初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産新型セレナe-POWER vs トヨタエスクァイア ハイブリッド【ミニバンライバル車比較】

日産「セレナ」のe-Powerモデルが販売開始!モーター駆動となった日産セレナe-POWER。ファミリー向けミニバンとしてライバル関係にある日産 新型セレナe-Powerと、トヨタ エスクァイア ハイブリッドのデザインや性能、価格、グレード構成などを徹底比較していきます。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】ミニバン徹底比較

日産 新型セレナ e-Powerとはどんな車?

日産 新型セレナe-Power ハイウェイスター ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック

日産 新型セレナe-Powerの発売日

日産 新型セレナe-Powerの発売日は、2018年3月1日です。
2016年に発売された現行型の5代目セレナをベースとしています。

日産 新型セレナe-Powerの開発コンセプト

日産 新型セレナe-Powerは、ガソリンエンジンで発電し、モーターの駆動力でEV走行をするハイブリッドシステム「e-Power」を搭載しています。
「セレナ」本来の優れた居住性はそのままに、EV走行ならではの力強い加速性能と静粛性、そして優れた燃費性能を実現しました。

日産 新型セレナe-Powerの特長

・e-Powerによる優れた加速・静粛・燃費性能
・専用のエクステリア
・専用のインテリア
・半自動運転システム「プロパイロット」の採用

トヨタ エスクァイア ハイブリッドとはどんな車?

トヨタ エスクァイア ハイブリッド Gi“プレミアムパッケージ” スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

エスクァイア ハイブリッドの発売日

エスクァイアとは、トヨタが製造・販売しているミニバンです。
3代目ノア・ヴォクシーの姉妹車として、2014年に発売されました。
2017年の7月には、フェイスリフトを含むマイナーチェンジを行っています。

エスクァイア ハイブリッドの開発コンセプト

現行型エスクァイアは、ノアとヴォクシーにワンランク上の高級感を付与した、高級車の新たな選択肢として開発されました。
トヨタはエスクァイアを「新上級コンパクトキャブワゴン」としています。

エスクァイア ハイブリッドの特長

・ワンランク上の高級感を誇るエクステリア
・高級感を追求した上質なインテリア
・ミニバンとしての優れた基本性能
JC08モードで23.8km/Lという優れた燃費性能

日産 新型セレナe-Powerとトヨタ エスクァイア ハイブリッドの違いは?

セレナとエスクァイアを比較すると、高級感ではエスクァイア ハイブリッドに軍配が上がりますが、燃費性能では新型セレナe-Powerの方が上です。
どちらも5ナンバーサイズのミニバンであり、使い勝手ではほぼ同等だと言っていいでしょう。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】エクステリア比較

日産 新型セレナ e-Powerのエクステリアデザイン(外装)

日産 新型セレナe-Power ハイウェイスター ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック

日産 新型セレナe-Power カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー

日産 新型セレナe-Powerは、エクステリアの随所にe-POWERの先進性を象徴するブルーのアクセントカラーが施されており、非常にクールなデザインとなっています。
また、新たにデザインされた専用の15インチ切削アルミホイールとルーフサイドスポイラーを装着することで、エアロダイナミクスも向上しました。

トヨタ エスクァイア ハイブリッドのエクステリアデザイン(外装)

トヨタ エスクァイア ハイブリッド Gi“プレミアムパッケージ” ホワイトパールクリスタルシャイン

トヨタ エスクァイアのエクステリアは、きらびやかで堂々としたデザインのフロントマスクにより、ワンランク上の「高級感」と圧倒的な「存在感」を表現しています。
メッキ加飾された縦基調のフロントグリルも非常に特徴的であり、個性的なエスクァイアのエクステリアを印象付けています。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】インテリア比較

日産 新型セレナ e-Powerのインテリアデザイン(内装)

日産 新型セレナ e-Power インパネ

日産 新型セレナ e-Power シート

日産 新型セレナe-Powerでは、大型のマルチセンターコンソールトレイにブルーアクセントのイルミネーションをあしらうことで、先進的なイメージのインテリアを表現しています。
また、標準のセレナは8人乗りですが、新型セレナe-Powerは広々仕様の7人乗りです。

トヨタ エスクァイア ハイブリッドのインテリアデザイン(内装)

トヨタ エスクァイア ハイブリッド Gi“プレミアムパッケージ” インパネ

トヨタ エスクァイア ハイブリッド Gi“プレミアムパッケージ” シート

トヨタ エスクァイアのインテリアは、インパネからドアトリムにかけて合成皮革をあしらい、金属調加飾やステッチを採用することで、高級感を高めています。
また、上級グレードの「Gi」では、ステアリングホイールやシフトノブに黒木目調加飾を施し、シート表皮を全面合成皮革とすることで、上質感を追求したインテリアとしました。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】ボディサイズ比較

日産 新型セレナ e-Powerトヨタ エスクァイア ハイブリッド
全長4,690
4,770(ハイウェイスター)
4,695
全幅1,695
1,740(ハイウェイスター)
1,695
全高1,8651,825
ホイールベース2,8602,850
車両重量1,730~1,750
1,740~1,760(ハイウェイスター)
1,610~1,620
乗車定員87
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

車両重量に若干の違いが見られますが、日産 新型セレナe-Powerとトヨタ エスクァイア ハイブリッドのボディサイズに大きな違いはありません。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】スペック比較

日産 新型セレナe-Powerトヨタ エスクァイア ハイブリッド
エンジン種類直列3気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.2L1.8L
最高出力62[84]/6,00073[99]/5,200
最大トルク103[10.5]/3,200~5,200142[14.5]/4,000
モーター最高出力100[136]60[82]
最大トルク320[32.6]207[21.1]
トランスミッション-電気式無段変速機
駆動方式FFFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

日産 新型セレナe-Powerのエンジンには1.2L 直列3気筒の「e-Power」システム、トヨタ エスクァイア ハイブリッドには、1.8 L直列4気筒のハイブリッドエンジンが搭載されています。
モーターの出力・トルクは新型セレナe-Powerの方が上ですが、ガソリンエンジンも含めたシステム最高出力・トルクでは、エスクァイア ハイブリッドの方に軍配が上がります。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】燃費比較

日産 新型セレナe-Powerトヨタ エスクァイア ハイブリッド
JC08モード燃費26.223.8
実燃費-13~15
[単位]km/L

燃費の違い

日産 新型セレナe-Powerとトヨタ エスクァイア ハイブリッドの燃費性能を比較すると、カタログデータ(JC08モード)では新型セレナe-Powerの方が低燃費となっています。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】予防安全装備比較

日産 新型セレナe-Powerトヨタ エスクァイア ハイブリッド
予防安全装備インテリジェント エマージェンシーブレーキトヨタ セーフティ センスC
先進装備プロパイロット
インテリジェント ルームミラー
インテリジェント パーキングアシスト
インテリジェント アラウンドビューモニター
ハイビームアシスト
インテリジェント LI
標識検知機能
インテリジェント DA
車両接近通報装置
先行車発進告知機能

予防安全装備・先進装備の違い

日産 新型セレナe-Powerには、予防安全装備の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」が全車で標準搭載されています。
また、同一車線上における半自動運転機能の「プロパイロット」や、自動駐車機能の「インテリジェント パーキング」など、先進装備も充実です。

エスクァイア ハイブリッドには、自動ブレーキ、車線逸脱警報、自動制御ハイビームを統合した、トヨタ独自の衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスC」が全車標準搭載されます。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】ボディーカラー

日産 新型セレナe-Powerトヨタ エスクァイア ハイブリッド
ラインナップ数全13色全7色
ボディカラー・ミントホワイトパール(e-Power専用色)
・ブリリアントホワイトパール
・ブリリアントシルバー
・マルーンレッド
・アズライトブルー
・シャイニングブルー
・ダイヤモンドブラック
・インペリアルアンバー
・カシミヤグレージュ
・カシミヤグレージュ/インペリアルアンバー
・ダイヤモンドブラック/ブリリアントシルバー
・ブリリアントホワイトパール/ダイヤモンドブラック
・マルーンレッド/ダイヤモンドブラック
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・ブラック
・スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
・ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
・ボルドーマイカメタリック
・アバンギャルドブロンズメタリック

ボディーカラー・ラインナップの違い

日産 新型セレナe-Powerは全13色、トヨタ エスクァイア ハイブリッドは全7色のボディカラーが設定されています。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】グレード構成比較

日産 新型セレナe-Powerトヨタ エスクァイア ハイブリッド
グレード数63
グレード名e-POWER X
e-POWER XV
e-POWER XV 防水シート車
e-POWER ハイウェイスター
e-POWER ハイウェイスター V
e-POWER ハイウェイスター V 防水シート車
ハイブリッド Xi
ハイブリッド Gi
ハイブリッド Gi“プレミアムパッケージ”

グレード構成の違い

日産 新型セレナe-POWERは全6グレード、トヨタ エスクァイア ハイブリッドは全3グレードの構成です。

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】新車車両価格比較

日産 新型セレナe-POWERトヨタ エスクァイア ハイブリッド
新車車両価格(税込)297万~344万円315万~336万円

新車車両価格の違い

日産 新型セレナe-POWERとトヨタ エスクァイア ハイブリッドの新車価格は、ほぼ同程度です。

日産 セレナの中古車情報

最新「セレナ」中古車情報!

本日の在庫数 5,732
平均価格 137.6万円
本体価格 3.5〜980万円
Pick up!
Pick up!

トヨタ エスクァイアの中古車情報

最新「エスクァイア」中古車情報!

本日の在庫数 503
平均価格 257.8万円
本体価格 159〜540万円
Pick up!
Pick up!

【セレナ e-POWER VS エスクァイア ハイブリッド】人気はどちらに?

2017年1月〜12月新車販売台数比較

日産 新型セレナe-POWERトヨタ エスクァイア ハイブリッド
販売台数-24,270台

日産 新型セレナe-POWERは発売されたばかりなので、まだ販売台数のデータは出ていません。
その一方、トヨタ エスクァイア ハイブリッドは、2017年1月から12月までの販売台数が約2万4千台であり、ハイブリッドミニバン市場では安定した人気があると言えます。

新型セレナe-POWERは、セレナ本来の人気に加えてe-POWERまで搭載しているので、今後は販売台数を大きく伸ばしていくことになるでしょう。

セレナとライバル車の比較記事はこちら

日産 セレナに関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す