車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【三菱新型ランサー最新情報】ハイブリッド クロスオーバーSUVで復活か?発売日やスペック予想

【三菱新型ランサー 最新情報】外装・内装を予想

三菱新型ランサーについては、三菱自動車のデザイン本部長である國本恒博氏が次のように語っています。
「Cセグメントだからといって、ランサーが過去のハッチバックである必要はなく、新しいタイプのハッチバックを作ることも可能であり、我々はまったく新しい発想をしているのです。」

三菱新型ランサーのデザインはまだ不明ですが、MITSUBISHI e-EVOLUTIN CONCEPTの方向性に進むという言葉を信じれば、このe-CONCEPTこそが新型ランサーではないかと予想できますので、e-EVOLUTIONのデザインを確認してみましょう。

e-EVOLUTIONのエクステリアデザインからの考察

エクステリアは、全体のデザインが空力機能の向上を狙ったフォルムをまとい、ヘッドライトの下にはエアインテークが配置されており、ブレーキキャリパーの冷却機能とともに空力をコントロールする機能もあるようです。
高い地上高で道を選ぶことなく走破することができ、前後とも短いオーバーハングにて四輪がボディの隅に配置することで、安定したバランスと運動性能を向上することができます。

ここまで割り切ったデザインを市販化できるかどうか?という部分はありますが、「新しいタイプのハッチバック」というイメージによっては、e-EVOLUTIONのようなデザインもあり得ると言えるでしょう。

e-EVOLUTIONのインテリアデザインの考察

インテリアは、中央に配置した大型ディスプレイに情報を集約し、ステアリングは、下半分のみとなっているようで、いままでにない未来的なデザインと言えます。

新型ランサーのエクステリアデザインとのバランスもありますので、インテリアデザインがこのまま採用されるかは不明ですが、このデザインがベースになると、かなり前衛的ではありますが機能的な車に仕上がることは間違いありません。

【三菱新型ランサー最新情報】スペックを予想

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT(2017年)

三菱新型ランサーの情報をまとめると、エクステリアは新しいハッチバックスタイル、ランエボ Ⅹをリフトアップした様なSUVスタイルで、e-EVOLUTIONのエッセンスがあると言ったところでしょうか。

新型ランサーは、e-EVOLUTIONとは異なりハイブリッドとの噂ですからエンジンが必要です。
エンジンは、ルノー日産自動車から「エボリューション」の名に恥じない強力なエンジンが提供される可能性がありますが、四輪駆動システムはランサーエボリューションに採用されていた三菱自動車の「S-AWC」が採用される可能性が高いと思われます。

【三菱新型ランサー 最新情報】価格・発売日を予想

新型ランサーがランエボのSUV版と仮定し、最先端の安全装備が搭載されるだろうことを踏まえると、車両価格は500万円を超えることが予想できます。

また、新型ランサーは2023年に復活するとの噂があります。5年後には、ハイブリッド クロスオーバーSUVに進化した「ランエボ」を見ることができるのでしょうか。

【三菱新型ランサー 最新情報】今後の情報に注目!

MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT(2017年)

三菱自動車の2025年までのロードマップによると、既存のクロスオーバー「アウトランダー」と「アウトランダースポーツ(日本:RVR)」の後継モデルを発表し、フルモデルチェンジから10年以上経過している「ランサー」と「モンテロ(日本:パジェロ)」の開発に全力を注いでいるとのことです。
日本でも人気のあった車種が次々と見直され、新型車としてデビューする三菱自動車に注目です!

三菱のSUVに関する記事はこちら!

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す