初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ラジアルタイヤとは?価格や寿命からバイアスタイヤとの違いまで

気になるラジアルタイヤの価格

ラジアルタイヤの価格には大きな差があります。有名メーカーの最新モデルでは、1本数万円というものから、格安タイヤでは4本でも1万円を超えるかどうかという価格のものまで多種多様です。

タイヤの世界も技術の進歩はめまぐるしく、有名メーカーの最新タイヤでは「燃費性能」「耐用年数」「グリップ力の均一さ」などが格段に向上していると言えます。

しかし、格安タイヤだからと言ってすべてが悪いわけではあります。有名メーカーでもモデル落ちなら安いですし、アジアンタイヤと呼ばれるメーカーでもしっかりとした性能のタイヤも存在します。何を重視するかよく吟味してチョイスしたいものです。

格安スタッドレスタイヤを買う前にチェックしておきたい記事

ラジアルタイヤの寿命はどのぐらい?

タイヤはゴム製品であるため使用年数が長くなると、それだけでも劣化してしまいます。一般的に使用した場合のタイヤの寿命は、5年から10年です。

ただし、車への荷重が高い、高速走行が多い、適性な空気圧を保っていないなどの状況では、通常走行よりもタイヤへのダメージは大きくなるので注意が必要です。

一般的に5年を経過したタイヤはプロに点検してもらい、タイヤが走行に耐える状況であるかを確認することをおすすめします。

また、スタッドレスタイヤの寿命は、ノーマルタイヤより短い3年ほどだと言われています。雪道を走行するスタッドレスでは夏に比べ、悪路を走行するケースも多いですから、こちらも3年を経過したタイヤではプロに点検をお願いした方がいいでしょう。

タイヤの寿命に関してはこちら

おすすめ人気ラジアルタイヤ

グッドイヤー EAGLE(イーグル) LS2000 ハイブリッド2

参考価格: ¥ 4,890
(2019年05月29日現在)

世界的タイヤメーカー「グッドイヤー」製の165/55 R15サイズのコンフォートタイヤで、低めの価格設定でありながらコスパの高い製品です。
また、扁平率30-55%のサイズでは「リムプロテクター」が付いているので安心です。
左右対称・非方向性で、装着の際にも便利です。

製造元住友ゴム工業
タイヤ幅165mm
扁平率55%
リム径15インチ

ファルケン SINCERA(シンセラ) SN832i 155/65 R14

グローバルブランド「ファルケン」の155/65 R14の低燃費タイヤで、主に軽自動車が対応車種となります。
低価格でありながら住友ゴム製という信頼もあり、品質的にも安心できそうです。
ドライグリップ・ウェットグリップ・静粛性・乗り心地の面でも均一な性能を保ち、コストパフォーマンスは高いと言えます。

製造元住友ゴム工業
タイヤ幅155mm
扁平率65%
リム径14インチ

ブリヂストン NEXTRY(ネクストリー) 155/65 R14 75S

日本を代表するブリヂストン製の低燃費タイヤとして人気の「NEXTRY(ネクストリー)」シリーズで、タイヤサイズは155/65 R14です。
製造国には日本の他にもアジア製となる場合もありますが、口コミ評価を見ても、品質に問題はないようです。
コスパに優れたタイヤと言え、静粛性、グリップ力とも気に入っている人が多いようです。

製造元ブリヂストン
タイヤ幅155mm
扁平率65%
リム径14インチ

ヨコハマ BluEarth(ブルーアース) RV-02 195/65 R15 91H

参考価格: ¥ 8,000
(2019年05月29日現在)

ヨコハマタイヤの低燃費タイヤ「BluEarth(ブルーアース)」シリーズで、サイズは195/65 R15となっていて、「トヨタ ノア」や「日産 セレナ」などミニバンタイプにマッチするタイヤとなっています。
低燃費性能においても、安全性能となる「ウェットグレード」で上級ランクとなる「a」を獲得しています。
値段は少し高めながら、性能の高さに重点を置く人にはおすすめです。

製造元ヨコハマタイヤ
タイヤ幅195mm
扁平率65%
リム径15インチ

ダンロップ ENESAVE(エネセーブ) RV504 205/60 R16 92H

参考価格: ¥ 9,220
(2019年05月29日現在)

有名タイヤメーカー「ダンロップ」の人気シリーズ「ENASAVE(エナセーブ)」の「4D NANO DESIGN」で開発された最新式のミニバン専用の低燃費タイヤです。
ミニバン特有となる「ふらつき」を抑え、耐摩耗性にも優れたタイヤで、低燃費性能でも「グレードAA」を獲得した高性能タイヤです。
ミニバン専用となり低燃費グレードも高いため、耐用年数を考慮すれば決して高くはないタイヤと言えるのはないでしょうか。

製造元住友ゴム工業
タイヤ幅205mm
扁平率60%
リム径16インチ

ラジアルタイヤの進化は凄まじい!

タイヤ ノーマルタイヤ

©Shutterstock.com/EFKS

ラジアルタイヤの意味や価格、寿命などについて紹介しました。ラジアルタイヤと一括りにしても、近年は技術革新が加速していて、その特徴は多様となっています。

タイヤは唯一走行する道と接する道具で、安全で快適な走行に重要な役割を担っています。こまめな点検や適性なタイヤをチョイスして、カーライフをエンジョイしましょう。

タイヤに関する記事はこちら

タイヤのメンテナンスに関する記事はこちら

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す