初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型DS3クロスバックはフルEV・SUVで2019年3月に登場か!価格やスペック予想

シトロエンから独立したラグジュアリーブランドとして車種展開をするDSオートモービルズから、新型EV(電気自動車)が発売されるようです。新型はDS3の名前を継承した5ドアのコンパクトクロスオーバーSUV。新型DS3 クロスバックと名付けられる新たなEVのスパイショット、スペック、価格、発売日などの予想と最新情報をご紹介します。

【最新情報】新型DS3クロスバックが登場か!

新型DS3 クロスバックのスパイショット

PSAグループ内のシトロエンから独立し、ラグジュアリーブランドとして展開するDSオートモービルズ。
Cセグメントの3ドアハッチバック、DS3を引き継ぐ新型車種としてクロスオーバーSUVが追加されるとの噂が!
早ければ2018年10月のパリモーターショーで発表される可能性があります。

「DS3 クロスバック」と名付けられるDS新型クロスオーバーSUVはコンパクトな5ドアであり、DSブランド初のEV(電気自動車)となる予定です。

新型DS3 クロスバックのスパイショット、スペック、価格、発売日などの予想と最新情報をまとめました。

新型DS3 クロスバックのエクステリア(外装)

新型DS3 クロスバックのフロント

新型DS3 クロスバックのサイド

新型DS3 クロスバックのリア

入念なカモフラージュによりその詳細は不明ですが、ボディライン現行DS3の面影を残しつつ、大径のタイヤとリフトアップされた車高がクロスオーバーSUVであることを強調します。
デザインはDSオートモービルズのフラグシップSUV「DS7 クロスバック」のデザインを踏襲したディティールが与えられるでしょう。

新型DS3 クロスバックのインテリア(内装)

DS3の内装

スパイショットでは内装は撮影されていませんが、DSオートモービル DS7 クロスバックの高い質感を継承したデザインになると予想されます。
DSオートモービルズ DS7 クロスバックのインテリアには、フランスの高級腕時計メーカー「B.R.M.(ベルナール・リシャール・マニュファクチャラー)」とコラボレーションによって実現した、特別制作の機械式時計がインパネ中央に備えられます。
インパネやシート表皮はナッパレザーが奢られ、高級腕時計のベルトに使われる特殊ステッチを使われるなど、細部までこだわりぬかれた上質なインテリアを実現しており、DS7 クロスバックは第33回国際自動車フェスティバルにおいてベストインテリアアワードを受賞しています。
詳細は今後明らかになり次第、この記事でお伝えします。

新型DS3 クロスバックは完全EVか!スペック予想

ボディサイズ

DSオートモービルズ新型DS3 クロスバックのボディサイズは不明ですが、PSAグループと中国の東風汽車とで共同開発されたEV用プラットフォーム「e-CMP」を採用します。

●参考:現行型DS3のボディサイズ
全長:3,965
全幅:1,715
全高:1,455
ホイールベース:2,455
車両重量 :1,170

エンジン・スペック

DSオートモービルズ新型DS3 クロスバックはEV用プラットフォーム「e-CMP」を採用する初のEV(電気自動車)となります。
搭載されるモーターの最高出力は115PS。
50kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は450kmほどになる予定です。
パリの大気汚染を懸念するフランス政府は2040年までに国内のガソリン車とディーゼル車の販売を禁止することを発表しており、EV(電気自動車)はエンジンに変わるクリーンな動力源として推奨されています。
DSオートモービルズ新型DS3 クロスバックは、排気ガスによる大気汚染の歯止めの先駆けとなるでしょう。

電気自動車とは?

新型DS3 クロスバックの価格は?

新型DS3 クロスバックの車両価格は情報が全くなく予想もできない状況です。
新しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。
参考までに現行型DS3の車両価格は259万円からとなっています。

DS3の中古車情報はこちら

最新「DS3」中古車情報!

本日の在庫数 123
平均価格 159.3万円
本体価格 37.5〜459万円
Pick up!
Pick up!

DS3とはどんな車?

DSは、往年の名車「シトロエン DS」の名を冠した、シトロエンの上級ラグジュアリーブランドとして展開していました。
2009年に誕生した初代DS3は、DSブランドのCセグメント・コンパクトカー。
エクステリアはシトロエン DSをデザインモチーフとした「フローティングルーフ」を採用し、ルーフが浮いているように見える独特のデザインが特徴です。
2013年には派生モデルとして、キャンパストップのDS3 カブリオが追加されるなど、細かなマイナーチェンジを繰り返しながら現在も生産されています。
DS3はWRC(世界ラリー選手権)のベース車両としても使用され、輝かしい戦績を残しています。
現在は、シトロエンから独立した「DSオートモービルズ」として、かつてのシトロエン DSのようなフレンチラグジュアリーの復古を目的とした車造りを目的に活動しています。

新型DS3 クロスバックの発売日は?

DSオートモービルズ新型DS3 クロスバックのワールドプレミアは、2019年3月のジュネーブモーターショーが有力な予想です。
日本発売に関しては明らかになっていません。
日本で発売される場合、発売日は早くても2019年の末頃となるでしょう。

新型DS3 クロスバック筆頭のライバルにあたるのは、アウディのコンパクトクロスオーバーSUV Q2。
特に中国専売モデルとして発売されるEV(電気自動車)アウディQ2 e-tronの航続距離500kmと、新型DS3 クロスバックと非常に近いスペックを持つことから、強力なライバルとなることでしょう。

新型DS3クロスバックはライバル車とどう戦っていくのでしょうか。
新型DS3クロスバックの今後に期待です。

EV(電気自動車)に関する最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!