初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ ターセル 総合情報】中古車選びの注意点とコルサとの違いなど

【3代目】ターセル(1986-1990年)

トヨタ ターセル 3代目 3ドア

3代目のターセルはバブル期に開発されたこともあり、車種バリエーションやボディタイプなどの種類が増え、販売台数も当時のFFコンパクトカーの中で最大のライバルであるファミリアを超えて、念願のクラス1位の栄光に輝きました。

この時期のターセルは、兄弟車のコルサ、カローラⅡとともに、ハッチバックに3ドアと5ドアがありました。また、3ドアのスポーツグレードにはリトラクタブルヘッドライトを採用したフロントデザインが違う「リトラ」というグレードがあり、更にセダンのボディが2代目からの同一デザインで引き継がれました。

3代目ターセルの3兄弟は、エンジンの種類も豊富で、1,300CC、1,500CC、1,500CCのターボ、更に1,500CCのディーゼルまで設定されていました。エンジンだけでも女性から走り屋の男性、年配のご夫婦まで、さまざまな顧客の需要に対応できるだけのラインナップを備えていました。

リトラクタブルヘッドライトについてはこちら

3代目ターセルでエンジンが横置きのFFに

バブル期の車ということもあり、内装の質感はこれまでのターセルよりも高められ、トヨタらしい高品質な仕上がりになりました。

ターセルはこの3代目以前までFF車の走りの癖がより少ないと言われていた縦置きエンジンで設計されていましたが、この頃までにスペース効率の面で有利な横置きFFに改められました。

3代目 ターセルのスペック

3代目 ターセルのスペック
全長全幅全高
3,8651,6251,370 - 1,375
ホイールベース車両重量乗車定員
2,380830 - 8905
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【4代目】ターセル(1990-1994年)

トヨタ ターセル 4代目 セダン

4代目のターセルは、開発時期がバブル期まっただ中だったこともあり、歴代のターセルの中でも開発にコストがかけられています。そのため、非常に質感の高い車に仕上がっています。今見ても内装のクオリティはこのクラスのコンパクトカーとして大変レベルが高いです。

4代目のデザインはより丸みを帯びた形になり、女性ユーザーを意識した車づくりがなされています。とくにハッチバックは女性好みのデザインが施され、ボディーカラーには淡い華やかな色味が登場。ハッチバックは5ドアが無くなり、すべて3ドアに変更されました。

以前に比べて車種も少し整理され、どちらかというとターセルは女性向け、年配の方向けの車になりました。

2ドアクーペのサイノスが加わる

トヨタ サイノス 初代

この4代目のターセルにはバリエーションとして、2ドアクーペの「サイノス」が加えられました。当時流行ったパーソナルクーペのコンパクト版で、ターセルをベースとしながら長めのボンネット・低めの車高などで、2ドアクーペの優雅なデザインを再現していたのです。

当時はこんな小さな車にも2ドアクーペを用意していたとは、2ドアクーペがほぼ存在しない現在の国産車の状況を考えると驚きです。

4代目 ターセルのスペック

4代目 ターセルのスペック
全長全幅全高
3,9301,6451,365
ホイールベース車両重量乗車定員
2,3808505
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す