初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【三菱新型エクリプスクロス vs スズキ クロスビー】コンパクトSUVライバル車徹底比較!

三菱 新型エクリプスクロスとスズキ クロスビーを徹底比較します!3月1日より販売が開始された三菱 新型エクリプスクロス。コンパクトSUVとしてライバル関係にある、スズキ クロスビーとデザインや性能、価格、グレード構成などを徹底比較していきます。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】徹底比較!

三菱 新型エクリプスクロスとはどんな車?

新型エクリプスクロス M ブロンズメタリック

三菱 新型エクリプスクロスの発売日

エクリプスクロスは、三菱自動車が2018年3月1日より販売を開始したコンパクトSUVです。
世界戦略車として開発された新型エクリプスクロスは、約80カ国での展開が計画されています。

三菱 新型エクリプスクロスの開発コンセプト

三菱 新型エクリプスクロスは、「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という、ユーザーの想いに応えるクロスオーバーSUVとして開発されました。
そのスタイリングは、スタイリッシュなクーペボディに、ダイナミックなSUVとしての機動力を融合した、三菱らしいクーペSUVとしています。

三菱 新型エクリプスクロスの特長

・個性的なデザイン
・新たな楽しみをもたらすコネクティビティ
・電子制御4WDによる安心・安全のドライビングフィール

スズキ クロスビーとはどんな車?

クロスビー ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフ

スズキ クロスビーの発売日

クロスビーとは、スズキが2017年12月25日より発売したクロスオーバーSUVです。

スズキ クロスビーの開発コンセプト

スズキ クロスビーは、ワゴンとしての広い室内空間と日常の使いやすさに加え、個性的で愛着がわくデザインとSUVの走行性能を備えた、コンパクトクロスオーバーワゴンです。
街乗りからアウトドアレジャーまで、幅広いライフスタイルに適応する、全く新しいジャンルの車種として開発されました。

スズキ クロスビーの特長

・広い室内空間と高い走破性の両立
・こだわりのスタイリングと実用的なラゲッジスペース
・充実した安全装備
・2つの走行モードと安心の機能を備えた4WD
・全車でマイルドハイブリッドを搭載

三菱 新型エクリプスクロスとスズキ クロスビーの違いは?

新型エクリプスクロスとクロスビーには、スタイリングにおける大きな違いがあります。
新型エクリプスクロスが、SUVクーペのクロスオーバースタイルであるのに対し、クロスビーはSUVとワゴンのクロスオーバースタイルとなっているのです。

また、両車のボディサイズにも大きな違いがあり、新型エクリプスクロスはクロスビーよりも一回り以上大きいボディを持っています。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】エクステリア(外装)比較

三菱 新型エクリプスクロス

新型エクリプスクロス レッドダイヤモンド

新型エクリプスクロス レッドダイヤモンド

新型エクリプスクロス レッドダイヤモンド

三菱 新型エクリプスクロスのエクステリアは、ユーザーの行動意欲を掻き立てる個性的なデザインを特長としています。

高い運転席による良好な視界や広い室内空間など、SUVとしての利点は一切妥協せずに、ダイナミックで存在感のあるクーペSUVスタイルを実現しました。
フロントマスクには、近年の三菱車に共通するデザインテーマ「ダイナミックシールド」が採用され、人と車を守る力強さと安心感を表現しています。

スズキ クロスビー

スズキ クロスビーのエクステリアは、「一緒に毎日の楽しさを広げていきたくなる“愛すべき相棒”」をコンセプトに、力強さと愛着のわくデザインを両立しています。
独自の存在感を持つシルエットに、SUVらしいワイドで力強いボディーと、こだわりの造型によって、強いキャラクター性をアピールしています。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】インテリア(内装)比較

三菱 新型エクリプスクロス

新型エクリプスクロス Gプラスパッケージ インパネ

新型エクリプスクロス Gプラスパッケージ シート

三菱 新型エクリプスクロスのインテリアには、ブラックとシルバーのモノトーンカラーが採用され、水平基調のインパネとシルバー加飾により、スポーティで上質な室内空間が演出されています。

リヤシートには最大200mmのロングスライド&9段階リクライニング機構を備えており、スタイリッシュなクーペSUVフォルムとしながらも、実用性の高い室内空間を実現しています。

また、運転席には「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ」「タッチパッドコントローラー」「ヘッドアップディスプレイ」などのスマートデジタルデバイスが搭載されており、デザイン・機能性における先進感を高めています。

スズキ クロスビー

クロスビー インパネ

クロスビー シート

スズキ クロスビーのインテリアは、冒険心を刺激するデザインとしています。たくましいスタイルと広い室内空間を表現しつつ、上質さの中に遊び心をプラスすることで、ユーザーの所有欲をかきたてるインテリアとしました。

力強い2本のパイプフレームをモチーフとしたインパネは、横基調のスタイリングで広さを表現し、外から見える両端部分にサイドキャップを採用するなどして、遊び心を演出しています。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】ボディサイズ比較

新型エクリプスクロスクロスビー
全長4,4053,760
全幅1,8051,670
全高1,6851,705
ホイールベース2,6702,435
車両重量2WD:1,460・1,480
4WD:1,530・1,550
2WD:960
4WD:1,000
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

三菱 新型エクリプスクロスは、スズキ クロスビーよりも一回り以上大きいボディを持ちます。
ただし、全高はクロスビーの方が上です。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】エンジンスペック・パワートレイン比較

新型エクリプスクロスクロスビー
エンジン種類直列4気筒DOHC直噴ターボ直列3気筒DOHC直噴ターボ
排気量1.5L1.0L
最高出力110[150]/5,50073[99]/5,500
最大トルク240[24.5]/2,000~3,500150[15.3]/1,700~4,000
モーター最高出力-2.3[3.1]/1,000
最大トルク-50[5.1]/100
トランスミッションCVT6速AT
駆動方式FF/4WD
FF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

三菱 新型エクリプスクロスのパワートレインには、1.5L 直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンのみがラインナップされています。
トランスミッションは8速スポーツモードCVT、駆動方式はFFと4WDの設定です。

スズキ クロスビーのパワートレインには、1.0L 直列3気筒DOHC直噴ターボエンジン+マイルドハイブリッドのみがラインナップされています。
トランスミッションは6速AT、駆動方式はFFと4WDの設定です。

両車のエンジンスペックを比較すると、出力・トルク共に新型エクリプスクロスがクロスビーを大きく上回っています。
また4WDシステムでは、両車共に状況に応じて走行モードを切り替えられるようになっており、新型エクリプスクロスは3種類、クロスビーは4種類の走行モードを利用可能です。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】燃費比較

新型エクリプスクロスクロスビー
JC08モード燃費2WD:15.0
4WD:14.0
2WD:22.0
4WD:20.6
実燃費-2WD:15~17
4WD:13~15
[単位]km/L(JC08モード燃費)

燃費の違い

スズキ クロスビーは車体が小さく、マイルドハイブリッドも搭載しているため、燃費性能では新型エクリプスクロスを上回っています。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】予防安全装備・先進技術比較

新型エクリプスクロスクロスビー
予防安全装備衝突被害軽減ブレーキシステムデュアルセンサーブレーキサポート
先進装備車線逸脱警報システム
誤発進抑制機能(前進&後退時)
オートマチックハイビーム
レーダークルーズコントロールシステム
後側方車両検知警報システム
後退時車両検知警報システム
誤発進抑制機能
後退時ブレーキサポート
後方誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
ハイビームアシスト
全方位モニター用カメラ

新型エクリプスクロスには、三菱の先進安全装備「e-Assist」が標準搭載されています。
スズキ クロスビーには、予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が用意されています。

なお、新型エクリプスクロスには、予防安全装備が全車標準で搭載されていますが、クロスビーでは上級グレードのみに標準搭載され、下級グレードではオプションパッケージ扱いとなっています。
安全・先進装備の充実度だけで比較すれば、両車はほぼ互角だと言えるでしょう。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】ボディカラー比較

新型エクリプスクロスクロスビー
ラインナップ数全8色全11色
ボディカラーレッドダイヤモンド
ブロンズメタリック
ホワイトパール
ライトニングブルーマイカ
ブラックマイカ
レッドメタリック
チタニウムグレーメタリック
スターリングシルバーメタリック
ミネラルグレーメタリック 3トーンコーディネート
スーパーブラックパール 3トーンコーディネート
ラッシュイエローメタリック ブラック2トーンルーフ
キャラバンアイボリーパールメタリック ホワイト2トーンルーフ
クラッシーブラウンメタリック ホワイト2トーンルーフ
ファーベントレッド ブラック2トーンルーフ
フレイムオレンジパールメタリック ブラック2トーンルーフ
スピーディーブルーメタリック ブラック2トーンルーフ
ピュアホワイトパール
スーパーブラックパール
ミネラルグレーメタリック

ボディカラー・ラインナップの違い

三菱 新型エクリプスクロスのボディカラーは、全8色のラインナップです。
スズキ クロスビーのボディカラーは、2トーンルーフ6色、モノトーン3色、3トーンコーディネート2色の全11色のラインナップです。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】グレード構成比較

新型エクリプスクロスクロスビー
グレード数32
グレード名M
G
G プラスパッケージ
HYBRID MX
HYBRID MZ

グレード構成の違い

三菱 新型エクリプスクロスは全3グレード、スズキ クロスビーは全2グレードのラインナップです。

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】新車車両価格比較

新型エクリプスクロスクロスビー
新車車両価格(税込)253万~310万円177万~215万円

新車車両価格の違い

三菱 新型エクリプスクロスの価格帯は、スズキ クロスビーよりも上に設定されています。

スズキ クロスビーの中古車情報

最新「クロスビー」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

【新型エクリプスクロス VS クロスビー】人気はどちらに?

月間販売目標台数の比較

新型エクリプスクロスクロスビー
月間販売目標台数1,000台2,000台

三菱 新型エクリプスクロスは発売されたばかりであり、まだ販売台数のデータは出ていません。
しかし、2018年2月末の時点で約5,000台の予約注文があったと発表されています。
一方のスズキ クロスビーは、2017年12月の発売から2018年2月末までの販売台数が約7千台と、好調な滑り出しを見せています。

両車共に、設定された月間販売目標台数を満たすセールスを記録しているので、今後も着実に販売を伸ばしていくことが期待できるでしょう。

新型エクリプスクロスとライバル車の比較記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!