初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

セレナe-Powerとステップワゴン ハイブリッドを徹底比較!南明奈#おため試乗

日産「セレナe-POWER(イーパワー)」が遂に発売! ノートe-POWERにも搭載されたエンジンを使った発電システムによる、優れた燃費性能と加速性能を獲得したセレナe-POWER。同クラスのミニバンとしてライバル関係にある日産 新型セレナe-POWERと、ホンダ ステップワゴン ハイブリッドのデザインや性能、価格、グレード構成などを徹底比較していきます。さらに、アッキーナこと南明奈さんが試乗比較した内容も合わせてお届けします。

南明奈がセレナとステップワゴンを徹底比較!

クルマ好きな南明奈が、話題の車をレビューする「南明奈#おため試乗」。デビュー間もない新型車の特徴をはじめ、人気車種の注目ポイントを解説。アッキーナならではの視点で、車の魅力をお届けします!

「日産 セレナ e-POWERとホンダ ステップワゴン ハイブリッド」の外観・内観や安全装備を解説。

動画はこちら!

試乗インプレッションも行い、アッキーナの目線で2台を比較していきます!

【ミニバン比較】セレナ e-POWER VS ステップワゴン ハイブリッド

ここからは、セレナ e-POWERと、ステップワゴン ハイブリッドについて詳しく解説していきます。まずはセレナ e-POWERのエクステリアデザイン(外装)からを見ていきましょう!

日産 新型セレナ e-POWERとはどんな車?

日産 新型セレナe-POWER ハイウェイスター ブリリアントホワイトパール

日産 新型セレナe-POWERの発売日

セレナは日産が開発・販売を行っているミニバンタイプの車です。1991年に初代セレナが発売されて以来、モデルチェンジを繰り返しながら販売されています。

2016年に現行モデルである5代目セレナが発売を開始。2018年3月1日には、5代目セレナをベース車両にしたEV車、『セレナe-POWER(イーパワー)』が発売されました。

日産 新型セレナe-POWERの開発コンセプト

新型セレナe-POWERは、エンジンに100%モーター駆動で走行するシステム「e-POWER」を搭載。「セレナ」そのものの良さはそのままに、モーター駆動ならではの力強いトルクと静粛性、優れた燃費性能を実現しています。

日産 新型セレナe-POWERの特長

・燃費性能に優れる「e-POWER」搭載
・セレナe-POWER専用のエクステリア
・セレナe-POWER専用のインテリア
・半自動運転システム「プロパイロット」を採用

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドとはどんな車?

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの発売日

ステップワゴンとは、ホンダが1996年から製造・販売しているミニバン。現行型の5代目ステップワゴンは、2015年に発売されています。

ハイブリッド車は、2017年9月29日のビッグマイナーチェンジを機に初登場。ステップワゴンには標準モデルの他、上級モデルの「ステップワゴン スパーダ」が設定されており、ハイブリッド車はスパーダのみの設定となります。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの開発コンセプト

現行型ステップワゴンは、リビングを思わせる機能的な空間と、画期的なバックドア「わくわくゲート」を採用。家族が楽しく使うミニバンとして開発されました。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドの特長

・クラス最大級の室内空間
・画期的な「わくわくゲート」の採用
・「ホンダセンシング」による高い安全性能
JC08モードで25.0km/Lの優れた燃費性能

新型セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッドの違いを解説!

セレナとステップワゴンは、ファミリー層に人気のミニバンとしてライバル関係にあります。クラスも同格であり、使い勝手や基本性能は、ほぼ同水準にあると言っていいでしょう。

両車で大きく違う点を挙げるとすれば、セレナの「プロパイロット」やステップワゴンの「わくわくゲート」といった、独自装備があることです。

また、セレナe-POWERは「シリーズハイブリッド方式」、ステップワゴン ハイブリッドは「フルハイブリッド方式」を採用しているので、根本的に違いがあると言えます。

【エクステリア(外装)を比較】セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナ e-POWERのエクステリアデザイン(外装)

日産 新型セレナe-POWER ハイウェイスターV

新型セレナe-POWERのエクステリアには、随所にブルーのアクセントカラーが施されています。ブルーのアクセントは、e-POWERの先進性を象徴するデザインとのことです。

また、新たにデザインされた専用15インチ切削アルミホイールとルーフサイドスポイラーにより、エアロダイナミクスも向上しています。

ステップワゴン ハイブリッドのエクステリアデザイン(外装)

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ステップワゴン スパーダ

© MOBY

わくわくゲート

ステップワゴン ハイブリッドのエクステリアは、まさにひと目で家族を惹きつけるデザイン。ホンダらしい躍動感、未来感を加えながら、ボックススタイルの楽しさ、美しさを徹底的に突き詰めています。

また、独自発想から生まれた「わくわくゲート」の新しさを、左右非対称のデザインで表現しています。

南明奈♯おため試乗では、ラゲッジルームの使い勝手の良さが高評価を得ていました。「わくわくゲート」の開けやすさと、3列目シートの片手で操作できるほどの簡単さはステップワゴンにしかないポイントと言えるでしょう。

【インテリア(内装)を比較】セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナ e-POWERのインテリアデザイン(内装)

日産 新型セレナ e-POWER インパネ

日産 新型セレナ e-POWER シート

セレナe-POWERのインテリアは、大型のマルチセンターコンソールトレイにブルーアクセントのイルミネーションがあしらわれ、先進的なイメージが表現されています。

また、標準モデルのセレナは8人乗りですが、新型セレナe-POWERは7人乗りとなっており、室内空間をより広く使用することができます。

また南明奈♯おため試乗でも取り上げられていたように、3列目シートには、テーブルが2つ装備されているとのこと。USBポートも充実しているため、ステップワゴンよりスマホの充電が捗りそうです。

ホンダ ステップワゴン ハイブリッドのインテリアデザイン(内装)

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング インパネ

ホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング シート

ステップワゴン ハイブリッドのインテリアは、「ビューティリティーリビング」をコンセプトとし、北欧スタイルのような、Beauty(美しさ)とUtility(実用性)の融合をめざしてデザインされました。

ステップワゴン スパーダはブラック基調の深みある色調と、硬質な素材感により、艶やかなコーディネートを実現しています。

【ボディサイズを比較】セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナ e-POWERホンダ ステップワゴン スパーダ ハイブリッド
全長4,690
4,770(ハイウェイスター)
4,760
全幅1,695
1,740(ハイウェイスター)
1,695
全高1,8651,840
ホイールベース2,8602,890
車両重量1,730~1,750
1,740~1,760(ハイウェイスター)
1,780~1,820
乗車定員77
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

新型セレナe-POWERとステップワゴン ハイブリッドのボディサイズに大きな違いはありません。

【エンジン性能・パワートレインを比較】セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナe-POWERホンダ ステップワゴン ハイブリッド
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L2.0L
最高出力62[84]/6,000107[145]/6,200
最大トルク103[10.5]/3,200~5,200175[17.8]/4,000
モーター最高出力100[136]135[184]/5,000~6,000
最大トルク320[32.6]315[32.1]/0~2,000
トランスミッション-電気式無段変速機
駆動方式FFFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

新型セレナe-POWERには1.2L 直列3気筒の「e-POWER」システム、ホンダ ステップワゴン ハイブリッドには、2.0L直列4気筒のハイブリッドエンジンが搭載されています。

ステップワゴン ハイブリッドが搭載するハイブリッドシステムは、モータだけの出力で比較しても、新型セレナe-POWERより強力であり、システム最高出力は215PSを発揮します。

【燃費を比較】セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナe-POWERホンダ ステップワゴン ハイブリッド
JC08モード燃費26.225.0
20.0(WLTCモード)
実燃費14~1715~18
[単位]km/L

燃費の違い

日産 新型セレナe-POWERとホンダ ステップワゴン ハイブリッドの燃費性能を比較すると、JC08モードのカタログ数値では新型セレナe-POWERの方が低燃費です。

また、ステップワゴン ハイブリッドは、より実燃費に近いWLTCモードでの燃費性能も測定されました。

【予防安全装備・先進技術を比較】セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナ e-POWERホンダ ステップワゴン ハイブリッド
予防安全装備インテリジェント エマージェンシーブレーキホンダセンシング
先進装備プロパイロット
インテリジェント ルームミラー
インテリジェント パーキングアシスト
インテリジェント アラウンドビューモニター
ハイビームアシスト
インテリジェント LI
標識検知機能
インテリジェント DA
車両接近通報装置
サイドビューサポートミラー
マルチビューカメラシステム
Hondaスマートパーキングアシストシステム
後退出庫サポート

予防安全装備・先進装備の違い

新型セレナe-POWERは、全車標準で予防安全装備の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が搭載しています。また、同一車線上における自動運転システムの「プロパイロット」や、自動駐車機能の「インテリジェント パーキング」といった、先進装備も充実しています。

一方、ステップワゴン ハイブリッドには、8つの先進装備を統合した安全運転支援システム「ホンダセンシング」が全車標準で搭載されています。

【ボディカラー比較】セレナ e-POWER とステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナ e-POWERホンダ ステップワゴン ハイブリッド
ラインナップ数全13色全7色
ボディカラー・ミントホワイトパール(e-POWER専用色)
・ブリリアントホワイトパール
・ブリリアントシルバー
・マルーンレッド
・アズライトブルー
・シャイニングブルー
・ダイヤモンドブラック
・インペリアルアンバー
・カシミヤグレージュ
・カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー
・ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー
・ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック
・マルーンレッド/ダイヤモンドブラック
・フォレストグリーン・パール(ハイブリッド専用色)
・オブシダンブルー・パール
・プレミアムスパークルブラック・パール
・プラチナホワイト・パール
・スーパープラチナ・メタリック
・モダンスティール・メタリック
・プレミアムディープロッソ・パール

ボディーカラー・ラインナップの違い

新型セレナ e-POWERは全13色、ステップワゴン ハイブリッドは全7色のボディカラーが設定されています。

【グレード構成を比較】セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナ e-POWERホンダ ステップワゴン ハイブリッド
グレード数63
グレード名e-POWER X
e-POWER XV
e-POWER XV 防水シート車
e-POWER ハイウェイスター
e-POWER ハイウェイスター V
e-POWER ハイウェイスター V 防水シート車
スパーダ ハイブリッド B・ホンダセンシング
スパーダ ハイブリッド G・ホンダセンシング
スパーダ ハイブリッド G・EX ホンダセンシング

グレード構成の違い

新型セレナe-POWERは全6グレード、ステップワゴン ハイブリッドはスパーダのみの設定で、全3グレードの構成です。

【新車価格を比較】セレナe-POWERとステップワゴン ハイブリッド

日産 新型セレナe-POWERホンダ ステップワゴン ハイブリッド
新車車両価格(税込)297万~344万円330万~356万円

新車車両価格の違い

日産 新型セレナe-POWERとホンダ ステップワゴン ハイブリッドの新車車両価格を比較すると、ステップワゴン ハイブリッドの方が高くなっています。

日産 セレナの中古車情報

最新「セレナ」中古車情報!

本日の在庫数 5,864
平均価格 139.4万円
本体価格 1〜999.9万円
Pick up!
Pick up!

ホンダ ステップワゴン中古車情報

最新「ステップワゴン」中古車情報!

本日の在庫数 2,194
平均価格 65.9万円
本体価格 0.1〜345万円
Pick up!
Pick up!

セレナ e-POWERとステップワゴン ハイブリッドはどちらが人気!?

2017年1月〜12月新車販売台数比較

日産 新型セレナe-POWERホンダ ステップワゴン ハイブリッド
販売台数-6,730台

日産 新型セレナe-POWERは発売されたばかりなので、まだ販売台数のデータは出ていません。一方、ステップワゴン ハイブリッドは、2017年9月29日に発売されてから、12月までの間で6,730台販売しており、なかなかに好調な売り上げです。

今後の新型セレナe-POWERは、セレナの人気にe-POWERが加わったことで、かなりの販売台数が期待できます。また、ステップワゴン ハイブリッドにも、ハイパワーかつ低燃費なハイブリッドエンジンを搭載している強みがあるので、セレナe-POWERのシェアを奪うことにもなるでしょう。

セレナe-POWERと他車種の比較記事はこちら

関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す