初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ビュイック新型EV・SUV「エンスパイア」は0-100km/h加速4秒を切るスペックで登場!最新情報まとめ

米GMが展開するビュイックは、北京モーターショー2018において新型EV・SUV「エンスパイア」を初公開しました。新型エンスパイアは、EVらしからぬそのスペックでGMの将来のビジョンを示すコンセプトモデルです。新型エンスパイアのスペックや価格、日本発売などの予想と最新情報をまとめました。

【最新情報】ビュイック新型EV SUV「エンスパイア」が北京で公開!

ビュイック ロゴ

米GM(ゼネラルモーターズ)が展開するビュイックブランドは、2018年4月から開催されていた北京モーターショー2018において、EVパワートレインを搭載した新型コンセプトSUV「エンスパイア(Enspire)」を初公開しました。

近年急速な勢いで拡大している中国のEV市場に合わせる形で、自社EVラインナップを強化・拡充していくという戦略を掲げているGM。
今回の新型エンスパイアは、その戦略の方向性を示すコンセプトモデルです。

新型エンスパイアのスペックや価格、日本発売などの予想と最新情報をまとめました。

北京モーターショー2018についての記事はこちら

【ビュイック 新型エンスパイア】外装デザイン

新型エンスパイア フロント

新型エンスパイア リヤ

ビュイック 新型エンスパイアのエクステリアは、高度なエアロダイナミクスにもとづいて設計されています。
その精緻にして大胆なデザインにより、エクステリアの彫刻的なディティールが、強く際立っているのも非常に特徴的です。

【ビュイック 新型エンスパイア】内装デザイン

新型エンスパイア インパネ

ビュイック 新型エンスパイアのインテリアは「サラウンドスカイライン」をテーマとし、シアタータイプのシートを採用することで、明るく広々とした空間を実現しています。
センターコンソールとアームレストには、天然の木目パネルとマイクロファイバースエード素材が採用されました。

また、最先端の技術として有機ELディスプレイと、インテリジェントAR(拡張現実)技術にもとづくHUD(ヘッドアップディスプレイ)システムが搭載されています。
さらに、次世代の通信方式「5G」を使用した超高速ネットワークの利用も可能とのこと。

【ビュイック 新型エンスパイア】ボディサイズ

ビュイック 新型エンスパイアの詳細なボディサイズは、公表されていません。
ここでは参考として、米テスラのEV SUV「モデルX」のボディサイズを掲載しています。

参考:テスラ モデルXのボディサイズ

全長全幅全高
5,0522,272(ミラー展開時)
2,017(ミラー折りたたみ時)
1,999(ミラー含まず)
1,684
ホイールベース車両重量乗車定員
2,9652,352~2,4875/6/7
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

テスラ モデルXについての記事はこちら

【ビュイック 新型エンスパイア】スペックと航続距離や加速は?

ビュイック 新型エンスパイアのパワートレインには、フロントとリアにモーターを搭載した、電気4WDシステムが採用されています。
システム最高出力は557PS(410kW)を発揮し、0-100km/h加速は4秒以内という性能です。

1回の充電における航続距離は、最大で約600km(370マイル)に達します。
急速充電器を使用した場合、バッテリー容量の80%までの充電が40分以内に完了します。

参考:テスラ モデルXのパワートレインスペック

モーター種類ACインダクションモーター
定格出力60~100kW
最高出力後輪大型モーター:375[510]/6,150
前輪小型モーター:193[262]/6,100~6,800
最大トルク後輪大型モーター:660[67.3]/-
前輪小型モーター:330[33.7]/-
航続距離417~565km
駆動方式AWD
使用電池リチウムイオン電池
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

【ビュイック 新型エンスパイア】新車車両価格

ビュイックの現行ラインナップの価格帯から、新型エンスパイアが市販された場合の新車車両価格は、日本円で500万円以上になると予想できます。
ただ、ビュイックはGMの中級車ブランドに位置づけられているので、新型エンスパイアの価格が1,000万円を超えることはないでしょう。

参考までに、テスラ モデルXの新車車両価格は1,156万~1,780万円です。

【ビュイック 新型エンスパイア】発売日は?

ビュイック 新型エンスパイアの発売日については、現時点では情報がまったくありません。
実際に市販モデルが発売されるのであれば、将来に向けて電動SUV開発を進めている多くの他メーカーと同様に、2020年前後での市場投入になると思われます。

新型エンスパイアの日本発売に関しては、ビュイックがすでに日本市場から撤退しているので、可能性はほぼゼロといっていいでしょう。
今後もビュイック 新型エンスパイアに関する最新情報が入り次第、この記事でお伝えしていくので、どうぞご期待ください

最新のEV・SUVに関する記事はこちら

ビュイックに関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す