミラココアの後継車であり、新型車であるミラトコットが先代モデルよりも低価格に設定されている点には注目です。価格にこだわったダイハツの意図が伝わります。

今後は、特別披露会や展示会、さらには全国各地で開催される新発売イベントなどが予定されています。
ダイハツ新型ミラトコットの売れゆきにも注目しましょう。

ミラココアの中古車情報はこちら

最新「ミラココア」中古車情報!

本日の在庫数 2,359
平均価格 73.6万円
本体価格 13.5〜156万円
Pick up!
Pick up!

ダイハツやその他メーカーの新型車情報はこちら

かわいい車をもっと見たい方はこちら

ミラトコットとライバル車との比較記事はこちら

軽自動車の購入を検討中の方はこちらの記事も必見

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す