初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

メルセデス・ベンツ新型Cクラスクーペ/カブリオレが2019年はじめに発売か!価格やスペックは?

メルセデス・ベンツ新型Cクラスの「クーぺ」「カブリオレ」が、先に発表された「セダン」「ステーションワゴン」に続きワールドプレミアされました。マイナーチェンジされた新型Cクラスのクーペ/カブリオレの価格やスペック、発売日予想などの最新情報をお届けします!

メルセデス・ベンツ新型Cクラス クーペ/カブリオレがマイナーチェンジ!

メルセデス・ベンツ新型クーペ/カブリオレ

メルセデス・ベンツは2018年3月末、改良された新型Cクラスの「クーペ」と「カブリオレ」をニューヨークモーターショー2018にてワールドプレミアしました。
新型Cクラスのクーペとカブリオレは、まずは欧州にて2018年7月の発売が決定。さらに、
最新の車載コネクティビティが採用されることが注目を集めています。

また、2018年3月初めに開催されたジェネーブモーターショー2018では、新型Cクラスの「セダン」と「ステーションワゴン」がワールドプレミアされています。

新型Cクラスのセダンとステーションワゴンについてはこちら

新型Cクラスが発表されたモーターショーはこちら

メルセデス・ベンツ Cクラスとは?

メルセデス・ベンツ Cクラス(初代)

メルセデス・ベンツCクラスは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで製造・販売しているDセグメントの乗用車です。
初代は1993年に登場、現行モデルには「セダン」「ステーションワゴン」「2ドアクーペ」「カブリオレ」の4モデルがあります。

初代から現行モデルまでは、以下のような変遷となっています。

 初代:1993〜2000年
 2代目:2000〜2007年
 3代目:2007〜2014年
 4代目:2014年〜

現在のCクラスは4代目。2018年のマイナーチェンジを受け、先に発表された「セダン」「ステーションワゴン」に続き、「クーペ」「カブリオレ」も改良新型として登場しました。

初代「クーペ」「カブリオレ」モデル

メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ (2011年)

メルセデス・ベンツ Cクラス カブリオレ AMG Line(2016年)

初代のクーペモデルは、2代目Cクラスからラインナップに登場しました。
当時の3ドアハッチバックのスポーツクーペは、BMW3シリーズに対向するために開発されたモデルです。

初代のカブリオレは、4代目Cクラスからラインナップに登場しました。
登場から4年しか経過していない新しいモデルで、フルオープンで休暇を楽しむことができます。

【新型Cクラス クーペ/カブリオレ】エクステリア(外装)

メルセデス・ベンツ新型Cクラス カブリオレ(クローズ)

メルセデス・ベンツ新型Cクラス カブリオレ(オープン)

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「クーペ」のエクステリアには、滑らかな美しいルーフラインが上質さを演出した最新のデザインを取り入れられています。
「カブリオレ」は、クーペのようなデザインの電動ソフトトップルーフをフルオープンにすることで、開放感溢れる走行が楽しめます。

新型Cクラス「クーペ」「カブリオレ」の全長はセダンと同サイズ。2ドアでも後席に着座できる空間を確保しており、実用的な「クーペ」「カブリオレ」と言えるでしょう。
両モデルともフロント・バンパーやヘッドライト、リア・テールランプが新デザインとなり、LEDヘッドライトを標準装備しています。

【新型Cクラス クーペ/カブリオレ】インテリア(内装)

メルセデス・ベンツ新型Cクラス カブリオレ

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「クーペ」「カブリオレ」のインテリアには、12.3インチのデジタルメーターディスプレイが設定されています。

ステアリングに装備されるタッチコントロール・ボタンはスワイプ動作に反応しており、ドライバーは目線を前方から外さくてもインストルメント・クラスタと、インフォテインメント・システムを操作できるようになりました。

また、インフォテインメント・システムには、7インチもしくは10.25インチディスプレイが設定されており、スマートフォンとの接続も強化されています。

【新型Cクラス クーペ/カブリオレ】ボディサイズ

メルセデス・ベンツ新型Cクラス カブリオレ

メルセデス・ベンツ新型Cクラス カブリオレ

メルセデス・ベンツ新型Cクラス カブリオレ

クーペカブリオレ
全長4,7054,705
全幅1,8101,810
全高1,4051,405
ホイールベース2,8402,840
車両重量1,5401,710
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型Cクラス「クーペ」「カブリオレ」のボディサイズは同じですが、カブリオレの方がフルオープンになるためシャシーの補強が必要となり、重量が増加しています。

次のページ

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す